【医師監修】ひざの痛みを治す食べ物「酢ニンニク」で膝痛も高血圧も改善

【医師監修】ひざの痛みを治す食べ物「酢ニンニク」で膝痛も高血圧も改善

ひざの痛みを抱えながらも、運転手として定年まで全うし、退職後は、学校の用務員の仕事に就きました。この仕事も、重い物を持ったり運んだりすることが多いものでした。ひざに負担が大きく、鈍いひざの痛みが常時続きました。立ったり座ったりすることさえ、苦痛になりました。【体験談】山口秀吉(山形県●83歳●無職)


帰宅すると一気に 痛みが押し寄せた

 酢もニンニクも健康にいいことは知っていましたが、その二つを組み合わせることなど、思いもよらないことでした。

 ある日、『壮快』の記事で、「酢ニンニク」が紹介されているのを読みました。この二つの食品の優れた健康効果が、同時に活用できるそうです。
 私自身、長年、ひざ痛に悩まされてきました。この酢ニンニクが、その改善に役立つかもしれないと考え、早速試してみることにしたのです。
 最初は、記事で紹介されたとおりに作ってみましたが、酢ニンニクは、私には酸味がきつすぎると感じました。そこで、作り方を変え、いろいろ試してみた結果、定着したのが、ハチミツを加えた「ハチミツ酢ニンニク」でした。

 私の酢ニンニクの作り方は、次のとおりです。
 材料は、ニンニク2kg、黒酢1・2L、ハチミツ適量です。 まず、ニンニクをバラバラにほぐして皿に広げ、電子レンジで2〜3分加熱します。こうすると、簡単に皮をむくことができます。
 ニンニクが冷めたところで、皮をむいて瓶に入れます。
 そこに黒酢を注ぎ、ハチミツを加えます。軽く混ぜて瓶にふたをしたら、冷暗所に置き、熟成を待ちます。

 私の場合、酢ニンニクを最低1年は寝かせるようにしています。1年経つと、酢のツンとしたきつさや、ニンニク特有のにおいもほとんどしません。
 酢ニンニクは、長くおけばおくほど、味がまろやかになり、黒酢とハチミツが混じり合って、なんともいえないコクが生まれてきます。ハチミツを加えることが、うまさの秘訣ではないかと思います。

 最初は、漬けたニンニクも食べていましたが、そのうち甘酢だけを飲むようになりました。長い間、漬けておくせいか、ニンニクのエキスが甘酢に染み出して、ニンニクそのものの風味が薄くなっているように感じたからです。
 1日に飲む甘酢の量は、さかずき1杯ほど。これを水で倍に薄めて飲みます。空腹時に飲むと胃がキリキリすることがあるので、夕食後に飲むようにしています。こうして、酢ニンニクを続けていたところ、ひざがどんどんよくなってきたのです。

 そもそも私のひざ痛は、職業病でした。私は長年、バスの運転手をしていました。私が働いていたころのバスは、現在の車に比べてクラッチペダルが恐ろしくかたく、重かったのです。それを毎日、何度も何度も操作しなければなりません。長年、ひざを酷使していたのです。
 定年になる4〜5年ほど前から、左ひざに痛みを感じるようになりました。左足はクラッチを踏むほうの足です。夜、帰宅すると、一気に痛みが押し寄せてきました。
 幸い、ひざの痛みを抱えながらも、運転手として定年まで全うし、退職後は、学校の用務員の仕事に就きました。この仕事も、重い物を持ったり運んだりすることが多いものでした。ひざに負担が大きく、鈍いひざの痛みが常時続きました。立ったり座ったりすることさえ、苦痛になりました。

 酢ニンニクを始めたのは、まさにそのころだったのです。

高かった血圧が正常値になり、降圧剤が不要になった

 年とともに、ひざの悩みを訴える人が増えてきます。ひざ痛の持病がある場合、悪くなることはあっても、よくなるという人は少ないと思います。
 ところが、私の場合、全く逆です。酢ニンニクのおかげで、年を取るにつれて、ひざの痛みが楽になっていったのです。

 現在は、ひざにほとんど痛みもなく、楽に立ったり座ったりできます。重い物を持っても痛みが出ないのですから、ひどいときと比べたら、格段の違いがあります。
 また、酢ニンニクを食べるようになってから、血圧も安定しました。最大血圧は120mmHg、最小血圧は80mmHgと正常化したのです。以前は、血圧が高めだったため、降圧剤を飲むこともありましたが、今は、薬に頼ることもありません。

「重い物も持てる」と山口さん

全身の血流がよくなり、ひざの炎症を抑える(玉川学園岡田医院院長 岡田研吉)

 ニンニクは、全身の血流をよくするので、ひざの炎症を抑えて痛みを軽減する働きが期待できます。山口さんのケースからもわかるように、酢ニンニクを長期的に摂取すれば、ひざ痛の緩和につながるでしょう。

 また、酢ニンニクを作る際に、黒酢や果実酢、ハチミツや黒砂糖などを用いると、さらなる効果が期待できます。
 長期間漬けておくと、ニンニクの栄養成分が溶け出すため、酢だけを摂取してもけっこうです。胃に負担をかけないように水で3倍以上に薄めましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング