【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


80歳で2時間「銀ブラ」を楽しめた!

座骨神経は、脊髄から枝分かれし、お尻から太ももの裏を通っている神経です。
この神経が、さまざまな刺激を受け、下半身に痛みやしびれを感じるのが、座骨神経痛です。

たいてい、座骨神経痛の患者さんのお尻の筋肉は、かたくなっています。
お尻をほぐすと、足腰の痛みやしびれが軽快するケースが少なくありません。

お尻は、大殿筋という大きな筋肉で覆われ、その奥に、中殿筋、小殿筋、梨状筋といった多数の筋肉があります。

これらの筋肉群と連携して動くのが、腸腰筋です。
腸腰筋は、腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群の総称です(腸骨筋、大腰筋、小腰筋など)。

そけい部は、唯一、腸腰筋に直接さわれる場所です。
そけい部押しで腸腰筋をもみほぐし、お尻のコリを解消させると、座骨神経痛が和らぐのです。

そけい部押しは、脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。
間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。

座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。
さらに、そけい部押しで腸腰筋がやわらかくなると、足が上がりやすくなるので、下半身の筋力が低下した人も、楽に歩けます。

80歳の女性Gさんが、先日来院した際に「これから銀座に出かける」というのですが、歩き方がトボトボしているので、そけい部を押してあげました。

すると、背すじがシャンと伸び、足がサッと上がるようになったのです。
Gさんは、その後2時間、軽い足取りで「銀ブラ」を楽しんだとのことでした。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ①

痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ①

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師推奨】リスト付き!痛み、しびれを一掃する「脊柱管狭窄症撃退食材」

【医師推奨】リスト付き!痛み、しびれを一掃する「脊柱管狭窄症撃退食材」

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

脊柱管狭窄症のかたの場合、体が必ずといっていいほど左右あるいは前後に傾いているものです。脊柱管狭窄症の症状を改善するためには、骨盤のゆがみを正す必要があります。そのために実践する方法が「骨盤ゆらし」です。【解説】川井太郎(川井筋系帯療法治療センター院長)


【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが当院にはおおぜい来られます。そういう患者さんに私が行うのが「遠絡療法」という治療法です。頭痛や顔の痛み、足の裏の痛みやしびれなどが即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


最新の投稿


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

これまで健康雑誌『安心』で何度かご紹介してきましたが、最近、ツイッターで小指シップが話題になっていると聞いてびっくりしています。小指シップで不眠や疲労が改善したというツイートに、フォロワーが盛り上がっているそうです。【解説】安田譲(安田医院院長)


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング