下肢静脈瘤を改善する【1円玉療法】のやり方

下肢静脈瘤を改善する【1円玉療法】のやり方

血中のイオン化カルシウムの活性化に最も効果があるツボが、大腸兪、腎兪、次髎です。これらに1円玉をはると、下肢静脈瘤の悪化や、痛みやむくみは防げますが、完治は難しいので、医師への相談もお忘れなく【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


川村昇山
1928年北海道生まれ。60年以上に及んで東洋医学を研究し続け、今なお1円玉療法を改良し続ける。『1円玉で痛みが消える!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

血液の凝固などに作用する血中のイオン化カルシウムを活性化させると、下肢静脈瘤の悪化が防げることを発見しました。血中のイオン化カルシウムの活性化に最も効果があるツボが、大腸兪、腎兪、次髎です。これらに1円玉をはると、下肢静脈瘤の悪化や、痛みやむくみは防げますが、完治は難しいので、医師への相談もお忘れなく

→1円玉療法の基本のやり方はコチラ

【下肢静脈瘤】下肢静脈瘤のはり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【坐骨神経痛】しびれ、コリが和らぐ「1円玉療法」のやり方

【坐骨神経痛】しびれ、コリが和らぐ「1円玉療法」のやり方

座骨神経痛の原因はさまざまで、足のしびれやお尻の張りなど、人によって症状も違うので効果の差にはばらつきがあります。平均すると1週間から1ヵ月で痛み、しびれ、こりが和らぐことが多いです。私が治療した経験上、睡眠中も含め朝から晩までずっとはり続けている人のほうが早く効果が現れるようです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【肩こり・肩の痛み】をほぐす「1円玉療法」のやり方

【肩こり・肩の痛み】をほぐす「1円玉療法」のやり方

肩周りに1円玉は即効性があるので、はって10分ほどで肩のこりがほぐれる人も珍しくありません。特定の場所にこりや痛みがあれば、そこに直接はっても効果的です。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


逆流性食道炎を改善する【1円玉療法】のやり方

逆流性食道炎を改善する【1円玉療法】のやり方

梁丘、公孫、太白、衝陽のいずれも胃腸の不調に効くツボです。これらにはると、胃の働きをよくして胃酸の分泌を正常に整えます。胃酸の逆流が起こってからはってもいいですが、慢性的に逆流する人は、常にはっておきましょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴ともに聴宮、翳風、聴会、完骨にはり続けましょう。人に会うなどの理由ではれない場合もあると思います。そういうときは、前述した4ヵ所のツボを、1円玉で10回ほどこするだけでもずいぶんと症状が軽くなります。地五会は靴下に隠れる場所なので、日中も気にせずはれます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング