【首を温める効果】脳幹の機能が戻り 高血圧や糖尿病、全身の痛みに効く

【首を温める効果】脳幹の機能が戻り 高血圧や糖尿病、全身の痛みに効く

私は患者さんが自分で心身をケアして、病気や不調を予防・改善できる方法を勧めています。特に患者さんからの評判がよいのが、「首を温める」ケアです。首を温めると、肩こりや頭痛、不眠、疲労感などの不快症状や、高血圧や糖尿病などの慢性病を改善する効果が得られます。【解説】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長) 


沼田光生
山口大学医学部卒業。大阪大学医学部附属病院特殊救急部、阪和記念病院脳神経外科などを経て、現職。患者の心身を丸ごと診る「ホリスティック医療」を実践。「自分の病気は自分で治す」という考えのもと、自宅で行うセルフケア指導に力を入れている。『「首を温める」と万病が治る』(マキノ出版)ほか、著書多数。

脳幹を活性化すると自己治癒力が高まる

 私は患者さんが自分で心身をケアして、病気や不調を予防・改善できる方法を勧めています。
 特に患者さんからの評判がよいのが、「首を温める」ケアです。首を温めると、肩こりや頭痛、不眠、疲労感などの不快症状や、高血圧や糖尿病などの慢性病を改善する効果が得られます。 

 首を温めるだけで、ここまでの健康効果が得られる秘密は、脳の深部にある「脳幹」という器官にあります。首の後ろには、脳幹を活性化させる絶好のゾーンがあるのです。
 脳幹は大脳辺縁系、大脳新皮質からなる大脳と比較すると、非常に小さな器官です。しかし、脳幹は呼吸や体温、心拍、血液循環の維持など、生命活動の根幹を支えるきわめて重要の役割を担っています(図参照)。

 それに加えて、もう一つ見逃せない働きがあります。病気を治す「自己治癒力」にも大きくかかわっている点です。私は長年、ガンや生活習慣病、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性の病気など、多くの慢性疾患の患者さんを診てきましたが、これらの病気の根本原因は「脳幹の機能低下による、自己治癒力の弱体化にある」と私は考えています。

 自己治癒力とは一般に自然治癒力とも言いますが、私は「自分で治す」という意味を込めて、自己治癒力と言っています。
 自己治癒力は次の4つに支えられています。
①内臓や血管を意思とかかわりなく調整している自律神経系
②病原体や異常な細胞から体を守る免疫系
③内臓の働きを調整するホルモン分泌を司る内分泌系
④姿勢や運動を司る脊髄筋肉系

 脳幹は、これらの司令塔として機能しています。脳幹が正常に働いていれば、例えば、体内に病原菌が入ってきたり、ガン細胞のような異常な細胞ができたりしても、4つのしくみが働いて自己治癒力が発揮され、病気を防いだり、健康を回復したりできるわけです。
 逆に脳幹の機能が低下していると、自己治癒力が働かなくなり、病気になったり、不快症状が出やすくなったりするわけです。

 脳幹を弱体化させる原因の1つが、頸椎(首の骨)のゆがみです。脳幹は、一部が頸椎の中にはまり込んだ状態で位置し、脊髄とつながって全身の働きを調整しています。姿勢が悪い状態が続くなどすると、脳幹がはまり込んでいる後頭骨、第1頸椎と第2頸椎の間にゆがみが生じます。
 頸椎がゆがむと、その内部にある脳幹は圧迫されます。また、首の後ろ側の動脈もねじれ、脳幹への血流が阻害されます。こうなると脳幹は正常に機能しなくなり、自己治癒力の低下につながっていきます。

 病気や体調不良に悩む人は、間違いなく後頭骨と第1、第2頸椎の間にゆがみがあります。私の診療所では、頸椎のゆがみを矯正して、脳幹を活性化する「脳幹療法」を行い、さまざまな病気に治療効果を上げています。
 この脳幹療法の理論から家庭用のケアとして考案したのが、冒頭でお話しした首を温める方法です。私はこれを自分でできる「脳幹マッサージ」のやり方の1つとして、患者さんにも勧めています。

「白髪が減って黒髪が増えた」「円形脱毛症が治った」

 後頭部の髪の生え際の下、右耳の後ろから左耳の後ろにかけてのエリアを「脳幹ゾーン」と言います。この部分に温熱刺激を与えることで、首の筋肉を効果的に緩め、頸椎のゆがみを解消することができます。

 頸椎のゆがみが解消すれば、おのずと脳幹が正常に機能するようになり、自己治癒力も戻って、あらゆる病気や不調が改善していきます。
 首を温めることにはもう1つ、リラックス時に働く副交感神経を優位にし、自律神経のバランスを整える効果もあります。副交感神経を優位にすることで、ストレスから解放されて体をリラックスし、また血流がよくなる作用もあります。

 血流がよくなると、高血圧や心臓病など、循環器系の病気が改善します。また、実践者から「白髪が減って黒髪が増えた」「円形脱毛症が治った」などの声が聞かれますが、これは頭皮の血流がよくなったことによります。
 首を温めることで自律神経のバランスが整うと、これに連動して白血球のバランスもよくなり、免疫力を高めることができます。これは実際にデータを取って、効果を証明しています。

 また、首を温めることは、心のケアにもなります。職場の人間関係が原因で、気分の落ち込み、不眠、食欲低下、不安感に悩まされていた女性は、首を温めるように指導すると、少しずつ気分が穏やかになり、ストレスがたまりにくくなりました。さらに続けるうちに食事がおいしく感じられるようになり、さまざまな不調も解消しました。

 寒い季節は、全身にこりや痛み、しびれが生じやすくなります。首を温めることで、このような不快症状の予防・改善にもなります。ぜひペットボトルや蒸しタオルを使って、首を温めるようにしてください。

脳幹の機能を活性化させる「首の温め方」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

「豊かで幸せになることを自分に許可できていない」ということを「メンタルブロック」といいます。いったいどうしたらメンタルブロックが外れるのかしら?私は必死になってその方法を探しました。その方法はとってもカンタンなことでした。しかも0円(タダ)でできることだったのです。【解説】田宮陽子(エッセイスト)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)