【便が漏れる】緩んだ肛門を締めて 便失禁をストップ「肛門しぼり」のやり方

【便が漏れる】緩んだ肛門を締めて 便失禁をストップ「肛門しぼり」のやり方

私のクリニックには、便秘や下痢など、さまざまな排便障害を抱えた人が来院します。そのなかで、近年急速に増えているのが、便もれ(便失禁)です。その原因と治療法について解説します。尿もれに比べ、便もれや便失禁という言葉は、あまり聞いたことがないかもしれません。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長) 


便もれに悩む人は約500万人!

 私のクリニックには、便秘や下痢など、さまざまな排便の悩みを抱えた人が来院します。そのなかで、近年急速に増えているのが、便もれ(便失禁)についての悩みです。
 尿もれに比べ、便もれや便失禁という言葉は、あまり聞いたことがないかもしれません。
 というのも、便もれの症状がある患者さんは、その大半が誰にも相談できず、1人で悩みを抱え込んでいるからです。便もれしているのは、自分だけと思い込む人もいるほどです。
 しかし、日本では現在、便もれに悩む人が約500万人いるとされています。将来的にもっと多くの人が、便もれの悩みに直面すると予想されます。

便もれ(便失禁)の原因とは

 便もれが起こる原因は、下痢や軟便、肛門括約筋の衰え、痔などの肛門の病気、神経障害などさまざまです。意外にも、便秘も便もれの原因となります。直腸にたまった便がかたくなり、肛門を押し広げて、かたい便と腸壁のすきまから便汁が出てしまうことがあるのです。
 さまざまな原因のなかで、圧倒的に多いのは、肛門括約筋の衰えによるものでしょう。
 消化器が専門の私は、これまでに4万人以上の患者さんに、腸の中を観察する内視鏡を肛門に入れる仕事をしてきました。内視鏡を入れる前に、肛門に指先を入れ、直腸を触診します。
 その経験からいえるのは、70歳を過ぎても肛門がキュッと締まっている人もいれば、まだ40代なのに締まりが緩くなっている人もいるということです。
 そして、肛門の締まりが悪い人に、便もれがないかと尋ねると、大半の人が「実は……」と悩みを打ち明けてくれます。
 便もれを改善するには、肛門括約筋を強化し、肛門の締まりをよくすることです。そこで、私は、肛門括約筋を鍛えて強化する「肛門しぼり」というエクササイズを考案しました。

便もれを改善する「肛門しぼり」

 肛門しぼりは、呼吸に合わせて、肛門を締めるエクササイズです(下の写真図解参照)。
 私が肛門しぼりを考案するに至ったのには、二つのルーツがあります。
 一つは、日本初のヨガ行者として高名な、「心身統一法」を説いた中村天風氏の教えです。これは「クンバハカ」というもので、肛門を締めて、肩の力を抜いて肩を下げ、下腹に力を充実させるヨガです。
 天風氏がインドで修業をしたのは、今から100年くらい前のことです。当時のインドでは、道端で生き倒れている人がたくさんいました。天風氏は、そういう人を助けるかどうかを判断するときに、肛門に指を突っ込み、肛門が締まる人を助けたそうです。つまり、肛門を締める力は、生きる力だと考えていたのです。
 もう一つのルーツは、空手の鎌形 勇先生(千葉県空手道連盟会長)に教えていただいた、「三戦」という空手の型です。
 三戦は、立った姿勢で肛門と丹田に力を入れながら、息を「フーッ」と吐き切る下半身の鍛練法です。私は、この三戦の型が、肛門括約筋を強化して肛門を引き締め、おなかの筋肉を鍛える効果が高いと考えました。
 そして、偶然にも、天風氏の説いた、ヨガと全く同じであることにも気づいたのです。

「肛門しぼり」のやり方

尿失禁の改善にも役立つ!

 肛門しぼりは、立って行うのが基本ですが、それでは難しいようなら、イスに座って行ってもいいでしょう。ただし、座って行う場合、肛門を締める動作がやりづらく感じるかもしれません。そこで、イスの座面からお尻を少し浮かして肛門を締めると、うまく肛門括約筋を強化できるはずです。
 肛門しぼりは、朝、昼、晩の1日3回、食前に行いましょう。食後に行うと、消化吸収の妨げになるので要注意です。
 これまで、便もれに悩む多くの患者さんに、肛門しぼりを指導してきました。その多くから、「便もれがなくなり幸せです」という声を聞いています。便もれの予防・改善だけでなく、尿失禁の改善にも役立つので、実行してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング