ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


ふくらはぎが冷たい人は血管が詰まりやすい

 不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。
 これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。おなかが冷えて血流が悪くなると、卵巣や子宮の機能が低下してしまうからです。

 卵巣は、子宮の左右についている親指の頭ほどの臓器です。ここから女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が分泌され、月経周期がつくられます。おなかが冷えて卵巣機能が低下すると、生理痛がひどくなったり、女性ホルモンの分泌が低下して更年期障害のような症状が出たりするのです。
 また、子宮が冷えると、血栓を溶かす酵素が働きにくくなり、血液の塊ができやすくなります。さらに、血流が低下すると、子宮筋腫もできやすくなるのです。

 ですから、おなかを温めることはとても大事です。しかし、それよりも、もっと効率よくおなかを温める方法が、ふくらはぎを温めることです。

 ふくらはぎとおなかの関係がピンと来ないかもしれませんが、この二つは密接につながっています。
 ふくらはぎの奥には、後脛骨動脈と足背動脈という太い動脈が通っています。心臓から押し出された血液は、これらの動脈を通って細胞に酸素や栄養を届けたあと、老廃物を回収して静脈に入り、心臓に戻ります。
 しかし、ふくらはぎが冷えると、これらの血管が詰まりやすくなり、流れが悪くなります。おなかにも血液が巡りにくくなって、卵巣や子宮が冷えてしまうのです。

 足の血流は歩くことでも改善しますが、筋肉の少ない人や、あまり歩けない人は、まず、ふくらはぎを温めてください。
 ふくらはぎを温めると、動脈や静脈の血管が開き、血液量がふえて、流れがよくなります。さらに、自律神経のうちの、リラックス時によく働く副交感神経が優位になり、全身の血管が開きやすくなります。

 もう一つのメリットは、温められた血液が全身を巡れば、おなかを内側から温められることです。
 このように末端の詰まりをなくし、血流をよくすると、おなかの血流が改善し、子宮や卵巣をしっかり温めることができるのです。

自律神経が調整されストレス性の症状緩和

 東洋医学の観点からいっても、ふくらはぎを温めることは大事です。ふくらはぎには重要なツボがたくさんありますが、とりわけ婦人科疾患に関係が深いのが、三陰交というツボです。
 三陰交は、内くるぶしから指幅4本分上にあるツボです。ここは3本の経絡(「生命エネルギー」といわれる気の通り道)が交わる点で、それらの経絡はすべて、おなかの下部につながっています。

 三陰交は、紀元前1200年に書かれた東洋医学の聖典、『黄帝内経』にも記述があるほど、古くから使われてきた重要なツボです。このツボを温めると、おなかが温まることがわかっています。
 婦人科疾患は、おなかを温めることでほとんどが改善します。古い血の滞りによる病気を、東洋医学では「瘀血症」と呼んでいます。温めて血流がよくなると、血管の中に滞っていた老廃物が排出され、瘀血の状態が解消するのです。また、温めると自律神経も調整され、ストレス性の症状が和らぎます。

 ふくらはぎの温め方にはいろいろありますが、だれにでも手軽にできるものを二つご紹介します。

① ドライヤーで温める

 足首からひざの下まで、ふくらはぎをまんべんなくドライヤーで温めます。特に、三陰交はよく温めてください。おなかがポカポカするまで、温めるといいでしょう。靴下の上からドライヤーを当てると、ヤケドの心配がありません。足に直接当てるときは、温度と距離に気をつけてください。

② 使い捨てカイロで温める

 ふくらはぎの真ん中から上のほうに、ふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋と腓腹筋)がついています。この筋肉が少ない人は、いくら歩いても、ふくらはぎが温まりません。ですから、その筋肉の上に使い捨てカイロを貼って、筋肉を直接温めましょう。
 ふくらはぎの筋肉がある人は、その下のアキレス腱に貼ってください。アキレス腱は婦人科疾患を防ぐ重要な場所ですが、温まりにくいのです。

 カイロを肌にじかに貼ると低温ヤケドをするおそれがあるので、長めの靴下や厚手のタイツをはいた上から貼るといいでしょう。
 靴下をはいて汗をかいたのを、そのままにしておくと、よけいに足が冷えます。靴下は、こまめにはき替えてください。
 なお、かかとがザラザラしている人、手の指の爪に横線がある人も、卵巣や子宮の血流が悪くなっています。そういう人も、ふくらはぎを温めるといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ED・性力減退】改善には○○でアキレス腱のツボを温めよ!生殖機能も感度も高まる

【ED・性力減退】改善には○○でアキレス腱のツボを温めよ!生殖機能も感度も高まる

アキレス腱を温めることは、下半身の血行促進にもなります。そして、継続して下半身の血行を促せば、生殖機能もアップし、EDや性力減退の改善につながります。また、女性は、感度も高まるうえ、女性器疾患の予防にも役立つでしょう。【解説】古賀直樹(中野坂上治療院院長)


【生理痛が改善】鎮痛剤なしでは動けなかった重い生理が1回の「骨盤ゆらゆら」で軽快した!

【生理痛が改善】鎮痛剤なしでは動けなかった重い生理が1回の「骨盤ゆらゆら」で軽快した!

私は高校生の頃から生理痛がひどくなり、生理になると、特に2日目、3日目は鎮痛剤を飲まないと学校にも行けませんでした。子宮のあたりをギュッとつかまれたような痛みが続き、動けなくなるほどのつらさだったのです。【体験談】高橋あい(37歳・医療事務・埼玉県)


【子宮筋腫・卵巣嚢腫】が改善する「足の指もみ」 産婦人科医の私が患者の「足」を見る理由

【子宮筋腫・卵巣嚢腫】が改善する「足の指もみ」 産婦人科医の私が患者の「足」を見る理由

私は、足と生殖器は相関していると考えています。足に足首があるように、子宮にも「首」を表す「頸」の文字がついた子宮頸部があります。ふくらはぎを子宮体部、足首を子宮頸部、足先を卵巣ととらえるのです。足指の変形が改善すると、婦人科の病気にもいい影響を与えます。【解説者】佐々木綾(AYAウイメンズクリニック院長)


【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【生理痛・月経過多が改善】おりものの量が減った!女医考案「おまたカイロ」初公開

【生理痛・月経過多が改善】おりものの量が減った!女医考案「おまたカイロ」初公開

冷えが子宮に大きな影響を与えることに気づいたのは医学部に入学してから。手足の冷えやおなかの冷え、さまざまな冷えが重なり子宮を冷やすのです。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、不妊、これらすべての根源は子宮の冷えが原因と言っても過言ではありません。生理痛や月経過多もそうです。【解説】駒形依子(こまがた医院院長・産婦人科医)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング