【五十肩の改善】「腕の付け根をもむ」と腕が上がる!背すじが伸びる不思議

【五十肩の改善】「腕の付け根をもむ」と腕が上がる!背すじが伸びる不思議

五十肩の人は、肩を構成する肩甲下筋が腫れ、硬直していることが多いのです。大円筋を刺激すると、肩甲下筋のこわばりを緩めることができます。五十肩の人が、腕のつけ根もみをやると、その場で腕がスッと上がることもあります。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


→「遠隔刺激」についての解説はコチラ

つまずきや転倒を招く猫背の矯正に役立つ

背中の上部にある肩甲骨周辺は、血流が滞りやすく、こりやすい部位です。

肩甲骨周りのコリは、肩の不快感や、腕が上がりにくい、という症状で現れます。
また、上半身のだるさも、肩甲骨のコリが原因の場合が多いのです。

さらに、肩甲骨の周辺の筋肉が緊張すると、姿勢が悪くなり、猫背になる傾向があります。
背中が丸くなると、内臓が圧迫されて、食欲不振や便秘などを誘発するばかりでなく、つまずきや転倒の原因にもなります。

「年のせい」とあきらめず、いい姿勢を取り戻しましょう。
肩甲骨のコリの改善に最適なのが、腕のつけ根もみです。

大円筋は、腕のつけ根にあります。
大円筋をもむと、肩周りの9種類の筋肉に、同時に刺激が伝わります。

また、三角筋、棘上筋など、肩甲骨に付着する筋肉の拮抗筋となっているので、肩を構成する多数の筋肉を緩めることができるのです。
その結果、腕を上げやすくなって、姿勢もよくなります。
大胸筋も緩んで血流が改善するため、上半身のだるさも解消してきます。

五十肩(肩関節周囲炎)の改善にもお勧めです。

五十肩は、突然、肩関節に激しい痛みが生じます。
3〜6ヵ月で痛みは軽減しますが、肩関節の動きが悪くなり、肩や腕が上がらなくなります。

五十肩の人は、肩を構成する肩甲下筋が腫れ、硬直していることが多いのです。
大円筋を刺激すると、肩甲下筋のこわばりを緩めることができます。

五十肩の人が、腕のつけ根もみをやると、その場で腕がスッと上がることもあります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【医師解説】翌日に腕が真上に上がった!五十肩を改善する「わきもみ」のやり方

【医師解説】翌日に腕が真上に上がった!五十肩を改善する「わきもみ」のやり方

わきもみをやってもらった五十肩の患者さんの多くは、わずか1〜2ヵ月でよくなっています。痛みが軽減して、消炎鎮痛剤なども不要になります。上がらなかった腕が、1〜2週間で上がるようになった人も少なくありません。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

慢性的な痛みで来院する方の多くは、炎症が起こって痛んでいるわけではなかったのです。痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要です。「わきもみ」は大胸筋をほぐす手当て法で、大胸筋がこわばって起こる五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

手首、足首がかたいということは、手首や足首から先の血行が悪いということです。心臓は、その血流の悪くなっている末梢にも血液を送り届けようとします。 流れの悪いところに血液を届けるためには、心臓は余分に圧を高めなければなりません。結果として、血圧が上がることになります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング