【むずむず脚症候群に効果】遠隔刺激で不快な症状が改善「太ももほぐし」のやり方

【むずむず脚症候群に効果】遠隔刺激で不快な症状が改善「太ももほぐし」のやり方

夜間頻尿や下痢などに悩む人は、ほぼ全員、下半身が冷えています。また外側広筋が、かたくなっているのも共通した特徴で、ここをほぐせば下痢や夜間頻尿を改善できます。最近ふえてきたムズムズ脚症候群の患者さんにも勧め、効果を上げています。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


足が温かくなり 倦怠感が解消

夜間頻尿や下痢などに悩む人は、ほぼ全員、下半身が冷えています。
また、太ももの外側にある外側広筋が、かたくなっているのも、共通した特徴です。

外側広筋は、太い筋肉です。
ここを刺激して緊張をほぐし、血流をよくすれば、太もも全体の血行が促進します。

それが、下半身の冷えを解消し、下痢や夜間頻尿を改善します。
最近ふえてきたムズムズ脚症候群の患者さんにも勧め、効果を上げています。

また、ひざ痛の人は、太ももの内側の内転筋群や、太ももの裏側のハムストリングスが緊張し、こり固まっています。
これらの筋肉がこって機能しなくなると、ひざ関節に負担がかかり、痛みが出るのです。

しかし、太ももの内側や裏側を、直接もみほぐすのは容易ではありません。
そこで、活用したいのが、関係の深い筋肉を刺激する「筋ほぐし」です。

外側広筋は、内転筋群やハムストリングスと連携して動く筋肉です。
外側広筋をもみほぐすことで、内転筋群とハムストリングスの緊張が解けます。

結果、太ももの緊張がほぐれ、血流もアップし、じゅうぶん機能するようになります。
ひざ関節への負担がへり、ひざ周辺の血行もよくなるので、痛みが改善するのです。

24歳の女性Dさんは、線維筋痛症(全身に激しい痛みが生じる病気)と、慢性疲労症候群(疲労が長期間継続する病気)で来院。

ムズムズ脚症候群もあったので、太ももほぐしを勧めました。
お灸と太ももほぐしを併用して続けるうちに、足が温かくなり、倦怠感や痛みが解消。

足のムズムズも取れてきました。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【慢性腰痛】共通点は“太もも裏の固さ”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

【慢性腰痛】共通点は“太もも裏の固さ”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

慢性腰痛の人には共通する症状が、一つあります。太ももの裏側の筋肉群であるハムストリングスがかたいのです。これが腰痛の引き金となります。ハムストリングスを柔軟にすると、腰への負担が格段に減るので、腰痛の予防や改善につながるのです。【解説者】出沢明(出沢明PEDクリニック院長)


【顔色が悪い・冷え性】「顔をさする」と全身の血流がアップし、シミ・シワも解消する!

【顔色が悪い・冷え性】「顔をさする」と全身の血流がアップし、シミ・シワも解消する!

顔をさすると、全身もポカポカと温まってくるので、冷え症の改善や体温アップにも効果的です。さらに、免疫力の向上も期待できます。白血球やリンパ球の数、NK活性など、免疫力を示す指標はいろいろありますが、それら以上に、顔は免疫力の状態を表すパラメータだと私は考えています。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

叔母は78歳のとき「腎不全」と診断されました。クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し医師から人工透析を提案されたのです。私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果透析はしなくて済みました。腎臓の薬は飲んでいません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【ひどい肩こり・倦怠感】「食いしばり」が原因の一つ!歯科医お勧めのセルフケア「下あごずらし」とは

【ひどい肩こり・倦怠感】「食いしばり」が原因の一つ!歯科医お勧めのセルフケア「下あごずらし」とは

しつこい肩こり、各所の痛みのほか、耳鳴りやめまい、倦怠感、不眠など、不定愁訴に悩む人が急増しています。私は多くの患者さんの口腔内を診てきた経験から、こうした症状の大半は、「食いしばり」が原因だと考えています。【解説者】西村育郎(西村歯科理事長・院長)


【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

運動量の少ない現代人は、だるさや疲れが「気(生命エネルギーの一種)」の滞りによって引き起こされることが少なくありません。気の滞りを解消し、体調を改善するには、適度に体を動かしたほうが効果的なのです。【解説者】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング