【医師解説】テニスひじ、関節の痛みが軽快する 力こぶほぐしのやり方

【医師解説】テニスひじ、関節の痛みが軽快する 力こぶほぐしのやり方

上腕二頭筋の下端は、ひじ関節をまたぎ、橈骨と尺骨に付着しています。上腕二頭筋をもみほぐして、上腕の血流がよくなると、肩関節周辺とひじ関節周辺の血行がよくなります。その結果、患部の緊張が緩んで、ひじの痛みや肩のコリが軽減すると考えられるのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


痛くてさわれない 患部の緊張が緩む

いわゆる「テニスひじ」は、テニスでひじを酷使したとき生じやすいことからつけられた呼び名です。
しかし近年は、テニスとは無縁のかたが発症することも少なくありません。

原因は、いろいろ考えられます。まずは、加齢によるもの。
また、本人が意識していないものの、なんらかの作業で手や腕を酷使しており、それがひじの痛みを引き起こしているケースもあります。

さらに、リウマチの場合もあります。リウマチの炎症は、手足の指ばかりではなく全身に及びます。
なかでも、炎症の起こりやすい場所として、ひじ関節が挙げられます。

原因がなんであれ、ひじの炎症は痛みが強いため、直接ふれたり、マッサージしたりすることは難しいでしょう。
そんなとき、覚えておくと大変役に立つのが、力こぶほぐしです。

力こぶの筋肉(上腕二頭筋)の下端は、ひじ関節をまたぎ、前腕の二つの骨(橈骨と尺骨)に付着しています。
上腕二頭筋をもみほぐして、上腕の血流がよくなると、肩関節周辺と、ひじ関節周辺の血行がよくなります。

その結果、患部の緊張が緩んで、ひじの痛みや肩のコリが軽減すると考えられるのです。

42歳の女性Fさんはリウマチで来院しました。

右ひじは痛みが非常に強く、指先を動かすのもつらいとのこと。
ひじ関節を直接刺激することは、とてもできませんでした。

そこで、力こぶほぐしを指導し、自宅でも実践してもらいました。
すると、1ヵ月ほどで、ひじの痛みが軽快し、指も動かせるようになったのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

腸に炎症が起こると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまいます。すると、体の中で免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそくなどのアレルギー性疾患や、関節リウマチ・潰瘍性大腸炎・クローン病などを引き起こしてします。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

「やりすぎると害はある?」「薬指はもんでいいの?」爪もみの疑問にズバリ回答!爪もみは、ときとして劇的な変化をもたらすことがあります。とはいえ、この療法の基本は、小さな変化を積み重ねながら、少しずつ体調を向上させることです。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【手首の腱鞘炎】痛み解消には「直接揉む」のはNG!炎症は「遠隔刺激」で鎮静できる

【手首の腱鞘炎】痛み解消には「直接揉む」のはNG!炎症は「遠隔刺激」で鎮静できる

指を伸ばせない、曲がらないなど、腱鞘炎の症状は、つらいものです。痛みが出ているときは、手のひらや手首の筋肉や腱がこわばり、炎症が起こっています。炎症のある患部を直接刺激するのは得策ではなく、むしろ、大本のコリを取ってやることが大事なのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長自律神経免疫治療研究所所長)


【看護師】リウマチの症状に悩む私の「心の持ちよう」が変わった 笑いヨガに感謝

【看護師】リウマチの症状に悩む私の「心の持ちよう」が変わった 笑いヨガに感謝

リウマチの症状は、主に関節痛です。特に私の場合、手首や足首、肩、首などに、激しい痛み、腫れ、むくみが現れていました。さらに、全身の倦怠感にも襲われます。症状の変動も激しく、気圧が低下すると悪化するなど、天候や季節にも左右されます。【解説】池田由紀(名古屋市立大学看護学部准教授)


【起立性調節障害も改善】副腎の疲れを取りストレスに強くなる「すりこぎ指圧」

【起立性調節障害も改善】副腎の疲れを取りストレスに強くなる「すりこぎ指圧」

川本治療所は、私の祖父・川本重雄が昭和11年に開院しました。内臓を回復させる指圧法を確立した祖父のもとには、政財界から多くのかたが通い、歴代の総理大臣や閣僚の体を診てきた実績があります。【解説】川本正己(柔道整復師・川本治療所院長)


最新の投稿


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

これまで健康雑誌『安心』で何度かご紹介してきましたが、最近、ツイッターで小指シップが話題になっていると聞いてびっくりしています。小指シップで不眠や疲労が改善したというツイートに、フォロワーが盛り上がっているそうです。【解説】安田譲(安田医院院長)


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング