黒酢とバナナ【EDの克服に】熟成バナナの酵素が勃起不全を改善する効果あり

黒酢とバナナ【EDの克服に】熟成バナナの酵素が勃起不全を改善する効果あり

バナナには、酵素や食物繊維、ビタミン類、ミネラル類、ポリフェノールやβ−カロテンといった抗酸化物質、オリゴ糖、アミノ酸など、豊富な健康成分を含みます。バナナの健康効果をさらに高めるのにお勧めなのが「黒バナナ」です。普通のバナナとの違いは酵素にあります。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長・医師) 


生命活動を担う代謝の働きを高める

 安価で1年を通して手に入りやすいバナナは、私たちにとって、なじみ深い食べ物でしょう。バナナは健康面から見ても、とても優秀な食材といえます。酵素や食物繊維、ビタミン類、ミネラル類、ポリフェノールやβ−カロテンといった抗酸化物質、オリゴ糖、アミノ酸など、豊富な健康成分を含みます。

 まさに栄養の宝庫といえるバナナですが、この健康パワーをさらに大きくアップさせる方法があります。それが「黒バナナ」です。

「黒バナナって何?」と思われるかたも多いでしょう。黒バナナとは、熟成して皮が黒くなったバナナのことを指します。季節や環境によって異なりますが、購入してから自宅で約1週間ほど経つと、皮の表面のほとんどが黒くなります。その状態が、黒バナナです。

 では、普通のバナナとは何が違うのでしょうか。
 それは、酵素の力です。
 酵素は、私たちの代謝の働きを高めるために、必要不可欠な成分といえます。食べ物から得た栄養素をエネルギーなどに変換したり、傷ついた細胞を修復したり、不要な物を体外に排出したりする働きが、代謝です。代謝は、いわば私たちの生命活動を担っているといえますが、正常に働くためには、酵素の助けがなくてはなりません。

 酵素は、体内で日々生成されていますが、加齢や食生活の乱れなどによって、その量は20歳をピークにして、年々減少していきます。「最近、疲れやすくなった」「昨晩飲んだお酒が、いつまでも残る」といった悩みは、酵素不足が原因かもしれません。

 体内で生成されるだけでは足りなくなった酵素を補うには、酵素を多く含む食材を積極的にとる必要があるのです。
 バナナにはもともと、豊富な酵素が含まれていますが、発酵が進むことによって、酵素の含有量はどんどん増加していきます。つまり、皮が黒くなればなるほど、酵素が多くなるわけです。一説には、熟成を通じて、その量は10〜100倍にもなるといわれています。

 さらに、黒バナナは熟成しきっているため、細胞膜が壊れやすくなっています。そのまま食べるだけで、細胞内の酵素が体内に吸収されやすいのです。

腸内環境が整って 便秘知らずの体になる

 また、酵素に次いで、バナナの栄養素として忘れてはならないのが、食物繊維です。私は、日ごろから「腸こそが健康の源」と考えています。腸内環境が悪化して、腸内細菌が減少すれば、高血圧や糖尿病といった生活習慣病や、肥満や便秘にもなりやすくなります。

 黒バナナを毎日食べれば、バナナに含まれる豊富な食物繊維によって、腸内環境が整います。便の量が増えて、便秘知らずの体になるでしょう。

 黒バナナは、そのまま食べてももちろんいいのですが、私が特にお勧めする食べ方が「黒バナナ酢」です。

作り方は、とても簡単です。

約2cm幅の半月切りにした黒バナナ1本を、黒砂糖90g、黒酢200mlといっしょに密閉式の保存容器の中に入れ、よく混ぜます。それを、たまにかき混ぜながら、常温で2〜3日おいたら完成です。それを炭酸水や豆乳で割って摂取してください。漬け込んだバナナは、1週間以内に食べるようにしましょう。

 酢には、血圧を下げたり、血糖値の上昇を抑えたり、内臓脂肪を減らしたりする効果があります。高血圧や糖尿病の改善や、肥満や便秘の解消、美肌効果などが期待できます。

 さらに、酵素には男性機能を高める作用があります。ED(勃起不全)にお悩みのかたにもお勧めできます。
 皆さんも、ぜひ、毎日の食生活に取り入れてみてください。

黒バナナ酢の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

ED(勃起不全症候群)は、まったく勃起しない状態だけを指すのではありません。勃起を保つ自信や、性交の満足度などがないと感じる場合も該当します。少しでも不安がある人は、表のセルフチェックを試してください。セルフチェックの結果が21点以下の場合は、EDの疑いがあります。【解説】小堀善友(獨協医科大学越谷病院泌尿器科講師)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

腸内環境を整えることは、いつまでも病気知らずの健康体でいるためには不可欠。健康は腸からつくられるといっても過言ではありません。今回ご紹介するのは、腸をぐーんと元気にする、名づけて「地中海式和食」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【セックスレスを改善】最高の快感と満足をもたらし、人生を豊かにするセックス法とは

【セックスレスを改善】最高の快感と満足をもたらし、人生を豊かにするセックス法とは

体と心が溶け合い、人生が開花するセックス幸福学。女性は体内にパワースポットを秘めています。不可能が可能になるブレイクスルーの力をご紹介しましょう。【解説】夏目祭子(聖なる性の語り部・作家・カウンセラー)


【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)