【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

長く続くセキや息苦しさなど、今ある苦しい状態をすぐに緩和させたいとき、胸ほぐしマッサージはとても役立ちます。息苦しい、咳や痰が止まらないなどの症状が現れたときに、ぜひ実践してみてください。【解説者】芝山豊和(芝山鍼灸整骨院院長)


2万5000の症例から発見した治療ポイント

呼吸器系症状の緩和に、私がお勧めするのは、「胸ほぐし」です。
これは、私が治療に取り入れている「チクチク(無血刺絡)療法」の一部を、患者さんが自分でできるように、アレンジしたものです。

チクチク療法は、先端のとがった器具で、皮膚に痛覚刺激を与える治療法です。
和歌山のナガタクリニック院長・長田裕先生により、13年ほど前に考案されました。

鍼灸の針などの、チクンとした痛みは、自律神経のうちの副交感神経を優位にすることが、研究で明らかになっています。
副交感神経が優位になると、免疫力が向上するので、治療効果が上がります。

刺激する部位は、東洋医学のツボに当たる箇所もあります。
しかし、もともと脳神経外科医である長田先生は、ツボに加え、皮膚上で、脳と脊髄の知覚神経がつながる、独自の治療ポイントを導き出しました。

そこを刺激すると、患部に副交感反応が現れます。
すると血流が改善し、筋肉の緊張が緩むため、痛みやしびれなどの症状改善に役立つのです。

私は2005年から、長田先生のもとでチクチク療法を学び実践してきました。
10年余りのうちにチクチク療法で治療した新規症例は、2万5000例に上ります。

そして研究を重ね、よりよい箇所を探るうちに、新たな治療ポイントを発見。
その一つが、長田先生により「チェストパート」と名づけられた部位です。

この部位への刺激で改善できるのは、主に、呼吸器系の症状です。
チェストパートを刺激すると、こり固まっていた呼吸筋の血流が改善し、筋肉の緊張が緩みます。

それにより、横隔膜の機能が活性化するので、呼吸がしやすくなり、呼吸器系の症状に効果が出ると考えています。
この、治療で行うチェストパートへの刺激を家庭でもできるようにしたのが、今回紹介する、胸ほぐしというわけです。

チクチク療法を行う際は、通常、先のとがった器具などを使います。
チクンとした痛みの刺激を皮膚に与えることが重要だからです。

しかし、胸ほぐしは、指先で押すだけでも十分効果があります。
「痛気持ちいい」と感じる強さでグーッと押し込み、小刻みに指先を動かしながら、胸をほぐすようなイメージで行ってください(やり方は『胸ほぐしのやり方』参照)。

1セットにかかる時間は1~2分程度です。

胸ほぐしのやり方

刺激する部位

やり方

※症状があるときに行う。
※薄手のシャツなら着たままでよい。

(1)
左肩のAに右手の指先を当て、10回、グーッと押す。右肩のAも、左手の指先で10回、同様に押す。

(2)
右手の指先を、右側のBの最上部に置く。左側も同様に置く。骨際のくぼみに合わせて指先を広げ、指先を小刻みに動かしながら押す。指の位置を上から下に少しずつ動かしながら行う。

(3)
左右の指先を合わせるようにして、Cの最上部に置く。指先を小刻みに動かしながら押す。指の位置を上から下に少しずつ動かしながら行う。

★(1)~(3)を1セットとし、3セット行う。

胸の痛みや止まらないしゃっくりにも有効!

では、症状が改善した例をご紹介しましょう。

48歳の女性は、セキが止まらなくなりました。
当初はカゼによるものかと思いましたが、ゼロゼロした喘ぜん鳴めいといわれる音が出るようになり、息苦しいので病院を受診したところ、「セキぜんそく」と診断されました。

私のところでチェストパートを中心に刺激し、胸ほぐしを指導したところ、2週間でセキは止まり、喘鳴が改善。
呼吸も楽になりました。

52歳の女性は、逆流性食道炎と診断されました。
のどがつかえる感じがあり、息苦しく、声のかすれにも悩んでいました。

ところが、わずか2回のチェストパートへの刺激と胸ほぐしで、声がかすれなくなりました。
のどが通り、息もしっかり吸えるようになったのです。

そのほか、カゼによるのどのイガイガ感や痛み、胸の痛み、インフルエンザによる急性肺炎の呼吸困難、胸部打撲による呼吸障害、止まらないしゃっくりなどにも有効です。
胸や肩周りの筋肉が緩み、ほぐれるので、肩こりやネコ背の改善にも効果を認めています。

もちろん、これだけで症状が治るわけではありません。
患者さんには、チクチク療法の基本治療や、養生法と食事の指導も併せて行っています。

とはいえ、長く続くセキや息苦しさなど、今ある苦しい状態をすぐに緩和させたいとき、胸ほぐしはとても役立ちます。
息苦しい、セキが止まらないなどの症状が現れたときに、ぜひ実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」 ひび割れは婦人科疾患のサインかも

【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」 ひび割れは婦人科疾患のサインかも

歯周病や口内炎、さらには口臭など、口の中の症状によく効くのが、かかとの後ろにある「女膝」というツボです。女膝は、私たち鍼灸師の間では、口の中の疾患の特効ツボとしてよく知られています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

逆流性食道炎、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング