【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

ミカンの皮とヨーグルトを組み合わせたら、花粉症の治療や、症状の緩和に効果が期待できるのではないか。私の研究室ではミカンの皮に含まれる成分と、牛乳に含まれる成分、それぞれに抗アレルギー作用があることを確認していたからです。「みかんの皮ヨーグルト」の作り方も紹介します。【解説】菅原卓也(愛媛大学大学院 農学研究科教授)


「みかんの皮」が花粉症治療の救世主に

みかんの皮とヨーグルトを組み合わせようと考えた理由

 ミカンの皮とヨーグルトを組み合わせたら、花粉症の症状緩和に効果が期待できるのではないか—。

 この発想が生まれたのは、もともと私の研究室では、ミカンの皮に含まれる成分と、牛乳に含まれる成分、それぞれに抗アレルギー作用があることを確認していたからです。

 アレルギー症状に対するミカンの皮の有用成分は、ノビレチンというフラボノイドの一種です。
 ノビレチンは、シークワーサーやポンカン、温州ミカンなどカンキツ類の皮に含まれる成分で、抗炎症作用、脂肪蓄積抑制作用などがあることが報告されています。
 アレルギーを抑制するのは、抗炎症作用によるものです。

 一方、牛乳に含まれるたんぱく質の一種、β‐ラクトグロブリンにも、抗アレルギー作用があることが確認できています。
 そこで私の研究室では、この二つを組み合わせると、それぞれ単独で摂取したときと比べて効果にどのような違いが出るのか、研究することにしました。

 まず行ったのは、培養細胞での実験です。
 アレルギー症状は「脱顆粒」といって、細胞からヒスタミンという成分が放出されることによって起こります。
 ノビレチンやβ‐ラクトグロブリンを細胞に投与すると、この脱顆粒が抑制されるのです。

みかんの皮とヨーグルト両方食べたら、くしゃみの回数が激減

 今回の実験では、ノビレチンとβ‐ラクトグロブリンの両方を投与すると、それぞれ単独で投与したときよりも、脱顆粒の抑制効果がぐんと高まることが確認できました。

 次に、スギ花粉によるアレルギー症状を発症させたマウスに、ミカンの皮とヨーグルトを食べさせて、くしゃみの回数の変化を調べてみました。
 すると、ミカンの皮だけを食べたマウス、ヨーグルトだけを食べたマウスでもくしゃみの回数は幾分減ったのですが、両方を同時に食べたマウスはその回数が激減しました。

みかんの皮ヨーグルトの、花粉症に対する相乗効果を実験で確認

目のかゆみが大幅に解消!スギ花粉にも効果を期待

 さらに、愛媛大学医学部附属病院眼科学講座白石教授・原准教授のご協力の下、ヒトでも実験を行いました。
 スギ花粉にアレルギーを持つ人26名に、花粉を点眼して結膜炎を起こし、ミカンの皮入りヨーグルトを1日1回、150㎖摂取してもらって、症状の変化を見たのです。

 その結果、2週間後には、目の充血がほとんどなくなり、眼球結膜の温度上昇も有意に抑えられていました。

これらの研究から、ミカンの皮とヨーグルトを同時に摂取すれば、花粉症の症状改善に非常に高い効果が期待できるといえるでしょう。

 アレルギーが起こる機序は同じなので、スギ以外の花粉にも効果はあるはずです。
 これは花粉症で悩む多くのかたの、救世主になり得るのではないでしょうか。

 この研究を基に、愛媛大学では学生が中心となって、地元企業とともにミカンの皮入りヨーグルトの商品開発を行いました。現在、四国のスーパーやコンビニで販売されていて、年間約20万本を売り上げています。手軽に摂取できて味もよいので、お勧めです。

簡単手作り!作り置きもできる「ミカンの皮ヨーグルト」の作り方

アトピー性皮膚炎や認知症にも効果が期待

 ミカンの皮入りヨーグルトは、家庭でも簡単に作ることができます。

 作り方は、ミカン1個分の皮をぬるま湯でよく洗い、150gのヨーグルトとともにミキサーにかけるだけ。
 皮と一緒に、ミカンの果肉や果汁を加えてもOKです。お好みで、砂糖やハチミツなどの甘味を加えてもかまいません。

 ミカンの皮はできるだけ細かく砕いたほうが、口あたりがよく飲みやすいです。ノビレチンは熱を加えても壊れないので、ミカンの皮を煮て軟らかくしてからミキサーにかけてもよいでしょう。
 飲むのは1日1回で十分です。即効性があるので、花粉症の症状抑制には、外出する30分前に飲むのがお勧めです。
 ただし、牛乳アレルギーの人は飲まないでください。

 実は、ヒトでの実験を行ったさい、被験者の中にアトピー性皮膚炎の人がいて、「ミカンの皮入りヨーグルトを飲んでいる間はアトピーの症状も緩和していた」という声がありました。 そこで、アトピー性皮膚炎を発症させたマウスにミカンの皮入りヨーグルトを飲ませたところ、症状が有意に軽減されるという結果が得られました。

 今後、ヒトのアトピー性皮膚炎に対する効果も、研究を進めていく予定です。
 また、ノビレチンには認知機能改善効果があるともいわれています。おそらく、これも抗炎症作用によるものでしょう。脳の中の炎症を抑えることで、認知機能の低下が抑制されると考えられます。
 ミカンにはノビレチンのほかにも、認知機能改善効果のある成分や、骨粗鬆症の改善効果が期待できる成分など、多くの機能性成分が含まれています。
 花粉症の人だけでなく、高齢者のかたにも、積極的にミカンを摂取してほしいと思います。

菅原卓也
 愛媛大学生命機能学専攻健康機能栄養科学特別コース教授。食品の機能性をヒトレベルにおいて解明し健康維持に寄与することをミッションに掲げた愛媛大学大学院農学研究科附属食品健康科学研究センター・センター長。
 食品機能学とは、食べ物に含まれる成分が動物細胞や実験動物、さらにはヒトの健康にどう影響するかを調べる学問分野。
 食品によってヒト細胞の機能が高まった場合、機能性食品の開発につながることから、今、最も熱い注目を集める研究者でもある。

→【医師解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

私は、「笑いヨガ」と出会ってから、もう6年がたちます。きっかけは、毎年参加していた「日本笑い学会」の研究発表会でした。その中で、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんの講演があり、初めて笑いヨガの存在を知ったのです。【解説】枝廣篤昌(豊岡台病院院長)


【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関 太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

果物の中でも、特にミカンは血糖値が上がりにくいので、肥満の予防によいといわれています。調べてみると、果物の皮にはポリフェノールという物質が入っていることがわかりました。ポリフェノールというのは、抗酸化物質の一つです。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック理事長・総院長)


力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

私は自家製の甘酒や酵素ジュースをシロップ代わりにして「TGGヨーグルト」にかけて食べるのが、毎朝の日課です。【体験談】北爪えみ(53歳・主婦・山梨県)


最新の投稿


【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング