【不安やストレスのない生き方】ハワイのシャーマンから学んだ「自律神経調律法」

【不安やストレスのない生き方】ハワイのシャーマンから学んだ「自律神経調律法」

ニューヨークで救急隊員をしていた頃、仕事で訪れていた病院で、キリスト教のチャプレンのかたと知り合いました。チャプレンとは、教会などに属さない聖職者のことです。縁あってそのかたのアシスタントを務めるようになったのです【解説】サニー・カミヤ(ハワイアンサイエンティスト・日本防災教育訓練センター代表) 


救急隊員から牧師になり、 シャーマンと出会った

 ニューヨークで救急隊員をしていた頃、仕事で訪れていた病院で、キリスト教のチャプレンのかたと知り合いました。チャプレンとは、教会などに属さない聖職者のことです。そのかたは病院で、患者家族との祈りや亡くなった患者の魂の旅立ちの式などを行っていました。

 縁あってそのかたのアシスタントを務めるようになったのですが、ある日「日本人との国際結婚が多いハワイで、牧師をしてみては?」と提案されました。そうして私がハワイ・マウイ島で牧師になったのは、20年以上前のことです。
 牧師の仕事は、教会での洗礼式や結婚式の他に、例えば海で散骨式をするなど、教会以外で行うものも多くありました。式の目的や内容によっては、その土地を守るシャーマン、その地に昇る太陽を守るシャーマン、月を守るシャーマン、海を守るシャーマン……と、たくさんのシャーマンたちに挨拶に行きます。

 ハワイのシャーマンは、もともとポリネシアの島々でカフナ(神官)として先住民を守っており、その後ハワイに移ってきた人たちです。彼らは、祈祷師や呪術師のような役割であるとともに、医師や薬剤師のような専門知識も持っています。

 そんなシャーマンたちと接するうちに、「お清めの塩を取りに行く。いっしょに来なさい」などと儀式に誘われるようになり、彼らに同行するように。シャーマンたちの知恵をじかに教わることになったのです。

 彼らの考え方の根幹にあるのは、「自然のリズムと調和する」という1本の芯。自然と調和できれば、災害を防ぎ、場の気を整え、争いを避けられるばかりか、人を健康で幸せにできると、彼らは考えます。それは、約2000年も前からポリネシアで受け継がれてきた信念です。

 彼らの知恵は、膨大な情報量ですが、文字ではいっさい残っていません。でもその内容には、現代社会で役立つものが多くあります。シャーマンの叡智を現代に役立てたいと考えた私は、その教えを「ハワイアンサイエンス」と名づけ、現在、少しずつ文字にまとめているところです。

1日の中の「四季」とともに生きる

 さてここからは、自然と調和し、自然のエネルギーを取り入れながら、心身を癒す方法をご紹介します。

 自然との繋がりが希薄になり、心身の健康、自律神経の健康を乱している多くの日本人に、とても有益な知恵だと思います。
 シャーマンは、月の満ち欠け、潮の動きなどに合わせて儀式を行い、生活を営みますが、特に彼らがたいせつにするのは、四季のリズムです。

ハワイアンサイエンスでは、1日の中にも四季を見出します。

 朝は春。芽吹きや成長のエネルギーが満ちています。何かを始めたり、大事なことを誰かと話し合うのに最適です。また春の新鮮なエネルギーは、新しい自分への変化を促し、今ある痛みや悩みを消し去ります。

 昼は夏。じゅうぶんにエネルギーが温まり、何事にも全力で取り組める時間帯なので、一生懸命働き、活動的に過ごすのに適しています。

 夕方は秋。エネルギーが静まっていく時間帯なので、その日の活動を終え、クールダウンしていきます。

 夜は冬。静寂の時間です。遅くまで働き続けたり、ストレス発散とばかりにハメを外す人も多いですが、本来は、静かに心身を養生するのに向いている時間です。

 自律神経を整えるうえで、特に大事にすべきなのは朝と夜の過ごし方です。
 朝はなるべく早起きし、日光を浴び、1日分のエネルギーを蓄えます。
 日が暮れたら、静かに過ごします。テレビもオフにし、できるだけ音を立てない。夫婦や家族の会話も、もめごとなどの場合は朝まで控えます。同居人がいるなどで、ずっと静かにしているのが難しい場合でも、数分でもいいので1人で静寂を味わう時間を作り、心身を養生します。

 そうして自然のエネルギーを取り入れるうえで、ハワイアンサイエンスで重要となるのは「借りて、生かして、還す」こと。シャーマンたちは、自然のエネルギーを借り、生かし、還すというサイクルをていねいに続けています。

 自然のエネルギーによって心身を健康に保ち、日常の中で、少しでも何かの役に立つことができれば、そのエネルギーは還せたことになります。大きいことを成し遂げる必要はなく、例えば、草花に水をやるなどでもかまいません。自分にできるやり方で、エネルギーを還す方法を考えてみてください。

 それから、不必要なほどのエネルギーは最初から取り入れないこと。ハワイアンサイエンスでは、エネルギーを含め、この世のすべてのものは「生もの」です。むやみに得ても、使い切らなければ、腐るだけです。

365日ずっと健康でなくていい

 シャーマンたちも人間です。夫婦ゲンカをして落ち込むこともあれば、ビールを飲んで酔っ払っていることもあります。しかし、いざ儀式となるとスイッチが入り、厳かなシャーマンへと変わります。

 彼らを見ていて気づいたのですが、24時間365日、絶え間なく健康であり続ける必要はありません。「常にパーフェクトな状態でいなければ」と気持ちを張り詰めていては、誰だってきつくなります。
 ハメを外したり、調子を崩したりすることがあってもかまいません。

 ただ、彼らのように、適切なタイミングでスイッチを自在に切り替えられると、楽だと思います。「自分も、必要なときにはスイッチを入れられる」という安心感があったら、「忙しい時期に、調子を崩したらどうしよう」「物事が予定通りにいかなかったらどうしよう」などと、先のことに対する不安や恐れ、ストレスを感じることが激減するからです。

 自然のリズムを意識し、自然のエネルギーとともに生きると、シャーマンでなくても、誰でも適切なスイッチの切り替えができるようになります。
 それでも不安や心配事に負けそうなときに試してほしい、簡単な手法があります。それは、遠くを見ること。視界が届く範囲で、できるだけ離れたところを見るのです。

遠くを見るクセをつけると 不安感がなくなる

 ハワイアンサイエンスでは、自分から見て後方は過去。今いる場所は現在。前方は未来とされています。前方の遠くを見る習慣をつけると、自然と、未来を具体的にイメージするクセがつくようです。

 なにか不安なことがあったら、遠くを見ているような感覚で、こうあってほしいという未来を具体的に思い描いてみます。そして、その未来から今いる場所まで、時間が巻き戻っていくのをイメージしてみると、おのずと今すべきことが明確になり、先のことへの不安もなくなります。

 私たちの命もまた、先祖からの借りものです。この世で生かし、未来に還す。そのためにも心身健康で、不安やストレスのない生き方をしたいものです。遥か古代から伝わるシャーマンたちの自律神経調律法、ぜひお試しください。

元気に生きていることを実感できたなら、草花に水をやるなど、何らかの形で「お還し」をするといい

サニー・カミヤ
福岡市消防局レスキュー隊小隊長、国際救急援助隊員、ニューヨーク州救急隊員を経て、現職。人命救助者数は1500名超。防災コンサルタントとして全国でセミナーや講演会を行う。著書に『みんなで防災アクション! 国際レスキュー隊サニーさんが教えてくれたこと』(評論社)、『いざというときの自己防衛マニュアル』(共著・コスミック出版)。防災関連の活動の傍ら、ハワイアンサイエンスの記録に精力的に取り組んでいる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


 【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

更年期障害は、たいていの場合、自律神経の乱れと冷えが原因で起こります。「体がだるい」「疲れやすい」「めまいがする」「ふらつく」などの症状がある人は、足腰が冷えています。加えて、冷えから生じる関節痛などの不調に悩む人も少なくありません【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して、顔がすぐ赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」「あがり症」です。赤面症やあがり症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・精神科医)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング