【東北大学の研究】緑内障の治療は眼圧を下げるだけでは不十分 ― みかんの皮が鍵!?

【東北大学の研究】緑内障の治療は眼圧を下げるだけでは不十分 ― みかんの皮が鍵!?

今、日本人の失明原因でいちばん多いのは、緑内障です。緑内障は加齢とともに増加し、40代以上で5%、70代以上になると11%もの人が緑内障にかかるといわれています。緑内障は、眼圧が高くなって視神経を障害し、視野が狭くなる病気です。【解説】檜森紀子(東北大学大学院医学系研究科眼科学分野助教)


檜森紀子
2004年秋田大学医学部卒業。2007年東北大学眼科に入局し、東北大学病院や気仙沼市立病院で眼科一般を研修。2009年東北大学大学院医学系研究科へ入学し、「酸化ストレスと緑内障」をテーマに研究を開始。2013年東北大学大学院医学系研究科卒業、以降現職。

日本人の緑内障は眼圧を下げるだけでは不十分

 今、日本人の失明原因でいちばん多いのは、緑内障です。
 緑内障は加齢とともに増加し、40代以上で5%、70代以上になると11%もの人が緑内障にかかるといわれています。
 緑内障は、眼圧が高くなって視神経(目のスクリーンに当たる網膜の神経節細胞)を障害し、視野が狭くなる病気です。
 現在、緑内障の治療は、点眼薬などで眼圧を下げる治療が中心です。

 しかし日本人の場合、患者さんの約7割は眼圧が正常(10〜21㎜Hg)な正常眼圧緑内障です。
 治療で眼圧を下げても、視野障害が進行する患者さんが少なくありません。
 このように日本人の緑内障に対して、眼圧を下げる治療だけでは限界があります。

 東北大学では、それにプラスして、何か有効な治療がないか、長年模索してきました。
 緑内障は、眼圧以外に、加齢や血流、酸化ストレス、慢性炎症、遺伝子など、さまざまな要因が関係して発症する病気です。その中で私たちが注目したのは、酸化ストレスでした。

 酸化ストレスというのは、活性酸素によって引き起こされる生体にとっての有害な作用のことです。
 身近なところでは、喫煙や過度の飲酒、ストレス、老化などが活性酸素(活性化された酸素)を発生させる原因となります。
 通常、体はこれに対する防御機構を持っており、活性酸素の消去と障害の抑制や修復を行っています。これを抗酸化力といいます。
 ところが、活性酸素の産生とそれに対する抗酸化力のバランスがくずれることがあります。これを「酸化ストレス」と呼んでいます。
 緑内障もその一つです。

 私たちの行った研究で、酸化ストレスが高い(抗酸化力が低い)ほど神経細胞が障害されやすく、緑内障が重症化しやすいというデータが出ています。

 そこで、酸化ストレスを軽減する食品素材を探しました。
 その中で着目したのが、ミカンの皮に多く含まれるヘスペリジンというポリフェノールです。
 ヘスペリジンには、酸化ストレスを抑制する作用があることがわかっています。それが緑内障にどのように作用するか、検証しました。

ミカンの皮の成分が視神経細胞を保護

 東北大学が行ったのは、次のような実験です。

①ヘスペリジンの抗酸化力
 マウスの網膜神経節細胞を培養し、酸化ストレスをかけた上で、酸化ストレスを抑制するさまざまな食品素材を加えました。
 すると、その中でヘスペリジンが最も神経細胞死を抑える作用が強いことがわかりました。

②緑内障マウスへの効果
 人工的に緑内障にしたマウス(緑内障モデルマウス)の眼球内にヘスペリジンを投与して、網膜の神経節細胞の数を数え、どれくらい酸化ストレスが抑制されたか調べました。
 その結果、ヘスペリジンを投与した緑内障モデルマウス群は、投与しない緑内障モデルマウス群と比べて、網膜神経の細胞死が2倍以上、抑えられたのです。

 次に、ヘスペリジンによって網膜の酸化ストレスがどれくらい抑えられるかを調べました。
 緑内障モデルのマウスに酸化ストレスを加えると、ヘスペリジンを投与した群は、投与しない群に比べて、網膜の酸化ストレスが約4倍、抑えられました。

 この研究によって、ヘスペリジンが神経細胞を酸化ストレスから守り、緑内障の発症や進行を抑える可能性があることが示唆されました。

 目は、つねに紫外線にさらされており、酸化ストレスを受けやすいところです。緑内障を発症し、神経細胞が障害されると、神経細胞は再生されず、どんどん数が減ってしまいます。

 しかし、ミカンの皮を食べて酸化ストレスを防いでいれば、緑内障を予防したり、進行を抑えたりする可能性はあると思います。

 安価に手に入るミカンの皮で、少しでも緑内障の進行を遅らせることができたら、こんなにいいことはありません。ぜひお試しください。

→「ミカンの皮」を丸ごと使ったレシピ①はコチラ
→「ミカンの皮」を丸ごと使ったレシピ②はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


咀嚼の効果【ガムを噛む】と視力回復?眼圧が下がり老眼も改善 最新研究で判明

咀嚼の効果【ガムを噛む】と視力回復?眼圧が下がり老眼も改善 最新研究で判明

私たちはまず、ガムを噛み続けた後に、目の血流と関連のある眼圧(眼球内の圧力)が低下することを実験で確認。その後、ガムを噛む前後での、白目(眼球の白い部分)の血流の変化を評価する実験を行いました。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)


【眼科医】「牛乳」を控えたら白内障が軽快 緑内障の眼圧コントロールにも役立った

【眼科医】「牛乳」を控えたら白内障が軽快 緑内障の眼圧コントロールにも役立った

通常、私たちは食べ物をよくかむことで唾液や胃液、腸液を出し、それらで解毒しながら消化して、必要な栄養を吸収しています。ところが、消化が不十分なたんぱく質は、解毒されずに腸から吸収されるため、体にさまざまな問題を引き起こします。【解説者】半田喜久美(多治見眼科院院長)


【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなったら…目の前の"おかず" に気づかなかったら…

【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなったら…目の前の"おかず" に気づかなかったら…

白内障や緑内障といった目の病気には、特徴的な前兆や症状があります。目の変調を見逃さず、早期に眼科を受診することが、視力を守ることにつながります。以下の項目に該当するものがないかどうか、皆さんもいっしょにチェックしてみてください。【解説】宮永嘉隆(東京女子医科大学名誉教授 西葛西・井上眼科名誉院長)


【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善 心臓病を予防 認知症にも効果?

【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善 心臓病を予防 認知症にも効果?

海外の研究では、レッドオレンジの摂取によって血管を保護する作用が働き、心筋梗塞など心血管病の予防につながることが報告されています。では、日本の温州ミカンはどうでしょうか。私の教え子である、愛媛大学医学部の学生が行った研究をご紹介しましょう。【解説】茂木正樹(愛媛大学大学院医学系研究科 薬理学教授・医学博士)


【10年の追跡調査】ミカンは糖尿の原因ではない!糖尿病発症リスクを6割減らす救世主

【10年の追跡調査】ミカンは糖尿の原因ではない!糖尿病発症リスクを6割減らす救世主

「果物は糖分や果糖が多いので糖尿病の原因になる」そう聞いたことがある人は多いでしょう。糖分が気になるので、「ミカンは食べない」という人もいるかもしれません。しかしこれは根拠のないいわば「風評」です。ミカンが糖尿病に与える影響を、きちんと調べたいと考え、二十数年前に研究を開始しました。【解説】矢野昌充(農学博士)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング