咳が止まらない・喘息に【このツボ】薬が効かない息苦しさと発作に 子供にも効果

咳が止まらない・喘息に【このツボ】薬が効かない息苦しさと発作に 子供にも効果

呼吸器系の症状を訴える患者さんに、私が勧めているのが、ツボ刺激です。止まらない咳、長引く咳、治りにくい喘息の発作に有効なツボは2点。孔最と中府です。私自身も、子供も、ぜんそくに悩まされたことがありますが、ツボ刺激を集中的に実践したところ、半年ほどの間に発作が出なくなりました。【解説者】鈴木秀寿(宝寿堂鍼灸治療院院長)


肺に気を通し酷使した呼吸筋の緊張をほぐす

呼吸器系の症状を訴える患者さんに、私が勧めているのが、ツボ刺激です。
長引くセキや、治りにくいぜんそく発作に特に有効なツボは2点。

孔最と中府です。
(刺激のやり方とツボの位置は、下記『ツボの2点押し』の図解参照)。

東洋医学では、一種の生命エネルギーである「気」の通り道を経けい絡らくといいます。
体中を巡る経絡には、それぞれ、かかわりの深い臓器や器官があります。

例えば、肺経という経絡は、肺と密接な関係があります。
肺経上にあるツボを刺激すると気の流れが改善し、肺の働きが整います。

そして孔最も中府もこの肺経に属するツボなのです。
孔最の「孔」という字は、穴や、すきまを表します。

「最」は、最も優れているという意味。
つまり、孔こう最さいは、肺に気を通す特効ツボというわけです。

一方、中府は、鎖骨の下にあります。
中は「当たる」、府は「集まる」ということ。

つまり、肺経の気が集中するのがこのツボです。
激しいセキは呼吸筋を酷使し、緊張させます。

すると、胸や背中にコリが生じて、血流が悪化します。
中府への刺激は、これらの筋肉の緊張をほぐし、付近の血流も改善するので、セキや息苦しさなどを軽快させるのです。

呼吸器系の機能が弱い人は、これらのツボを日常的に刺激することで、予防効果が期待できます。
入浴後の体が温まったタイミングや、就寝30分前などに、毎日行ってください。

特にぜんそくの人は、寝入りばなや睡眠中にセキ込むケースが多いので、これらのツボへの
刺激を就寝前に行うことで、発作が起こりにくくなります。

また、実際にセキが出て止まらない、息切れ感があり胸苦しい、といったときにも、これらのツボを刺激してください。
即時に症状が和らぐので、大変重宝します。

急性の症状緩和のために行う場合は、押す回数を増やして、しっかりと刺激すると効果が増強されます。

呼吸器系症状に特効!ツボの2点押し

●孔最
ひじの内側のシワから、手首のシワまでの長さを3等分し、図中のAから、指幅1本分ひじに近く、腕幅の中央よりも、指幅2本分、親指側寄りの位置。

●中府
鎖骨の下端を首から肩のほうにたどっていくと、へこみがある。そこから指幅1本分下がったところ。

※いずれも、押すと痛みがあり、ズンと響くように感じるところを探す。

やり方

(1)右腕の孔最に左手の親指を当て、息を吐きながらグーッと押し込む。10秒したら、指を離す。5回(急性症状の緩和のため行う場合は、15回)くり返す。左腕も同様に行う。

(2)右肩の中府に左手の人差し指、中指、薬指を当て、息を吐きながらグーッと押し込み、小さな円を描くように回す。10秒したら、指を離す。5回(急性症状の緩和のため行う場合は、15回)くり返す。左肩も同様に行う。

薬が効かない症状にも効く便利な特効ツボ

私自身も、ぜんそくに悩まされたことがあります。
40代のとき、急に息苦しさを覚え、ぜんそく発作が出るようになったのです。

セキ込みが止まらなくなり、苦しくてしかたがありません。
肺からは、ゼイゼイという音がします。

そこで、これらのツボ刺激を集中的に実践したところ、半年ほどの間に発作が出なくなりました。
それから10数年が経ちますが、ぜんそくはもう、すっかり克服しています。

実は、私の息子も、幼いころからぜんそく持ちでした。
彼の場合は、ステロイドの吸入薬、内服薬をはじめ、気管支拡張薬、タンを出しやすくする薬などを処方されましたが、なかなか改善しませんでした。

しかし、孔最と中府を中心に、熱心にツボ刺激を続けたところ、症状が治まるようになり、小学校低学年のうちに、完治させることができました。
これらのツボは、自分でも見つけやすく、刺激しやすい位置にあります。

呼吸器系の症状で困ったときの特効ツボとして、ぜひ覚えておいてください。

鈴木 秀寿
宝寿堂鍼灸治療院院長。1983年日本大学理工学部卒業後、1986年国際鍼灸専門学校卒業。葛飾区鍼灸マッサージ師会会長。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)


【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

私は普段、臨床心理士として、さまざまなトラウマ(心の傷)を抱えた人たちを回復させるお手伝いをしています。治療には、身体的にアプローチする心理療法を用いています。中でも、不安を消すのに非常に有効な手法が、私が考案した「合谷タッピング」です。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

私は、30年以上前に「合谷」に着眼して以来、延べ2万人以上の患者さんに合谷指圧を施し、また指導してきました。その経験を踏まえて、読者の皆さんが効果的に刺激するためのコツをご紹介しましょう。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)