【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


南雲久美子
1982年、杏林大学医学部卒。北里研究所東洋医学総合研究所にて漢方・鍼灸を学ぶ。1996年、東洋医学と西洋医学を融合して治療する目黒西口クリニックを開業。日本東洋医学会認定漢方医学専門医。不調はあるのに検査では異常なしといったような、原因のはっきりしない症状を、東洋医学や鍼灸なども柔軟に駆使して治療する。著書に『名前のない病気 不定愁訴』(家の光協会)など。

なぜ冷えは万病の元か?

 ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。
 冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。そのため私は、ライフワークとして冷えの治療に取り組んできました。

 なぜ冷えが万病の元なのかと言えば、東洋医学でいう生体の機能の「気・血・水」のバランスを崩してしまうからです。
 生体エネルギーである「気」が乱れると、不眠やうつといったストレス性の不調や病気にかかりやすくなります。血液やホルモンを指す「血」が乱れると、頭痛や肩こり、のぼせ、生理不順など、血液循環の悪さによる症状が引き起こされます。体液や免疫力を指す「水」が乱れると、むくみや頭痛、便秘、耳鳴りなどの症状が現れるのです。

 体が冷えると、まず血の巡りが悪くなり、続いて水分代謝や、気の巡りも悪くなってしまいます。冷えは全身の不調にかかわってくるので、早期に解消することが重要です。

 これを西洋医学の面からいうと、「冷えは自律神経に著しい悪影響を与える」ということになります。

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、バランスをとりながら体中の機能を調節しています。交感神経は心身を活発にし、副交感神経は心身をリラックスさせます。血流や内臓の働きも自動調節しています。しかし、冷えが続くと、この自律神経のバランスが乱れて、さまざまな症状が起きてしまうのです。

ココアを飲むと 保温効果が長く続く

 冷えを改善する飲み物として、今注目されているのがココアです。私たちが行った実験でも、ココアには体を温める強い作用があり、しかもその効果は持続することが明らかになりました。
 

 実験では、ココア、コーヒー、温緑茶、お湯の4種類の温かい飲み物を飲んでもらい、手のひらの温度を測定しました。室温は25℃です。

 結果は劇的でした。ココアを飲むと、10分後には体の表面温度が著しく上昇し、保温効果がいちばん長く持続したのです。コーヒーや緑茶、お湯の上昇した温度は、ココアには及ばず、保温効果もそれほど持続しませんでした。

 冷えは、手足など末端の血流が悪くなっていることも原因の1つです。そこで、被験者に温かいココアとコーヒーを飲んでもらい、手の指先の血流量を測定しました。すると、ココアは明らかに手の指先の血流量が増加していたのです。
 これらの実験により、ココアは体を温めて、冷え改善の強い味方になることがわかりました。

自律神経を整えるココアの成分

 また、ココアに含まれるテオブロミンという成分には、自律神経を安定させる作用があります。

 ココアのもう1つの重要な成分が、カカオポリフェノールです。カカオポリフェノールには、老化や病気の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があり、抗がん作用や、抗動脈硬化作用なども認められています。

 ほかにも、肌の回復を早めたり、便秘、便臭の改善、細菌感染を予防したりする効果なども確かめられています。
 大昔、ヨーロッパの王侯貴族の間では、ココアは薬として飲まれていました。ココアやチョコレートの原料となるカカオ豆にはいろいろな働きがあると知られていたのでしょう。

 ココア豆乳の相方である豆乳にも、健康づくりに有効な成分が豊富です。代表的なのは、女性ホルモンの1つのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンという成分です。
 エストロゲンが減少すると、骨塩量が減って骨粗鬆症にかかりやすくなったり、コレステロールが増えて、生活習慣病のリスクが高まったりします。更年期の不快な諸症状もエストロゲンの減少によって引き起こされています。

 豆乳には、エストロゲンの減少によって起こるさまざまな不調を緩和する効果が期待できるのです。
 以上のような健康効果があるココアと豆乳の組合せは、作り方も簡単なので、体の冷えや自律神経の乱れ、更年期の諸症状に悩んでいるかたにはぴったりの飲み物です。

「ココア豆乳」の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

「豊かで幸せになることを自分に許可できていない」ということを「メンタルブロック」といいます。いったいどうしたらメンタルブロックが外れるのかしら?私は必死になってその方法を探しました。その方法はとってもカンタンなことでした。しかも0円(タダ)でできることだったのです。【解説】田宮陽子(エッセイスト)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)