美肌になる【1円玉療法】のやり方

美肌になる【1円玉療法】のやり方

神門と合谷に日ごろから1円玉をはっておくと、冬に気になる乾燥、肌荒れを治し、予防にもなります。シミ・シワが気になる場所には、1円玉を重ねてローラーのようにして転がしましょう。1ヵ月ほど継続すると、効果が現れます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


川村昇山
1928年北海道生まれ。60年以上に及んで東洋医学を研究し続け、今なお1円玉療法を改良し続ける。『1円玉で痛みが消える!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

→1円玉療法の基本のやり方はコチラ

【美肌】基本のはり方

【美肌】シミ・シワ対策のはり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【坐骨神経痛】しびれ、コリが和らぐ「1円玉療法」のやり方

【坐骨神経痛】しびれ、コリが和らぐ「1円玉療法」のやり方

座骨神経痛の原因はさまざまで、足のしびれやお尻の張りなど、人によって症状も違うので効果の差にはばらつきがあります。平均すると1週間から1ヵ月で痛み、しびれ、こりが和らぐことが多いです。私が治療した経験上、睡眠中も含め朝から晩までずっとはり続けている人のほうが早く効果が現れるようです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【肩こり・肩の痛み】をほぐす「1円玉療法」のやり方

【肩こり・肩の痛み】をほぐす「1円玉療法」のやり方

肩周りに1円玉は即効性があるので、はって10分ほどで肩のこりがほぐれる人も珍しくありません。特定の場所にこりや痛みがあれば、そこに直接はっても効果的です。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


下肢静脈瘤を改善する【1円玉療法】のやり方

下肢静脈瘤を改善する【1円玉療法】のやり方

血中のイオン化カルシウムの活性化に最も効果があるツボが、大腸兪、腎兪、次髎です。これらに1円玉をはると、下肢静脈瘤の悪化や、痛みやむくみは防げますが、完治は難しいので、医師への相談もお忘れなく【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


逆流性食道炎を改善する【1円玉療法】のやり方

逆流性食道炎を改善する【1円玉療法】のやり方

梁丘、公孫、太白、衝陽のいずれも胃腸の不調に効くツボです。これらにはると、胃の働きをよくして胃酸の分泌を正常に整えます。胃酸の逆流が起こってからはってもいいですが、慢性的に逆流する人は、常にはっておきましょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴ともに聴宮、翳風、聴会、完骨にはり続けましょう。人に会うなどの理由ではれない場合もあると思います。そういうときは、前述した4ヵ所のツボを、1円玉で10回ほどこするだけでもずいぶんと症状が軽くなります。地五会は靴下に隠れる場所なので、日中も気にせずはれます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング