【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長) 


石井正則
1980年、東京慈恵会医科大学卒業。84年、同大学院修了とともに、米国ヒューストン・ベイラー医科大学・耳鼻咽喉科へ留学。東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長、同大学准教授を経て現職。日本耳鼻咽喉科学会評議員、宇宙航空研究開発機構(JA
XA)・宇宙医学審査会委員。スタジオ・ヨギー公認ヨガインストラクターとしても活動中。『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』(マキノ出版)など著書多数。最新刊『やってはいけないヨガ』(青春出版社)が12月19日刊行。

医師引退の危機をヨガに救われた

 ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。

 過度な競争主義、成果主義が社会に蔓延し、適切なブレーキをかけられない人、ブレーキをかけること自体をストレスに感じる人が増えているのだと考えられます。
 ストレスで心身が緊張すると、交感神経が優位になります。すると、血圧の上昇、筋肉のコリ、便秘や下痢など腸の不調……とさまざまな不調が出るのですが、人によっては特に耳に不調が現れ、耳鳴りやめまい、難聴になるわけです。

 そういった症状を改善するには、まずは心身をリラックスさせることですが、リラックス法の1つとして私が10年以上前から勧めているのが「ヨガ」です。

 ヨガをすると、心身がリセットされ、自律神経が安定します。他のどんな運動にも、ヨガほどの効果はないでしょう。
 私が、このことに気づいたのは、自身の体験があったからです。2005年当時、私は激務による疲労やストレスで、突然、両腕が神経麻痺になってしまいました。

 担当医は「神経が死んでいる」「もう医者はできない」と言う始末。ところが恩師の紹介で入院した病院で、リハビリにヨガを勧められ、ダメでもともとで試してみたら……なんと少しずつ腕が動くようになり、9カ月程度で完全回復したのです。

 ヨガに救われた私は、その後、ヨガのインストラクターの資格を取得。ヨガスタジオはもちろん、勤務している病院で院内ヨガの教室を開いたり、うつ病の専門クリニックに出張指導に伺ったりもしています。

 ちなみにアメリカでは、200以上の病院が本格的に医療の中にヨガを取り込んでおり、ヨガが医療現場に急速に浸透しています。この流れは今後、アメリカに限らず世界的に拡大していくでしょう。

副交感神経を刺激するのにお勧めの呼吸法

→「くつろぎのポーズ」はコチラ

 ヨガが自律神経に効くいちばんのポイントは、呼吸法です。ヨガにはさまざまな呼吸法がありますが、特にお勧めなのは、「吸う、止める、長く吐く」という流れの呼吸法です。

 吸った息を一度止めると、瞬間的に血圧が上がります。すると「血圧を下げなければ」と血圧のセンサーが働き、副交感神経が反応。その後、吐くことで、副交感神経をうまく刺激することになるのです。
 ただ吸って吐くだけでも、交感神経と副交感神経を順に刺激できますが、より効果的に自律神経を整えたいかたは、ぜひお試しください。コツは「2拍で吸う、2拍止める、4拍で吐く」のようにリズムよく行うこと。楽なスピードで行いましょう。

 何千年も前にヨガを始めたインド人たちは、自律神経などという言葉もしくみも知らなかったでしょう。それにもかかわらず、ヨガの作用が医学的な理屈にかなっていることには、ほんとうに驚かされます。

「くつろぎのポーズ」は究極のポーズ

 それから「くつろぎのポーズ」は、ヨガの究極のポーズです。深い腹式呼吸が自然に導かれ、さらに、意識が自分の内側へと向かうため、最上のリラックス効果を得られます。

 ヨガを行う際は、このポーズを必ず最後に取り入れます。10分以上かけるのが理想。途中で眠くなったら、寝落ちてしまってかまいません。
 ヨガは、簡単な動きと呼吸法の組み合わせです。けっして無理をせず、自分のペースで正しく行えば、効果的に自律神経をケアできます。多くのかたに取り入れていただきたいと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【かかと落としのやり方】膝痛 腰痛 耳鳴り 顎関節症の症状も改善 "踵落とし" の効果

【かかと落としのやり方】膝痛 腰痛 耳鳴り 顎関節症の症状も改善 "踵落とし" の効果

腰痛やひざ痛など、痛みの症状を慢性的に患っている人には共通点があります。体の土台となる足の骨格のゆがみです。足は体の土台なのでゆがみは下から上に、ひざ、腰、肩など全身に波及し痛みとなって現れます。耳鳴りや頭痛、頸椎症、顎関節症なども、足のゆがみが根本原因になっているケースがあります【解説】弓削周平(木もれび鍼灸院院長)


耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴を改善する【1円玉療法】のやり方

耳鳴り・難聴ともに聴宮、翳風、聴会、完骨にはり続けましょう。人に会うなどの理由ではれない場合もあると思います。そういうときは、前述した4ヵ所のツボを、1円玉で10回ほどこするだけでもずいぶんと症状が軽くなります。地五会は靴下に隠れる場所なので、日中も気にせずはれます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


めまい・耳鳴りを改善する【手のもみ方】

めまい・耳鳴りを改善する【手のもみ方】

めまいと耳鳴りは、頭へ流れる血流が滞ることで症状が現れやすくなります。頭の反射区は、両手の手のひら側と甲側に2本ずつあります。反射区のしこりを見つけても無理に押さずに、ゆっくりと解きほぐすようにもんでいきましょう。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。【体験談】芦名佳代(仮名・25歳無職・大阪府) 


【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

私は生まれつき頸椎脊柱管狭窄症という病気で、脊椎の中の管が一部狭くなっています。少しのことで首や肩がこり、頭痛が起きます。こりや痛みがひどいと眠れなくなるほどでしたが、ヨガをしたら体がスーッと軽くなったのです。患者さんにもヨガを取り入れた運動指導を進めています【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長・医学博士)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング