【私のゆるやか糖質制限】10kg以上のダイエットに成功し糖尿病が大改善!薬もやめられた

【私のゆるやか糖質制限】10kg以上のダイエットに成功し糖尿病が大改善!薬もやめられた

私は糖尿病で、ビクトーザという治療薬を1日1回注射、主食を1食抜く糖質制限食を行っていましたが、なかなか痩せず、ダイエット入院をしました。200mg/dl以上の血糖値が退院後1ヵ月で140mg/dl以下に、ヘモグロビンA1cは7%台から6%台に下がり薬を中止できました。【体験談】上田智之(仮名・会社員・60歳)


糖質制限食は、主食は1回、おかずは糖質の多いものは避けるというルールを守るだけ

 糖尿病と診断されたのは、20年近く前のことです。数年前からは通院し、ビクトーザという治療薬を、1日1回注射し、主食を1食抜く糖質制限食を行っていました。
 体重は83kg(身長は172cm)から74kgまで落ちたのですが、ここからまったくやせなくなり、血糖値も安定しませんでした。
 このまま薬漬けになったらどうしようと、悩んでいたとき、担当医が前川智先生になり、先生からダイエット入院を勧められたのです。

 そこで昨年5月の終わりから、1週間入院しました。新たに始めた糖質制限食では、主食を二食抜きます。わずか7日間で、5kgも減量できました。
 入院中、正しい糖質制限のやり方を勉強できたので、退院後の食事の管理もらくになりました。自宅では、朝食と夕食は野菜+魚か肉、豆腐、納豆などのおかずを食べます。昼食は主食としてコンビニのおにぎり1個を食べ、ほかには唐揚げなどのおかずを組み合わせました。

 以前、同病院で指導されたカロリー制限食は、カロリー計算がわずらわしく、実行しづらいのが難点でした。一方、糖質制限食は、主食は1回、おかずは糖質の多いものは避けるというルールを守るだけ。
 おかずは普通の量を食べることができましたし、糖質カットのビールや、焼酎のお湯割りで晩酌もできたので、ストレスも飢餓感もなく続けることができました。
 おかげで退院後の2ヵ月でさらに5kgやせ64kgになりました。ウエストサイズは88~90cmだったのが79~80cmに。よく動ける体になりました。

 入院前、食後1時間の血糖値は200mg/dl以上ありましたが、退院後1ヵ月で140mg/dl以下に落ち着き、ヘモグロビンA1cは7%台から6%台に下がりました。血糖値が安定したので、薬を中止できました。
 薬を使わなくなったことが、なによりもうれしいです。これからも、糖質制限食を続け健康を保ちたいと思います。

→ゆるやか糖質制限のやり方はこちら

患者さんの8割に効果。糖尿病の薬を減らしたり、やめたりすることも可能(新潟労災病院消化器内科部長 前川智)

 ダイエットや血糖値の改善を目的とする糖質制限は、長続きしなければ意味がありません。仕事をしている人は、上田さんのようにコンビニ食や外食をうまく組み合わせるのも手です。飲酒もビールなど糖質の多いものを避け、適量であれば問題ありません。
 私の提唱する糖質制限は、がまんが少なく、続けやすいのが特徴です。しかも、患者さんの8~9割は、上田さんと同様に糖尿病の薬を減らしたり、やめたりできています。

→糖質制限食の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

私は潰瘍性大腸炎という病気で何度もつらい思いをし、医師から大腸全摘手術まで勧められていました。しかし、そんな重症でも、食事を変えれば改善することができたのです。「先住民食」の最大の特徴は、砂糖(代替甘味料も含む)をいっさい絶つことです。【解説者】長尾周格(稲毛エルム歯科クリニック理事長)


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

指には、交感神経の線維が集中しています。ストレスや緊張を感じたときは、交感神経が優位になって、指に張り巡らされた血管がギュッと締まります。指そらしは、座ったままできるので、運動が苦手な人でも手軽に取り組むことができます。1日に何回やってもかまいません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)