喘息の症状を緩和する【1円玉療法】のやり方

喘息の症状を緩和する【1円玉療法】のやり方

遍歴と太淵に常にはっておくと、ぜんそくの発作が起こりにくくなります。セキが苦しい人は、天突、身柱、肺兪、膈兪、大椎にはると、激しいセキもすぐ和らぎます。即効性はあるものの、自分で背中にはるのは難しいです。朝出かける前に、家族にはってもらうと、ぜんそくの発作が出やすい冬も安心できます【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


川村昇山
1928年北海道生まれ。60年以上に及んで東洋医学を研究し続け、今なお1円玉療法を改良し続ける。『1円玉で痛みが消える!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

→1円玉療法の基本のやり方はコチラ

遍歴と太淵に常にはっておくと、ぜんそくの発作が起こりにくくなります。セキが苦しい人は、天突、身柱、肺兪、膈兪、大椎にはると、激しいセキもすぐ和らぎます。即効性はあるものの、自分で背中にはるのは難しいです。朝出かける前に、家族にはってもらうと、ぜんそくの発作が出やすい冬も安心できます

【ぜんそく】予防のはり方

【ぜんそく】セキが苦しい場合のはり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


1円玉療法の効果 ぜんそく

関連する投稿


【1円玉療法】喘息の発作を和らげ予防する「背中の特効ツボ」の探し方

【1円玉療法】喘息の発作を和らげ予防する「背中の特効ツボ」の探し方

ぜんそくの発作は、大変苦しいものです。重症になると、命にもかかわりますし、特に体力のない子どもや年配者には深刻な病気です。急に呼吸困難になり、吸い込んだ息を十分に吐き出せないため、患者さんは今にも窒息するかのような苦しみを味わいます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【坐骨神経痛】しびれ、コリが和らぐ「1円玉療法」のやり方

【坐骨神経痛】しびれ、コリが和らぐ「1円玉療法」のやり方

座骨神経痛の原因はさまざまで、足のしびれやお尻の張りなど、人によって症状も違うので効果の差にはばらつきがあります。平均すると1週間から1ヵ月で痛み、しびれ、こりが和らぐことが多いです。私が治療した経験上、睡眠中も含め朝から晩までずっとはり続けている人のほうが早く効果が現れるようです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【漢方医解説】酢人参は老眼・白内障改善に効果を発揮 脂肪の多い「固太り」のダイエットにも向いている!

【漢方医解説】酢人参は老眼・白内障改善に効果を発揮 脂肪の多い「固太り」のダイエットにも向いている!

酢とニンジンには、いずれにも幅広い薬効があります。ニンジンを酢漬けにすることで両方の効果を相乗させ、しかも無理なく手軽にとることができます。【解説者】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科医師)


【肩こり・肩の痛み】をほぐす「1円玉療法」のやり方

【肩こり・肩の痛み】をほぐす「1円玉療法」のやり方

肩周りに1円玉は即効性があるので、はって10分ほどで肩のこりがほぐれる人も珍しくありません。特定の場所にこりや痛みがあれば、そこに直接はっても効果的です。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【医師解説】便の量が増えて20kgやせた!睡眠時間も短縮「週1断食」の効果とは

【医師解説】便の量が増えて20kgやせた!睡眠時間も短縮「週1断食」の効果とは

私は医師であるとともに、断食指導者でもあります。医師である私が断食を勧めている理由、それは、私自身の体験に基づいています。断食を行うことの利点と、自宅で安全にできる方法を紹介したいと思います。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)