【高血圧に良い食べ物】予防にも改善にも効果のある食品は「ニンニク」

【高血圧に良い食べ物】予防にも改善にも効果のある食品は「ニンニク」

高血圧を予防・解消対策には、食事に気を配ることが大切です。私がセンター長を務める病院には、アンチエイジングの外来があります。ここでは、患者さんのために、血管を若く保つ指導を行っていますが、そこでお勧めする食品の筆頭がニンニクです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院医学系研究科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


伊賀瀬道也
1991年、愛媛大学医学部卒業。米国ノースカロライナ州ウェイクフォレスト大学医学部高血圧血管病センター留学を経て、2014年6月から現職。老年病一般外来で診療に当たるほか、抗加齢ドックの運営を担当。近著に『血管力革命健康寿命を延ばす46の知恵』(冬樹舎)がある。

血圧にばらつきが大きいと脳卒中のリスクが高い

ヒトは、血管とともに老いるといわれています。
高血圧は、この大切な血管を傷つけ、血管の老化を進行させる最大の要因の一つです。

血管(動脈)は、内膜、中膜、外膜の3層構造からなっています。
内膜の血液と接する側は、1層の「血管内皮細胞」で覆われています。

この血管内皮細胞が、NO(一酸化窒素)などの血管作動物質を放出し、血管の収縮・拡張を調節するなど、血管を保護する重要な働きをしています。
ところが、血圧が高まると、血管内皮細胞を傷つけてしまいます。

その結果、すきまにコレステロールが入り込み、動脈硬化が進行してしまうのです。
ですから、血管の若さを保つためにも、血圧を必要以上に上昇させないことが重要です。

また、近年、注目されているのが、病院の外来で測る血圧についての新しい見方です。
最近の研究で、外来診察の血圧の変動が、脳卒中などと密接な関係があることがわかってきました。

例えば、定期的に通院しているAさんが、血圧を3回測ったら、最大血圧は順に140mmHg、160mmHg、120mmHgだったとしましょう。
すると、平均値は140mmHgになります。

一方、同様にBさんの最大血圧の数値は、順に139mmHg、140mmHg、141mmHgとします。
こちらも平均値を取ると、140mmHgです。
このお二人を比べた場合、平均値は全く同じですが、最大血圧のばらつきが大きいAさんのほうが、脳卒中になるリスクが高いことが、最近の研究で判明しているのです。

ですから、外来血圧が大きく変動していないかどうか、きちんとチェックする必要があります。

血管をやわらかく保つと2年にわたる調査で判明

高血圧を予防・解消するためには、運動や食事など生活習慣全般に気を配ることが大切です。
今回は、食生活において、ぜひ「ニンニク」を活用することをお勧めします。

私がセンター長を務める、愛媛大学医学部附属病院・抗加齢予防医療センターには、「抗加齢ドック」と呼ばれる、アンチエイジングの外来があります。
ここでは、患者さんのために、血管を若く保つ指導を行っていますが、そこでお勧めする食品の筆頭がニンニクです。

私がこれだけ自信を持ってニンニクをお勧めするには、それだけの理由があります。
世の中には、体によいとされる食品はたくさんありますが、医学的根拠が確かにある物は、実はそう多くありません。
ニンニクは、この点で、確かに推奨できる食品です。

循環器の分野で世界トップクラスの医学雑誌『サーキュレーション』において、1997年にニンニクの研究報告が掲載されました。
その研究は、次のようなものです。
約200人の体験者に、ニンニクの粉末を毎日300mgずつ摂取してもらう一方、別の200人のグループには、摂取しないで生活してもらいました。

その後、2年ほど、それぞれのグループを調査したところ、ニンニクの粉末を摂取していたグループでは、明らかに血管がやわらかく保たれている、つまり、血管年齢が若いことがわかったのです。
ニンニクを摂取すると、その有効成分が血管内皮細胞に対して働きかけます。

そして、血管内皮細胞からNOの分泌を促し、血管の弾力性をもたらすと考えられているのです。
ニンニクには、抗酸化作用のあるビタミンC、Eをはじめとして、多くの有効成分が含まれています。

それは、アリイン、アリシン、ジアリルスルフィド、ジアリルジスルフィドなど実に豊富です。
また、長年の疫学的研究データに基づき、ガン予防に効果のある食品をまとめた『デザイナーフーズ』によると、ニンニクは、最上位にランクされています。

ニンニクは、その強力な抗酸化作用によって、老化と病気の原因物質である「活性酸素」を除去します。
血管の老化を防止するだけでなく、ガンの予防や全身の若返りにも役立つ食品といえるでしょう。

私も患者さんに勧めるだけでなく、日ごろできるだけ摂取するよう心がけています。
私は、ニンニクをたっぷり使った、ペペロンチーノが大好物です。

においが気になるかたは、ニンニクを丸ごとホイル焼きにしたり、素揚げしたりするといいでしょう。

高血圧の予防・改善に、ニンニクが大いに役立つことはおわかりいただけたでしょう。
上手に利用して、ふだんの食事でできるだけ多く取り入れることをお勧めします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


【大学教授解説】脳梗塞や心筋梗塞を予防する「にんにく」の抗血栓作用

【大学教授解説】脳梗塞や心筋梗塞を予防する「にんにく」の抗血栓作用

抗血栓作用の高い食物ばかり大量に食べて、ほかのものが食べられなくなってしまっては、栄養に偏りが出て、本末転倒です。日常の食事に、ニンニクを意識して取り入れるだけで、ちょうどいいのです。それだけで、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果がじゅうぶん期待できます。【解説】山本順一郎(神戸学院大学名誉教授)


【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


血栓予防!アレルギーにも大効果「にんにくスープ」レシピBEST6

血栓予防!アレルギーにも大効果「にんにくスープ」レシピBEST6

「ニオイがちょっと……」と敬遠していてはもったいない!ニンニクのにおいの元となる含硫アミノ酸の一種「アリイン」には、優れた健康効果があるのです。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


最新の投稿


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)