【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

首の後ろの「快聴ツボ」を押したら 10年来の耳鳴り消失!首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。【解説者】本田哲朗(本田耳鼻咽喉科医院院長)


9割の耳鳴り患者は首がひどくこっている

キーンという金属音や、ジージーという虫の鳴き声のような音が頭の中で鳴り響く耳鳴り。
決して死に直結するものではないものの、本人にとっては非常に煩わしく、不快なものです。

脳や内耳の異常が、耳鳴りを引き起こしているという説もありますが、
医学界の一般的な見地としては、その原因は「不明」とされています。

耳鳴りを訴える人のなかには、病院で検査を受けたものの、異常が見つからなかった
ために薬すら出されず、医師から見放されたと感じるかたも多いようです。

しかし、私は今までおおぜいの耳鳴り患者を診てきた経験から、ある体の不調が、耳鳴りの多くを招いていることを確信しています。

それは、「首のコリ」です。
私のクリニックに来院される耳鳴り患者の実に9割が、首に強いコリを訴えます。

そして実際にさわってみると、首周りがカチカチにこり固まっているのがわかります。
これでは、耳鳴りのような不調が生じるのも無理はありません。

首は、脳や耳へと通じる血液の通り道です。
首周りの筋肉が硬直することによって、この血液の流れが阻害されます。

すると、脳や耳の各器官に、栄養素や酸素がじゅうぶんに行き渡らなくなるのです。
さらに血液循環の悪化は、自律神経の調整機能も低下させます。

自律神経とは、私たちの体の諸機能をつかさどっている神経のことで、
当然耳の働きにも深くかかわってきます。流れが滞るのは、血液だけではありません。

内耳を満たしているリンパ液の循環が悪化し、リンパ節が詰まりがちになります。
これらの要因が重なって、耳鳴りが発生していると考えられるのです。

首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。
現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。

あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。
まず、日ごろから正しい姿勢を意識して、首に負担のかからない姿勢をとるように注意しましょう。

そのように心がけたうえで、私が患者さんにお勧めしているのが、首のコリをほぐすセルフケアです。
首の後ろには、天柱というツボがあります。

天柱は、東洋医学では、耳鳴りに効く特効ツボとされています。
場所は、後ろ髪の生え際辺り、2本の太いすじの外側のくぼみにあります。

左右に一つずつ、計2ヵ所あります。
ここを親指で重点的に刺激するといいでしょう。

両手の親指でギューッと力を込めて、5秒ほど押してください。
これを4〜5回くり返した後に、耳の後ろから、首の側面、首の後ろにかけて、手で20秒ほどよくもみます。

特に、コリのある箇所を重点的に刺激するようにしてください。
以上を1日につき2〜3セット行うようにしましょう。
(詳しいやり方は、左の図解をご覧ください)

耳鳴りが完治して仕事を再開できた!

天柱はちょうど首の後ろにあるので、こり固まった首の緊張をほぐすのに最適です。
このツボ押しは、実際に治療法としても活用しており、耳鳴りに対して高い効果を上げています。

その例をいくつかご紹介しましょう。

50代の女性Aさんは、10年以上もひどい耳鳴りに悩まされてきました。
1日じゅう、両耳にキーンという高い音が鳴り響いているといいます。

そのうえ、日常生活では高い音域の音が聴き取りにくかったため、補聴器をつけていました。
しかし、補聴器をつけても、耳鳴りはいっこうによくなりません。

投薬治療も全く効果がありませんでした。
触診すると、首や肩がひどくこっていました。

定期的に通院してもらい、首のコリをほぐす治療を行うとともに、
自宅でも天てん柱ちゆうのツボを押してから、首をよくほぐすようにしてもらいました。
すると約2ヵ月で、1日じゅう鳴っていた耳鳴りがほぼ消失するまでに、聴力が回復したのです。


次に、40代の男性Bさんのケースです。

Bさんは会社を経営しておりましたが、高音の耳鳴りに悩まされ、休業を余儀なくされていました。
うつ病と不眠症の症状もあり、複数の病院で治療を受けたものの改善が見られず、私のクリニックに来院されたのです。

診てみると、やはり首がカチカチにこり固まっていました。
首の緊張をほぐす治療を行うとともに、自宅でも首のセルフケアを行ってもらったところ、1ヵ月ほどで、耳鳴りは完治。
仕事を再開できたと大変喜んでおられました。


最後に、70代後半の男性Cさんです。

Cさんは、加齢による難聴がかなり進んでいました。
それに加えて、両耳の耳鳴りにも悩まされていました。

首のコリをほぐすセルフケア法を指導したところ、毎日自宅で熱心に行ってくれたようです。
約3ヵ月後には耳鳴りの音が小さくなり、症状がかなり改善しました。

このかたがたのように、耳鳴りは自分の力で改善することも可能です。
耳鳴りは治ると信じて、ぜひ、自宅でセルフケアを続けてみましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

2年前の冬の朝、テレビの音が聞こえないことで、左耳の不調に気づきました。 検査の結果、突発性難聴で「症状は重め」と診断されました。ステロイド剤の点滴などで、低い音域は聞こえるようになりましたが、高い音域は戻らなかったのです。そうこうするうちに、耳鳴りが始まりました。【体験談】佐藤沙織(仮名・会社員・32歳) 


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

失眠を刺激すると、最初は痛みを感じた人も、毎日行っているうちに、痛みが和らいでくるはずです。それとともに、不眠も改善するでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング