【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。【解説】平柳要(元日本大学医学部准教授・医学博士)


9割以上の人の症状が1週間で緩和した!

 今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。
 そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。それは、「ショウガ」と「赤ブドウの皮」です。

 これらの効能をお話しする前に、花粉症のメカニズムについて、ごく簡単に説明しておきましょう。
 花粉が体内に入り、異物と認識されると、リンパ球のB細胞で免疫グロブリン(IgE)抗体が大量に作られます。このIgE抗体が、粘膜にあるマスト細胞(肥満細胞)に付着し、そこにやってきた花粉と結合すると、マスト細胞が活性化され、アラキドン酸が遊離されます。
 このアラキドン酸から、ロイコトリエン、プロスタグランディンという物質が生成され、鼻づまり、炎症、痛み、むくみといった症状を引き起こします。

 また、別ルートでマスト細胞からは、ヒスタミンという物質が分泌され、くしゃみ、鼻水、かゆみなどを引き起こします。
 これまでにショウガが、このメカニズムの中で、ロイコトリエンとプロスタグランディンの生成、ヒスタミンの分泌を抑制することはわかっていました。

 そこで昨年、私は主にショウガ粉末でできたサプリメントを作り、花粉症の症状が出た12名(30〜50代の男性9名、女性3名)に1週間飲んでもらいました。すると、なんと重症だった1名を除いた11名の症状が緩和したのです。
「くしゃみや鼻水が出なくなりました。目のかゆみだけは少し残りましたが、薬と違って眠くならないのがとてもよかったです」これは、女性の体験者からいただいた感想です。

 わずか1週間で、このような素晴らしい結果が出て、私は「ショウガが花粉症の根本的な原因をも抑えるのではなかろうか」と考えました。
 そして、いろいろと最新の文献を調査したところ、ショウガがIgE抗体の産生を抑制する、という研究論文を発見したのです。それは、パリ第五大学医学部で行われた実験でした。IgE抗体の産生が、ショウガの水抽出物を取ることで、約35%抑制されます。
 この調査のさいに、赤ブドウの皮の渋味成分(レスベラトロール)にも、同様の働きがあることがわかりました。韓国の生命工学研究院で行われた実験です。ブドウの皮によって、IgE抗体の産生が50%ほど抑制されています。

 また、ブドウの皮にもショウガと同様に、ロイコトリエン、プロスタグランディン、ヒスタミンを抑制する効果があることも研究で確認されています。
 つまり、ショウガとブドウの皮は、花粉症の症状を抑える対処的な働きと、花粉症を引き起こす原因物質(IgE抗体)の産生を抑える働きの、両方を併せ持つということです。
 なお、これら二つの成分は、花粉症だけでなく、ダニなどによるアレルギー性鼻炎やぜんそくの改善にも効果的であることが明らかになっています。

花粉が飛ぶ1週間前から取るのがお勧め

 ブドウの皮の渋味成分は、赤ワインや100%の赤ブドウジュース、干しブドウなどに含まれていますから、花粉症の気になる人は、ショウガと一緒に取るといいわけです。

 1回に取る量は、生のショウガ5~6g、赤ワイン50〜60㎖(赤ブドウジュースなら100㎖)、干しブドウ20個が目安です。これらを1日3回、毎食前に取るといいでしょう。
 アルコールは、花粉症を悪化させる危険性がありますから、赤ワインは必ず火にかけて、アルコールを飛ばすようにしてください。

 甘味が欲しい人は、黒砂糖かハチミツを好みで加えてもけっこうです。
 赤ブドウジュースや干しブドウでも構いません。ただし、赤ブドウジュースは赤ブドウ100%のものでないと、皮の渋み成分が十分に入っていないので、注意してください。

 最後に、さらに花粉症の改善効果を高めたいなら、サプリメントのマリアアザミ(シリマリン、ミルクシスルなど)も取ることをお勧めします。
 マリアアザミは肝機能の改善によいとされるものですが、IgE抗体の産生を抑制するので、花粉症の症状の軽減も期待できます。これも1日3回に分けて取るといいでしょう。

 ショウガ赤ワイン、ショウガ赤ブドウジュース、あるいはショウガと干しブドウは、花粉が飛ぶ1週間前から取ると、予防効果も期待できるのでいいでしょう。ぜひお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

「だしくらい取れないとなぁ」ここ数年、私は心のどこかでそう思っていました。私がだしを取るのは年2回。そんな私が、一昨年、ついに憧れの「だし生活」を始めたのです。きっかけは、年末に札幌の実家に帰省したとき、母が作ってくれた年越しそばが、ものすごくおいしかったことでした。【解説】梅津有希子(ライター・編集者・だし愛好家)


【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

ダイエット飲料としてお勧めしたいのが、シソ酢を水で薄めて飲む「シソ酢ジュース」です。シソ酢ジュースを1〜2ヵ月飲んで、4〜5kgやせた人は少なくありません。シソ酢ジュースで肥満を防止し、若々しい肌を手にいれてください。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)