【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

私は、整形外科医ではないので、「ひざ痛」については、門外漢です。ところが、長年、治療を続けてもよくならない、手術を勧められている、そういうかたのひざ痛が、私が考案した「筋膜はがし」でたちまち軽快したという例があるので、ご紹介したいと思います。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


筋肉を覆う膜を伸ばし痛みやコリを取り除く

 私は、整形外科医ではないので、「ひざ痛」については、門外漢です。ところが、長年、治療を続けてもよくならない、手術を勧められている、そういうかたのひざ痛が、私が考案した「筋膜はがし」でたちまち軽快したという例があるので、ご紹介したいと思います。

 私が診療を行う心療内科には、さまざまな悩みを持つ患者さんが来られます。不眠やうつはもちろんのこと、原因不明の痛みやしびれ、倦怠感、便秘、下痢、腰痛、ひざ痛、肩こりなど、心身の不調を複数抱えている人も少なくありません。
 そうした不調を少しでも和らげられないかと、私は長年、患者さんが自分でできるセルフケアを考えてきました。

 その一つが、今回ご紹介する筋膜はがしです。これは、平たくいうと、筋肉を覆っている筋膜(後述)を伸ばして、痛みやコリを取り除くストレッチです。
 以前から私は、漠然と、全身は膜でつながっているのではないかと感じていました。

 例えば、リラックスして横になっているとき、足の指を曲げると、手の指にその動きを感じます。あるいは、首すじに手を当て、まぶたを閉じて目を左右に動かすと、目の動きに合わせて首すじが動くのがわかります。
 そういう体験があり、筋肉や筋膜のことを調べるうちに、漠然とした感覚は確信に変わりました。体は、全身くまなく、膜のようなものでつながっているのです。そして、体のどこを伸ばせば、別のどこが伸びるという関係性までわかってきました。そうした経験の積み重ねから完成したのが、筋膜はがしです。

 私はこの筋膜はがしを、当院を受診する患者さんにもやってもらいました。すると、ほとんどの人が、リラックスできて気持ちがいいと答えられます。
 特に、過度の緊張でうつ症状のある人に効果が顕著でした。そういう人は、心だけでなく体も緊張しており、ひざや腰、肩などに痛みやコリがあります。

 しかし、筋膜はがしで筋膜がほぐれると、体の緊張が取れて、うつや不眠の症状が改善する患者さんもいました。おそらく、心身の緊張がほぐれて、自律神経(内臓や血液の働きを支配する神経)のバランスがよくなるのでしょう。

「足をゆっくり伸ばすだけで筋膜の癒着ははがれる」と荒木先生

半月板損傷によるひざ痛が軽快した!

 筋膜はがしを試すうちに、ひざや腰の痛みに劇的な効果があることがわかってきました。

 ひざ痛が改善したかたの例をご紹介しましょう。

●Aさん(82歳・女性)
 Aさんは、私の患者さんの母親です。2013年の11月20日、いつものように娘さんに同伴してきたAさんから、ひざが痛くて困っているという話を聞きました。
 ひざの痛みは何年も前からあり、通っている整形外科では、1年以上、痛みを抑えるヒアルロン酸注射を打ち続けてきたそうです。しかし、なかなかよくなりませんでした。そのうち、朝、布団から起き上がるのも難しくなり、娘さんがベッドを購入することになりました。
 Aさんの妹さんもひざが悪く、大きな病院で内視鏡手術を受けて痛みが軽くなったそうです。それを聞いてAさんも、手術を受けてみようと、同じ病院で診てもらいました。検査の結果、「半月板(ひざの円滑な動きを助ける、ひざ関節にある三日月型の軟骨組織)が傷んでいる」と医師からいわれ、年明けに手術をする予定でした。

 そこで私は、試しに筋膜はがしを勧めてみました。Aさんは、半信半疑の様子でしたが、治療用ベッドに寝てもらい、私が痛みのあるほうの足をゆっくり伸ばすと、ひざが伸びて楽になったとおっしゃいます。そこで自宅で行う方法(筋膜はがし)を教え、試してもらうことにしました。

 2週間後、娘さんといっしょに来られたAさんが、「先生、ひざがいいみたいです」とうれしそうに報告してくれました。その後、痛みはさらに軽くなり、年明けの1月6日(1ヵ月半後)の病院の診察で、「痛みが軽くなったのなら、しばらく様子を見ましょう」と、手術は見送りになりました。その後、通院をやめていますが、ひざはほとんど問題ないそうです。

血管や神経が解放され痛みが取れていく!

 筋膜はがしをすると、どうしてこのようにひざの痛みが改善するのでしょうか。私は、次のように考えています。

 筋膜は、簡単にいうと、全身の筋肉や内臓、骨、血管などを覆っている薄い網目状の膜です。例えば、鶏肉を調理する際に確認することができます。肉の外側を覆う、薄い半透明の膜です。

 筋肉自体は、収縮か弛緩しかできず、みずから伸びることはありません。しかし、コラーゲンとエラスチンの二つの線維組織で構成された筋膜は、伸縮性や弾力性に富み、自由に伸び縮みできます。この筋膜の柔軟性によって、全身の筋肉をスムーズに動かすことができるのです。
 しかし、加齢や運動不足、悪い姿勢などによって、筋膜がかたくなったり、よじれたり、癒着したりすることがあります。その結果、筋肉の動きが悪くなり、筋膜の中の血管や神経の流れが滞って、コリや痛みが出てくると思われます。最近は、筋膜の中に痛みを感じる神経が多数あることもわかっています。

 筋膜はがしは、筋膜を伸ばして癒着した筋膜部分をはがし、伸縮性のある筋膜に戻すストレッチです。
 足をゆっくり伸ばすと、深部の筋膜まで引っ張られて、癒着した筋膜部分がはがれると考えられます。すると、圧迫されていた血管や神経が解放されて、痛みが取れていくのです。

 ひざの痛みも、ひざ周囲の筋肉を覆う筋膜の癒着が強くて起こります。筋膜を伸ばしてやることで、血液や神経の通りがよくなり、改善していきます。
 ひざ痛に有効な筋膜はがしは、とても簡単です(やり方は図解参照)。あおむけになって足をそろえ、足を片方ずつゆっくり10秒くらいかけて伸ばすだけです。
 伸ばす足側の骨盤を押し下げるようにして、足を伸ばします。コツは、体の力を抜き、かかとを意識して、遠ざけるようなイメージです。
 力を抜いてゆっくり伸ばすと、筋膜がくまなく伸びて、はがれていきます。足に力を入れて強く突っ張るように伸ばすと、表面の筋膜しか伸びません。
 また、足先を少し起こし、かかとを遠ざけるように伸ばすと、足の後ろ側の筋膜がよく伸びます。

 まっすぐ伸ばすだけでなく、足先を内側に向けて伸ばすと足の外側の筋膜、足先を外側に向けて伸ばすと足の内側の筋膜が伸びます。また、反対側の腕を足先のほうに下げて伸ばすと、さらに足の筋膜がよく伸びます。
 筋膜はがしは、痛い側の足だけ行ってもかまいませんが、予防のために両足行うことをお勧めします。まっすぐ、内側、外側を1セットとして、1回に2〜3セットずつ、1日数回を目安に行ってください。就寝前に行うと、寝つきがよくなるので特にお勧めです。

荒木隆次
 1975年、九州大学医学部卒業。同精神医学教室、産業医科大学、松尾病院副院長を経て、あらき心療クリニック開院。著者に『やせる!デルデル呼吸ダイエット』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚めて、ぐっすり眠れない」という不眠に加え、近年、「朝目覚めたとき、十分に眠ったという満足感がない」「体がだるく、頭もボーッとして、やる気が出ない」など、朝の目覚めの悪さを訴える人も増えているようです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング