【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。【体験談】芦名佳代(仮名・25歳無職・大阪府) 


薬を飲んでも 不眠は改善しなかった

 大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。
 仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。
 眠り自体も浅く、睡眠不足が蓄積していく一方でした。

 休日はとにかく横になりますが、眠れるわけではありません。友だちと食事をしたり、近所の川辺で自然に触れたりなど、気分転換を図ってはみるものの、不眠はいっこうに治りませんでした。

 社会人3年目の2017年3月、ついに心療内科に行き、睡眠導入剤を飲むようになりました。しかし薬を処方されても状況は変わらず、薬の量は増えていきます。「薬では解決にならない」と気づいたものの、一度飲み始めた薬は自己判断では止められません。
 橋本和哉先生のクリニックを訪れたのは、仕事を辞めた2017年5月。橋本先生の著書を読んだ母が、橋本先生のクリニックの「医療ヨガ」を受けようと提案したのです。

 橋本先生は、「眠れないのはエネルギーが足りないから」とおっしゃって、医療ヨガよりも簡単な「おふとんヨガ」を勧めてくださいました。

→「おふとんヨガ」のやり方はコチラ

目覚ましが鳴るまで熟睡できた

 教わったその日から、寝る前の20分をおふとんヨガの時間としました。橋本先生から「寝る前に行うと、体がほぐれて眠りやすくなる」とアドバイスされたからです。

 ベッドに入る前はいつも憂鬱なのですが、この日はヨガのおかげで、就寝前も心が軽かった気がします。 また、それまでは自分の体がこっているとは思ってもいなかったのに、ヨガの後は、体がほぐれたのがわかりました。ただこの夜は、やはり2時半に目が覚めてしまいました。

 ところが翌日。同じようにヨガをしてから寝ると、朝5時まで寝られました。うれしかったです!
 私の主治医は、橋本先生とは別の病院の先生なのですが、おふとんヨガのことを話すと、「とてもいい方法だ」と言ってくださいました。

 その主治医のアドバイスとおふとんヨガを併せて実践するうち、今では、6時に目覚ましが鳴るまで7時間、熟睡できるようになりました。
 主治医と相談し、薬は少しずつ減らしています。おふとんヨガの効果を実感しています。

眠れるようになったのはいいエネルギーを取り込んだから(はしもと内科外科クリニック院長 橋本和哉)

ヨガの呼吸法によって自律神経が効果的に整えられると、体がリラックスモードに入り、質のよい眠りが得られます。また「おふとんヨガ」には、邪気を放出し、いい気やエネルギーをためる動きが取り入れられています。エネルギーがなければ、眠ることもできません。その意味でも、芦名さんにピッタリの運動療法だったのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

私のクリニックに来られるさまざまな患者さんの多くが、何をやってもよくならない、既存の治療法以外にできることがあるなら試したい、というかたがたです。そのような人に「パンと牛乳をやめましょう」と指導すると、それだけで症状が改善する例を、これまで数多く見てきました。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長) 


【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長) 


【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

私は生まれつき頸椎脊柱管狭窄症という病気で、脊椎の中の管が一部狭くなっています。少しのことで首や肩がこり、頭痛が起きます。こりや痛みがひどいと眠れなくなるほどでしたが、ヨガをしたら体がスーッと軽くなったのです。患者さんにもヨガを取り入れた運動指導を進めています【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長・医学博士)


うつ病、不眠症、パニック障害から不登校まで 【腸】を診て治し続ける長崎の医師

うつ病、不眠症、パニック障害から不登校まで 【腸】を診て治し続ける長崎の医師

「人の心は、腸にある」私は常々、診察室でこう話してきました。うつ病や不眠症、パニック障害などの心の病気を、おなかを触って腸の状態を診断し、漢方薬を処方して治してきました。精神科では治らなかった心の病気が、なぜ腸を診て治るのか。私が出した答えが「考根論」です。【解説】田中保郎(西諌早病院 東洋医学研究センター長) 


【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

健康のためには体を動かすこと――わかってはいるけど「めんどうくさい」「運動が苦手」「何をやっても長続きしなかった」という人はおおぜいいることでしょう。そんななか、究極のズボラ健康法を発見しました。なんと、ふとんの中で寝たままできるヨガが人気急上昇中なのです。【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)