【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


精神治療の現場でも役立っているウォーキング

 精神科の病院やクリニックは、自分には関係ない特別な場所と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
 ストレスがたまって体調がおかしくなる。世の中の変化についていけずに気がめいる。理由が曖昧なまま落ち込んだ気持ちになる。会社を休みたいと思う。こうした漠然とした疲れや不安の延長線上に、うつ病や不安障害などに発展する可能性があるのです。

 こうした心の病気に対する治療法の1つとして、1980年代後半からウォーキングが導入されました。運動不足や消極的な生活パターンになりがちな精神科の患者さんに歩いてもらうことで、体力の向上とともに、ストレスの解消や日常の生活パターンの改善を目指すことができます。
 ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。

うつ病や不安障害がコントロールしやすくなる

 実際に私が治療にウォーキングを導入した、28人の男女の患者さんの調査結果を紹介しましょう。28人のうち、病気の症状が重い人はほんの数人です。ほとんどの人は病的な症状も目立ちません。
 無理のないウォーキングを指導した以外は、特別な運動メニューなどは強制していません。必ずしてもらったことは、事前に心肺機能をチェックすることぐらいです。そのうえで、患者さんにいくつかのことを提案してみました。

 いつもより歩幅を広くとってみたらどうですか、ウォーキング用の靴を用意してはどうですか、地図や歩数計を使ってみたらどうですか、といったことです。あとは患者さんの自主性に任せました。
 その結果は表1のとおりです。28例のうち18例までが、精神科の治療にウォーキングを併用することで、病気の症状が軽快または改善しました。悪化したのは、足の関節を故障した1人だけです。

 それでは、個別の患者さんの例を見てみましょう。
●うつ病
 52歳の主婦。当初ウォーキングに乗り気でなく、歩き始めて1週間で中断しました。しかし、自宅付近の地図を片手に再度挑戦し、近所でも知らない店があることを発見。それからウォーキングに興味を覚え、着実に歩く範囲が広がりました。また、焦ったり、せっぱ詰まった気持ちになったりすることが減り、気持ちに余裕が持てるようになりました。

●不安障害
 24歳の女性コンピュータープログラマー。職場の上司の小言に緊張するあまり、手の震えが出始めました。診療中はごく普通の女性という感じでしたが、手の震えの話題には敏感な態度を示しました。ウォーキングを勧めた当初は拒絶的でしたが、実はひそかにウォーキングを始めていました。1年後、職場での他人に対する緊張感は以前とそれほど変わらないものの、仕事への積極性が感じられるようになりました。

●統合失調症
 25歳の男性。まず父親がウォーキングに興味を持ち、患者本人を誘いました。その後も、週末にはハイキングをかねて、家族そろってウォーキングを続けました。後には、近所を散歩するようにもなります。その結果、体重はウォーキング開始前の72 kgから65 kgに。おしゃれを楽しみ、活発になり、家庭全体が明るくなりました。

 以上の結果から言えることは、ウォーキングで体力が養われて健康になり、さらに精神面にも大きなプラスになるということです。

 また、毎日ウォーキングをすることで、規則正しい生活を送れるようになります。さらに、自分で決めた距離を歩き遂げることによって、達成感や精神の調整、自己管理の快感が得られるのです。

地図や歩数計の活用で歩く意欲が増す

 このように、ウォーキングは心の健康にすばらしい効用があります。歩数計を利用して目標歩数を決めて歩数を伸ばしていけば、達成感や満足感も得られます。

 まずは、地図を片手に家の周囲から路地裏ウォッチングのつもりで歩き始めてはどうでしょうか。新たな発見の喜びは、行動範囲を広げていきます。また、家族やグループで歩けば、お互いのコミュニケーションも深まるでしょう。

 行動範囲が広がると、新たな人や物と触れ合うことになります。すると、人は積極的な性格になり、他人とのコミュニケーションも円滑になっていくものです。

大西 守
1952年、東京都生まれ。東京慈恵会医科大学大学院博士課程修了。80~82年、フランス政府給費留学生としてパリのサンタンヌ病院に留学。現在、日本精神保健福祉連盟常務理事。日本外来精神医療学会理事長、日本スポーツ精紳医学会常任理事、日本産業精神保健学会常任理事など、多くの学会の要職を兼務。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

トラウマ(心の傷)とは、つらい体験を受けたとき、気持ちの整理がつかなかった、いわば「未処理の記憶」です。動悸や過呼吸、パニックといったPTSDを引き起こします。今回は臨床心理士の立場から、脳に直接働きかけ「再処理」を促し、「心の傷」を消す方法を紹介します。【解説】藤本昌樹(東京未来大学こども心理学部准教授・臨床心理士)


【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

ギックリ腰などの非特異的腰痛は、重い病気や障害が原因ではないので、焦って病院に行く必要はありません。生活習慣の改善などで、自分で治せる腰痛と考えていいでしょう。私は、非特異的腰痛の患者さんに、「運動で腰痛を治すこと」をお勧めしています。【解説】矢吹省司(福島県立医科大学整形外科教授)


【不眠症】眠れない悩み“不眠恐怖”とは?服薬する前に知っておきたい「睡眠の定義」

【不眠症】眠れない悩み“不眠恐怖”とは?服薬する前に知っておきたい「睡眠の定義」

寝付きが悪い、夜中に何度も目が覚める――。日本人の5人に1人は、こんな睡眠の悩みを抱えているといわれています。「自分は不眠症だ」と思っている人もいるでしょう。しかし、必ずしも「眠れない」=「不眠症」とは限らないのです。【解説】小曽根基裕(東京慈恵会医科大学精神医学講座准教授)


【認知症】歩かない人ほどなりやすい?糖質制限とウォーキングで予防・改善できる!

【認知症】歩かない人ほどなりやすい?糖質制限とウォーキングで予防・改善できる!

認知症は何をすれば予防・改善できるのでしょうか。海馬は、新しい出来事を記憶する場所です。認知症の最大の特徴は、この新しい出来事を忘れてしまうことにあります。ですから、海馬の血流が増える「ウォーキング」が非常に重要なのです。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)