【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


耳鳴り患者の多くは 呼吸が浅いことが判明!

近年、耳鳴りを訴える患者数は増加の一途をたどっています。
これは、現在の日本の高齢化社会を反映したもので、加齢による難聴が、その主な原因といえるでしょう。

なかには、耳の中が詰まったような、耳閉感を訴えるかたも少なくありません。
皆さんも、新幹線に乗ってトンネルを通過するときに、耳の中が詰まったような感覚に襲われることはありませんか。

これは、移動で生じる気圧の変化によるもので、一時的な現象です。
しかし、耳閉感を伴う耳鳴りは四六時中続くため、日常生活に大きな苦痛が生じるのです。

このように、耳鳴り患者の多くは、日常的に大きな精神的ストレスを抱えて生活しています。
そしてそれにより、体のある活動に悪い変化が生じてしまうのです。それは、呼吸です。

私は初診時の心がけとして、その人の動作や体格、表情をよく観察するようにしています。
そこから、病気の隠された原因が見えてくることが多いからです。

耳鳴り患者をよく観察すると、ほぼ全員が浅い呼吸をしていることがわかります。
おなかの底からの深い呼吸をしておらず、肩と胸を上下させる胸式呼吸をくり返しているのです。

そして、そのことを本人は全く自覚していません。
このような浅い呼吸は、危険な呼吸といえます。なぜなら、自律神経の乱れにつながるからです。

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。

交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。

1日を通して、両者がバランスよく働くことで私たちの健康状態は維持されています。
しかし、浅い呼吸が慢性化すると、交感神経が優位な状態ばかりが続き、副交感神経に切り替わりません。

そのため、体がなかなかリラックスしないのです。
ストレスは解消されずにどんどん蓄積され、不眠や疲労感といったほかの症状も招きかねません。

ますます自律神経のバランスはくずれて、耳鳴りが増悪するのです。

3ヵ月で首こりが解消し 耳鳴り、耳閉感も消失

この悪循環を断ち切るためには、ふだんの呼吸法を、浅い胸式呼吸から、深い腹式呼吸へと変える必要があります。

腹式呼吸は、慣れればだれでも簡単に行えます。
まず、いすに深く腰かけ、リラックスした状態で背すじを伸ばします。

おなかをふくらませながら鼻からゆっくりと息を吸い、おなかをへこませながら鼻からゆっくりと息を吐いてください。これを何度かくり返します。

ゆったりとした腹式呼吸によって横隔膜がよく動くようになると、しだいに副交感神経が優位になってきます。
これを毎日続ければ、自然に深い腹式呼吸が身につき、耳鳴りの改善が期待できるでしょう。

この腹式呼吸を身につけたうえで、私が考案した「C2 呼吸法」を行うとより効果的です(詳しいやり方は、下の図解をご覧ください)。

特に、冒頭で説明したような耳閉感を伴う低音性の耳鳴りに対しては、大変有効といえます。
C2とは、第二頸髄神経のことで、後頭部と首の際から、首のつけ根や耳の後ろにかけて走行している重要な神経です。

耳閉感を伴う耳鳴り患者の場合、首がひどくこっていることが多く、それによってこのC2が圧迫されていることが少なくありません。
C2は自律神経の交感神経とも接しているため、ここが圧迫されると、自律神経の乱れを引き起こします。

C2呼吸法を行えば、首の筋肉の緊張がほぐれていくので、自律神経のバランスもしだいに整います。
耳の詰まりや耳鳴りも改善していくでしょう。

以前、耳鳴りと耳閉感に悩む30代の患者さんに、C2呼吸法を毎日続けてもらったことがあります。

このかたは、ひどい首のコリにも以前から悩まされていました。
3ヵ月ほど続けたところ、みごとに首のコリが解消し、耳鳴りと耳閉感も消失したと喜んでいました。

皆さんも、これらの呼吸法を習慣化して、健やかで若々しい耳を手に入れてください。

石井 正則
東京慈恵会医科大学大学院修了。1987年に東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長に就任。2000年より、同大学准教授。現在、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長。近著に、『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』( マキノ出版)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

2年前の冬の朝、テレビの音が聞こえないことで、左耳の不調に気づきました。 検査の結果、突発性難聴で「症状は重め」と診断されました。ステロイド剤の点滴などで、低い音域は聞こえるようになりましたが、高い音域は戻らなかったのです。そうこうするうちに、耳鳴りが始まりました。【体験談】佐藤沙織(仮名・会社員・32歳) 


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


【1日1分】「ジー」「ブーン」低音の耳鳴りを改善する「耳こすり」のやり方

【1日1分】「ジー」「ブーン」低音の耳鳴りを改善する「耳こすり」のやり方

あなたの耳鳴りは、どんな音でしょうか?「ジー」とか「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は、東洋医学でいうところの「腎」の弱りが考えられます。内臓の中でも特に「腎」の弱りからくる耳鳴りに著効のセルフケア「耳こすり」をご紹介しましょう。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング