【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

「心が軽くなる」食べ物と聞いて、違和感を覚えるかもしれません。でも、食べ物で細胞が若返って体が軽くなれば、自然に心も若返って軽やかになります。問題は、科学的な裏付けを元に、どの食品にその可能性があるか。私たちが着目している食品が「納豆」です。【解説】早田邦康(自治医科大学大学院准教授)


納豆のポリアミンが細胞を若返らせる

 「心が軽くなる」食べ物と聞いて、違和感を覚えるかもしれません。でも、食べ物で細胞が若返って体が軽くなれば、自然に心も若返って軽やかになります。
 問題は、科学的な裏付けを元に、どの食品にその可能性があるか。私たちが着目している食品が「納豆」です。

 納豆や大豆に健康効果が期待できるという研究結果は数多く存在します。では、納豆や大豆の中のどんな成分が、その原動力なのか。その疑問に対する有力な解答として、近年注目を集めているのが、納豆に多く含まれる「ポリアミン」という成分です。

 ポリアミンは私たちの体内でも合成される物質で、体に不可欠なものです。私たちは、1990年代の終わり頃にポリアミンとアンチエイジングの関係に気づき、その研究成果を報告してきました。

老化した遺伝子も若い人の状態に戻す

 ポリアミンの働きを理解するうえでのキーワードは、「細胞の若返り」です。老化や生活習慣病の原因は、私たちの体内で発生する「酸化ストレス」が引き起こす「さび」が原因と考えられています。

 この「酸化ストレス」を発生させるのは「炎症」です。つまり、生活習慣病を予防し老化を防ぐためには、出てしまった「酸化ストレス」という火の粉を消すより、「炎症」を防いで、火の粉が出ないようにするほうが合理的です。
 炎症は、リンパ球などの免疫細胞が引き起こします。体内に侵入した細菌などの異物を免疫細胞が攻撃した結果、炎症が起きるのです。例えば、ニキビが赤く腫れ上がって痛みを感じる状態です。

 生活習慣病の原因となる慢性炎症も免疫細胞が引き起こしますが、慢性炎症はなんの症状もなく、徐々に体の中で起きます。そして、この慢性炎症は、年を取るごとに起きやすくなるのです。なぜなら、免疫細胞が年を取るからです。

 若い人の免疫細胞はパワーがあるぶん、ふだんは余裕があり、多少のことには反応しません。しかし、老人の免疫細胞は弱いので、いつも警戒状態で、ちょっとした異常にも反応してしまうのです。その結果生じる慢性炎症が生活習慣病の原因になるのです。

 ポリアミンは免疫細胞を力強い若い人の状態にして、慢性炎症が起きにくい体を作ってくれます。

 さらに、最新の私たちの研究では、ポリアミンが遺伝子をも若い人の状態にすることがわかりました。年を取ると徐々に遺伝子も年を取ります。それは、写真が古くなると「セピア色になる」ことに似ています。そして、遺伝子がセピア色になることが老化や生活習慣病の原因となるのです。

「見た目」も「寿命」も明らかに違う!

 ポリアミンによるアンチエイジング効果は、上にある2枚のマウスの写真で一目瞭然です。ポリアミンを多く食べたマウスは、毛並みもよく、年を取っても元気で長生きだったのです(図1のC)。”見た目”と”寿命”という2つの観点から、アンチエイジング効果が明らかだと言えるでしょう。

 一般的に、豆類には高濃度のポリアミンが含まれています。代表格は大豆です。また、発酵のように微生物が増える過程で、ポリアミンはたくさん作られます。

 図2は、成人男子が毎日1パック程度の納豆を食べ続けた結果、ポリアミンの血中濃度が上がることを明らかにしたものです。高ポリアミン食は、納豆のほかにもありますが、実際に食べることで、体内のポリアミンの濃度が上がることを確認できているのは、今のところ納豆だけです。

 年を取ると、ポリアミンは体内で作られにくくなります。慢性炎症を起こしやすい免疫細胞になり、遺伝子はセピア色になります。
 でも、だいじょうぶ。ポリアミンは食べ物から補給できることが実証されているのです。
 日頃の食生活の中で、納豆などの高ポリアミン食(日本食)を食べる習慣をつけること。それによって、老化や病気への不安や心配が少しでも緩和されれば、それだけ心も軽くなると、言えるかも知れません。

早田邦康
1980年、自治医科大学医学部卒業後、9年間の離島へき地勤務。その後、自治医科大学附属さいたま医療センター勤務などを経て、現在は自治医科大学大学院准教授。ポリアミンと免疫の研究を行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


納豆 ポリアミン 遺伝子

関連する投稿


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

目の血流が悪化すると、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然ものが見えなくなるなど、重い症状が生じることもあります。網膜の血管が詰まる病気を、「網膜血管閉塞症」といいます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【納豆の血栓溶解効果】納豆は血栓を溶かす唯一の食べ物!ナットウキナーゼの作用

【納豆の血栓溶解効果】納豆は血栓を溶かす唯一の食べ物!ナットウキナーゼの作用

動脈硬化を改善し高血圧を予防する納豆。血液をサラサラにして、血栓(血の塊)ができるのを予防する食品は、数多くあります。タマネギやニンニク、イワシやサバなど青魚がよく知られています。しかし、できてしまった血栓を溶かす食品は、現在のところ、納豆だけしか確認されていません。【解説】二宮淳一(心臓血管外科名誉専門医)


最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

アカモクとは、北海道東部を除き全国に分布している海藻です。最近では、大手スーパーでも売られるようになりました。アカモクには便秘を解消する効果だけでなく、内臓脂肪を減らす効果、糖尿病の改善効果、ダイエット効果、免疫力を高める効果も期待できるからです。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授・農学博士)


【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

眼科医である私が、患者さんに広く勧めている食品があります。それは、納豆です。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。これは、網膜の血管が血栓(血の塊)などによって詰まる病気です。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング