【更年期障害】ホットフラッシュ、多汗、イライラが解消した「ココア豆乳」の作り方

【更年期障害】ホットフラッシュ、多汗、イライラが解消した「ココア豆乳」の作り方

私は更年期障害がひどく、ホットフラッシュや多汗、イライラなどの症状に悩まされ続けてきました。特にひどいのがホットフラッシュ。常時、体が熱く、汗がものすごく出るのです。そのため、自分だけ部屋の温度を低くしたりしていました。【体験談】中西洋子さん(仮名・50歳公務員・静岡県)


体が熱くて汗がものすごく出る

 私は更年期障害がひどく、ホットフラッシュや多汗、イライラなどの症状に悩まされ続けてきました。特にひどいのがホットフラッシュ。常時、体が熱く、汗がものすごく出るのです。そのため、自分だけ部屋の温度を低くしたりしていました。

 症状がひどくて、どうしてもがまんできないときは、更年期障害の保健薬を飲むようにしていました。
 もともと、豆乳は毎日飲んでいたので、「ココアを混ぜるだけなら簡単」と思って、ココア豆乳を飲み始めました。毎日、朝晩の食事のあとに1日2回、ココア豆乳を飲むようにしたのです。私は甘いものが好きなので、ときにはハチミツを入れて飲んでいます。

女性のための保健薬を飲まなくてもよい

→「ココア豆乳」の作り方はコチラ

 ココア豆乳は、私にはとても合っていたようです。飲み始めて2週間になりますが、ホットフラッシュや多汗がまったく出なくなりました。
前はイライラもひどくて仕事のときには困っていました。それが、イライラすることも少くなったのです。

「疲れがあるのは年齢的にしかたない」と半ばあきらめていたのですが、今は23時頃まで起きていても、翌日疲れを感じることはありません。
 気がついたら、いつの間にか女性のための保健薬を飲まなくてすむようになっていました。あと数粒残っていますが、買わなくてよかったです(笑)。

 お通じの調子もよくなり、2日に1回程度だったのが、今では毎日1回は必ず出ています。
 いつも乾燥しがちでつっぱっていた肌もしっとりと潤うようになり、よく割れていた爪も丈夫できれいになりました。

 おまけにダイエットもできました。2週間で自然に2㎏減り、久しぶりに自分のベストの体重に戻ったのです。フェイスラインがスッキリし、職場の人からは「小顔になったね」と言われるようになりました。

 常に感じていた更年期障害の諸症状がいっさいなくなり、そのうえダイエットもでき、ココア豆乳を飲んでほんとうによかったです。これからも続けたいと思っています。

ココアと豆乳のダブル効果で 更年期障害を撃退する(目黒西口クリニック院長 南雲久美子)

ココア豆乳は、更年期障害の改善にも有効です。ココアの冷え改善効果に加えて、ココアに含まれるテオブロミンが自律神経を安定させ、自律神経の乱れからくる更年期の症状の緩和に役立ちます。また、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがある豆乳のイソフラボンは、エストロゲンの減少で引き起こされる更年期の症状を軽減します。こうしたココアと豆乳のダブル効果で、中西さんの更年期障害が改善されたのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


【自律神経失調症の治し方】冷え 不眠 うつ症状が軽快 過敏性腸症候群に効いた食事

【自律神経失調症の治し方】冷え 不眠 うつ症状が軽快 過敏性腸症候群に効いた食事

私は、病院で自律神経失調症と診断され、薬を飲んだり整体に通ったりしました。しかし、どれも効果が感じられず、あきらめていました。症状は、体温調整がうまくできないことです。暑い日でも暑さを感じなかったり、逆に身震いするほど寒さを感じたりすることがたびたびありました。【体験談】木村恵美さん(仮名・35歳主婦・東京都) 


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング