【尿トラブル】「骨盤湯たんぽ」や「8000歩の速歩き」で解決できる

【尿トラブル】「骨盤湯たんぽ」や「8000歩の速歩き」で解決できる

男性の尿トラブルは、主に前立腺の異常によって起こります。40〜50代では、細菌感染や血行不良で前立腺が炎症を起こしてむくむ「前立腺炎」が多く、60代以降になると前立腺が大きくなる「前立腺肥大症」が圧倒的に多くなります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長) 


奥井識仁
1965年、愛知県生まれ。東京大学大学院修了後、ハーバード大学ブリカム&ウイメンズ病院にて手術を学ぶ。2009年、よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニックを開院。骨盤臓器脱が専門で、年間約300件の日帰り手術を行う。著作、論文多数

前立腺のむくみを取るには血流をよくすること

 男性の尿トラブルは、主に前立腺の異常によって起こります。

→「前立腺肥大症」とは

 40〜50代では、細菌感染や血行不良で前立腺が炎症を起こしてむくむ「前立腺炎」が多く、60代以降になると前立腺が大きくなる「前立腺肥大症」が圧倒的に多くなります。
 前立腺が肥大している人のなかで、排尿に支障があって治療を必要とするのは、全体の4分の1程度です。
 しかし前立腺が大きくなって尿道が圧迫されれば、当然排尿障害が起こってきます。前立腺肥大症は大きく3期に分かれ、前立腺が大きくなるにつれて、症状も進行していきます。
 1期は、前立腺がそんなに大きくなっていない段階です。尿道への圧迫もあまり強くありません。症状としては、「頻尿」があり、就寝後もトイレに起きる「夜間頻尿」も始まります。急に尿意を催す「尿意切迫感」、排尿時間が長くなる「排尿遅延」なども起こります。
 2期になると、前立腺の肥大は中程度に進み、尿道への圧迫が強くなります。排尿後もスッキリしない「残尿感」や、一時的に尿が出なくなる「急性尿閉」「血尿」「排尿痛」などの症状が出てきます。
 3期になると、前立腺の肥大が大きくなり、尿道がかなり圧迫されます。膀胱にたまった尿がもれる「溢流性尿失禁」や、尿が出なくなる「尿閉」、尿が腎臓へ逆流する「水腎症」などを起こすこともあります。
 また、前立腺肥大症が過活動膀胱(膀胱が過剰に収縮し急に強い尿意が起こる症状)と合併すると、頻尿や尿もれの症状がより強くなります。
 男性の尿トラブルの最大の原因である前立腺肥大症は、前立腺がむくんでいるだけですから、そのむくみを取れば、尿トラブルを抑えたり、症状を緩和できたりします。
 では、むくみを取るにはどうしたらいいのでしょうか。それにはまず、血流をよくすることです。
 むくんで大きくなった前立腺には、活性酸素が多く、一酸化窒素(NO)が減っています。NOは血管の内皮細胞から分泌される善玉物質で、血管を拡張したり、血液をサラサラにしたりして血流を促進する働きがあります。そのNOが減るせいで、血流が悪くなり、前立腺がむくみやすくなるのです。
 このむくみを取る薬が、ED治療薬のシアリスから生まれた「ザルティア」です。ED治療薬を服用するとNOが増え、血流がよくなってテストステロン(男性ホルモン)が増加します。ザルティアは、ED治療薬の半量を改良して作った、初期の前立腺肥大症に処方する薬なのです。
 このことからわかるのは、血流をよくしてテストステロンが増えれば、前立腺のむくみが取れる可能性があることです。

薬を増やさずに済み 前立腺ガンの転移も抑制

 前立腺の血流をよくするために、私が患者さんに勧めているのが、次の三つです。

❶湯たんぽで骨盤を温める

 骨盤が冷えると、下半身の血流が悪くなり、前立腺がむくみやすくなります。そこで、湯たんぽで骨盤周辺を温めます。
 起床時と就寝前、布団の中で30分間、湯たんぽを恥骨からへその下辺りに当てます。こうして骨盤を温めると下半身の血流がよくなり、昼間や夜間の頻尿が抑えられます。
 最近は、電子レンジで温めるだけで使える物も市販されています。おなかにのせるには、そうした便利で軽い湯たんぽを使うのもいいでしょう。

❷スロースクワット

 下半身の筋肉を使った、有酸素運動です。ゆっくりしゃがみ、ゆっくり立ち上がることによって、筋肉が太くなり、下半身の血流がよくなります。

❸1日8000歩の速歩き

 1日8000歩の速歩きを、月20〜25日行います。速歩きの速度は、少し息がはずむ程度です。こうした有酸素運動で下半身を鍛えれば、下半身の血流が増加し、前立腺がむくみにくくなります。
 私の研究や、ハーバード大学、東京都健康長寿医療センターの研究でも、1日8000歩の速歩きが健康・長寿にいいことがわかっています。
 私は尿トラブルのある患者さん全員に万歩計を渡し、歩いた記録をつけてもらっています。その結果、前立腺ガンの患者さんは転移が抑えられ、前立腺肥大症の患者さんは薬を増やさずに済んでいます。
 なお、ひざや腰が痛くて歩けない人は、無理をしないでください。年齢に応じた速度や距離でいいと思います。ただし、まだ60代で元気な人は、ぜひ1日8000歩の速歩きを実践してください。
 

前立腺肥大症の予防・改善にお勧めの3対策

私が提唱した三つの方法は、いずれも血流をよくしてテストステロンを増加させる効果があります。それによって前立腺が小さくなる可能性があり、前立腺肥大症だけでなく、前立腺ガンの予防にも有効です。ぜひ実行してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

当院には、多様な症状を訴える患者さんがみえますが、主訴が何であれ、多くの人が口にする悩みがあります。それは「寝付きが悪い」「眠りが浅い」「何度も目覚める」といった不眠の悩みです。そんなとき、私は、誰でも簡単にできる不眠解消法として、「首まくら」という方法をお勧めしています。【解説】佐々木繁光(佐々木整体治療院院長)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

年を取ってから、夜中に何度もトイレに起きるようになった、という人も多いのではないでしょうか。このような夜間頻尿の原因として考えられるのは、加齢による腎臓や膀胱の働きの衰えのほか、男性の場合は前立腺肥大、女性では膀胱炎や冷え症などでしょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

女性が膀胱炎や頻尿、尿失禁などに悩んでいる場合、骨盤が冷えているケースが多いものです。というのも、骨盤の冷えは、これらの泌尿器系の疾患を引き起こす誘因の一つであるからです。症状を悪化させる原因の一つは、冷えにあります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)