【お酢でダイエット】酢キャベツで肥満を克服した体験談 糖尿病、高血圧も改善できる

【お酢でダイエット】酢キャベツで肥満を克服した体験談 糖尿病、高血圧も改善できる

酢もキャベツも、共に非常に健康によい食品です。一緒に取ることで疲労回復を促し、血圧を下げ、内臓脂肪を減らす効果が報告されています。これからダイエットしようと考えているかたや、血糖値を下げたいかたは、酢とキャベツを、ふだんの食事にうまく取り入れてみてください。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植医療部医師)


大きく突き出たおなかが引っ込んだ!

 かつて私は、体重が96・6kgまで増えたことがありました(身長は171cm)。そのときは体脂肪率が43%もあり、太りすぎは明らかでした。

 中性脂肪値なども高かったのですが、最も心配だったのが、血糖値です。空腹時の血糖値が、150mg/dlと、基準値の110mg/dlを超え、ヘモグロビンA1cも、5・8%と、当時の基準値を超えていました(過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる指標。現在の基準値は4・6〜6・2%)。
 自分自身、いわゆる「境界型糖尿病」と判定していました。もともと私の家は、糖尿病の家系です。それを考慮すれば、糖尿病の大きな誘因である肥満は、一刻も早く解消しなければいけません。

 そんなときに、吉田俊秀先生(当時・京都市立病院糖尿病・代謝内科部長)の講演を拝聴しました。そこで、先生が、糖尿病改善のために考案された「食前キャベツ」を知ったのです。
 その代表的な効果を挙げると、まず、生のキャベツをよくかんで食べると、満腹中枢が刺激されます。すると、空腹感に悩まされることが少なくなり、食事量を減らすことができます。
 第二に、食事量が減って内臓脂肪が減ると、過剰に分泌されていたインスリンの分泌が、正常化し、この面からも肥満解消に役立ちます。
 第三に、キャベツに含まれる食物繊維の効果もあります。キャベツの食物繊維は、腸で糖質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑制します。

 これらの効果によって、キャベツは肥満解消に大いに役立つのです。そこで私は毎食、食前に6分の1個分のキャベツのざく切りを食べるようにしました。
 確かに、キャベツをよくかんで食べると、かなりの満腹感が得られます。当初から、それが実感できました。主食のご飯は、1食当たり120gに抑え、魚は80g、肉も80gを目安にとることにしました。キャベツ以外の野菜も、油や砂糖を過剰に使わない調理法で、たくさんとるように心がけました。
 また、握りこぶし大の果物を1日2個、食後に食べるようにしました。勤務の合間に小腹がすいたときには、キャベツをかじるようにしました。

 減量は順調でした。食前キャベツを始めて10日めには、体重は5kg減。その後も1ヵ月に6~7kgずつ減り、半年で、33kgもの減量に成功したのです。
 元々、96・6kgだった体重は、63・2kgになったので、約33kgの大減量です。43%あった体脂肪率は23%に、119cmあったウエストは83cmと、36cmも縮みました。大きく突き出ていたおなかは引っ込み、二重あごも引き締まって、別人に見えるほどスッキリしました。
 血糖値は、150mg/dlが、98・6mg/dlに。5・8%あったヘモグロビンA1cは、4・6%になり、どちらも基準値内に収まるようになったのです。

酢とオリーブオイルで自家製ドレッシング

 その後、私は、やせすぎた結果、腰を痛めてしまったので、少し体重を戻すことにしました。それで、データの上ではいちばん長生きできる数値とされる、BMI(肥満度を示す指標の一つ)25を目安とすることにしました。私の場合でいえば、体重は約73~74kgということになります。

 それからは、この体重をキープするように心がけてきました。今から、3~4年前には、仕事のストレスが大きかったせいで、77kgまで体重が増えてしまったこともありましたが、そのときも、1ヵ月くらいかけて、体重を3kg落とし、目標体重に戻しました。

 このように、体重の増減は多少ありましたが、やせてから現在まで、いちばん懸案だった血糖値は、きちんと基準値内をキープできています。
 ちなみに、食前キャベツを始めたとき、私自身は、ノンオイルのドレッシングを、キャベツにかけて食べることが多かったのです。市販の青じそドレッシングを使うこともありましたが、ときには、酢とオリーブオイルで、自家製のドレッシングを作り、それをキャベツにかけて食べることもありました。

 あらためていうまでもありませんが、酢もキャベツも、共に非常に健康によい食品です。キャベツについてはすでにふれましたが、酢についても、疲労回復を促し、血圧を下げ、内臓脂肪を減らすなど、多くの健康効果が報告されています。
 これからダイエットしようと考えているかたや、血糖値を下げたいかたは、酢とキャベツ、二つの優れた食品を、ふだんの食事の中にうまく組み込んでいくといいでしょう。

 糖尿病の改善を目的に、キャベツダイエットをする際は、ご自分の体重の、5~10%程度の減量を目安にすることをお勧めします。これくらいの減量でも、血糖値抑制の効果はかなりあるはずです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


最新の投稿


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)