【自分で治せる】キーンという耳鳴り、突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

【自分で治せる】キーンという耳鳴り、突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

2003年末、Aさんは突然、右耳の聞こえが悪くなりました。常に「キーン」という耳鳴りがして、ほかの音が聞き取りにくくなったのです。病院で検査したところ、突発性難聴と診断されました。突発性難聴は、通常、左右どちらか一方の耳の聞こえが悪くなります。【症例報告】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長)


耳鼻科の治療でも回復せず

 2003年末、Aさんは突然、右耳の聞こえが悪くなりました。常に「キーン」という耳鳴りがして、ほかの音が聞き取りにくくなったのです。病院で検査したところ、突発性難聴と診断されました。 

 突発性難聴は、通常、左右どちらか一方の耳の聞こえが悪くなります。内耳(耳の最も内側にあたる部分で平衡聴覚器の中心)へのウイルス感染や、内耳の血液循環障害が発症原因として有力視されていますが、まだはっきりとはわかっていません。治癒が難しく、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病です。

 Aさんは、耳鼻科と脳神経外科で治療を受けたり、整体などを試したりしましたが、症状は改善しませんでした。あきらめかけた頃、雑誌で当院を知り、セルフケアのアドバイスを希望して受診されました。

→「脳幹マッサージ」のやり方はコチラ

片頭痛も消失

 初診時は、脳幹マッサージのやり方を覚えることも兼ねて、施術者がAさんに脳幹マッサージを行いました。すると、施術直後、これまで耳の中で響いていた音が半減し、耳の聞こえが顕著によくなりました。久しぶりに耳が聞こえるようになったAさんは、本当にうれしそうで、表情が別人のように明るくなりました。

 この経験がよほど強烈だったようで、首を温めるなどの脳幹マッサージを自宅で熱心に行うようになりました。1カ月に1回、施術者による脳幹マッサージを受けに診療所を訪れていましたが、普段はセルフケア単独での養生に励んでいました。

 毎日15分、就寝前に脳幹マッサージを続けたところ、2005年3月には、それまでたびたび起こっていた片頭痛が消失し、同年5月になると、耳鳴りも片頭痛も、ほとんど気にならない程度まで回復しました。

 脳幹マッサージの効果を実感したAさんは、「頸椎(首の部分の背骨)を手技で調整する脳幹療法も試してみたい」と、2005年10月、初めて脳幹療法を受けました。その1回の施術後、99%症状が消失。脳幹療法はこの1度きりで、その後はセルフケアを1日おきに15分行うことをアドバイスして、治療を終了しました。しばらくして近況を連絡してくれましたが、耳鳴りなどは再発していないということでした。

自律神経のバランスが整ったことが回復につながった(海風診療所院長・周南病院理事長 沼田光生)

 私は、突発性難聴の発症には、ストレスによる血流障害がかかわっていると考えています。ストレスは血管を収縮させる働きのある交感神経を刺激します。首を温めることで副交感神経を優位にすると、内耳の血流が回復して、その結果、耳鳴りや聞こえの悪さが解消したのだと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

アトピー性皮膚炎は、皮膚だけの病気と思うのは大きな間違いです。全身の健康状態がよくないために、それが皮膚の症状となって現れているのです。患者さんの全身の健康状態を確かめる指標としているものがあります。それは下あごの骨の内側にある「顎下リンパ節」に痛みがあるかどうかということです【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


 【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

更年期障害は、たいていの場合、自律神経の乱れと冷えが原因で起こります。「体がだるい」「疲れやすい」「めまいがする」「ふらつく」などの症状がある人は、足腰が冷えています。加えて、冷えから生じる関節痛などの不調に悩む人も少なくありません【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング