【私のゆるやか糖質制限】ダイエットに成功して糖尿病予備軍から脱出!

【私のゆるやか糖質制限】ダイエットに成功して糖尿病予備軍から脱出!

人間ドックで空腹時の血糖値が186mg/dl、ヘモグロビンA1cが6.2%あることが判明。体重は83kgで「太りすぎ」と判定されました。自宅で糖質制限食を行っところ、空腹時血糖は一度も100mg/dlを超えず、ヘモグロビンA1cも正常値を保っており、糖尿病予備軍から脱出できました。【体験談】保坂こずえ(主婦・61歳)


2サイズダウンした保坂さん

おかずは三食 しっかり食べた

 私が糖質制限の食事療法を始めたのは、2013年10月のことです。その年の8月、人間ドックで空腹時の血糖値が186mg/dl(正常値は110mg/dl未満)、ヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値で、正常値は6・5%未満)が6・2%あることが判明。体重は83kg(身長は160cm)あり、「太り過ぎ」と判定されました。

 肥満を解消しなければ糖尿病になると警告され、前川智先生に相談しました。前川先生からはダイエット入院を勧められましたが、当時、小学校の校長だった私は、まとまった休みが取れなかったので、自宅で糖質制限の食事療法を行うことにしました。

 糖質制限食は、とても簡単です。ごはんなどの主食は、1日1回、昼食時に100gを目安に食べます。昼は給食なので、配膳の人にお願いして主食の量を減らしてもらいました。
 おかずは肉、魚、揚げ物など制限せずに食べましたが、イモ、カボチャ、ニンジン、レンコンなど糖質が多い野菜はできるだけ避けました。
 私は料理を作るのが大好きなので、肉入りの野菜炒め、サラダ、魚のフライ、豚汁、目玉焼きなど、朝食、夕食とも、おかずをしっかり作って食べました。腹持ちのいい納豆と豆腐は、定番のおかずでした。

 1ヵ月後、外来の検査で空腹時血糖値は96mg/dl、ヘモグロビンA1cは5・6%に。また中性脂肪値は286mg/dlから82mg/dlに下がりました(正常値は150mg/dl未満)。

 その後の外来の検査で、空腹時血糖は一度も100mg/dlを超えず、ヘモグロビンA1cも正常値を保っており、糖尿病予備軍から脱出することができました。
 体重は初めの2ヵ月で4kg減、その後も毎月1kg前後減り続け、1年後には72kgに。11kgの減量に成功し、服のサイズは17号から15号になりました。体が軽くなってからは趣味の登山もらくになり、健康になったことを実感しています。

→ゆるやか糖質制限のやり方はこちら

自律の心が結果に結び付いた(新潟労災病院消化器内科部長 前川智)

 保坂さんはダイエットを目的に来院されましたが、検査の結果、ほうっておけば糖尿病になるリスクが高い糖尿病予備軍だとわかり、糖質制限を実践してもらいました。ご自宅で実践し、症状が改善した大きな要因は、食べるのが好きというだけでなく、同時に自律の心も強いからだといえます。
 食事の糖質を少なめにするだけでなく、行動パターンを変えることも含めて「糖質制限」だと考えるのがよいでしょう。

→糖質制限食の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

私は潰瘍性大腸炎という病気で何度もつらい思いをし、医師から大腸全摘手術まで勧められていました。しかし、そんな重症でも、食事を変えれば改善することができたのです。「先住民食」の最大の特徴は、砂糖(代替甘味料も含む)をいっさい絶つことです。【解説者】長尾周格(稲毛エルム歯科クリニック理事長)


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

仁神術は、患者さんの体に手を当てて、東洋医学でいうところの“気”の流れを整え、心身の不調や、体の痛みを治していきます。鍼やお灸といった道具を使わずに行うことができ、治療効果も高いため、私が校長を務める東洋鍼灸専門学校でも、課外授業で学生たちに教えています。【解説】竹内廣尚(東洋鍼灸専門学校校長)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)