【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

更年期障害は、たいていの場合、自律神経の乱れと冷えが原因で起こります。「体がだるい」「疲れやすい」「めまいがする」「ふらつく」などの症状がある人は、足腰が冷えています。加えて、冷えから生じる関節痛などの不調に悩む人も少なくありません【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


アキレス腱を温めると自律神経が整う!

不妊治療を得意とする私の治療院では、患者さんの多くが女性です。
更年期障害のさまざまな症状で、治療院を訪れる皆さんにほぼ共通しているのは「アキレス腱が冷えて、かたくなっている」ことです。

更年期障害は、たいていの場合、自律神経の乱れと冷えが原因で起こります。
「体がだるい」「疲れやすい」「めまいがする」「ふらつく」「ほてる」「のぼせる」などの症状がある人は、足腰が冷えています。
加えて、冷えから生じる関節痛などの不調に悩む人も少なくありません。

そんな不定愁訴に苦しむ患者さんたちに、私がお勧めしているのが、「アキレス腱に使い捨てカイロを貼る」ことです。

例えば、冷えているのが、アキレス腱ではなくふくらはぎなら、ほかにも方法があります。
ふくらはぎは、大きな筋肉からなるため、直接もみほぐしたり、ウォーキングなどの運動をしたりすれば、血行を促すことができるからです。

ところが、アキレス腱となると、そうはいきません。アキレス腱は、腱と骨と、その間を走る血管から構成されています。
腱なので、もんでもなかなか血行がよくなりません。アキレス腱を保温するために、日ごろから靴下を厚めにはいて、足を冷やさないように心がけるのは、もちろん悪くありません。

そこで今回は、使い捨てカイロを使って、より積極的に温める方法をご紹介します。

使い捨てカイロは、かかとの骨の上端からアキレス腱をカバーするように貼ってください。
カイロを肌にじかに貼ると低温ヤケドをするおそれがありますから、長めの靴下や厚手のタイツをはいた上から貼るようにします。

入浴後から寝る直前まで、小1時間程度貼っておくといいでしょう。寝る際には、カイロをはがします。
これも、低温ヤケドを予防するためです。こうしてアキレス腱を温めることで、ふくらはぎを下ってきた動脈血が温められます。

ふくらはぎには、2本の太い動脈があり、足首を通って、足先まで伸びています。
特にアキレス腱を温めることで、太い動脈だけでなく、静脈も温められ、それらの血管が開きます。

これによって、血流量がふえて、血行がよくなります。それが、足腰の冷えの解消につながるのです。
同時に、血管を開く刺激が自律神経の調整にも役立ちます。自律神経とは、私たちの意志とは無関係に働き、内臓や血管の働きをコントロールしている神経です。

自律神経には、主に日中に優位となり、昼のアクティブな活動を支える交感神経と、夜間の休息の神経である副交感神経の二つがあります。
両者がバランスを取り合って働くことで、体調は健全に保たれるのです。更年期には、このバランスがくずれやすくなります。

多くの場合、交感神経が優位な状態が続き、血管は収縮し、血流が悪くなり、体は冷えて、さまざまな不定愁訴が生じます。
アキレス腱を温めて血流を促すと、交感神経優位から副交感神経優位へと変わります。

乱れていた自律神経のバランスが整えられれば、不定愁訴が改善されるのです

メタボの男性の体調不良を軽減する

東洋医学の立場からいえば、更年期に起こってくるさまざまな症状は、腎の弱りとみなすことができます。
腎とは、広く生殖活動や成長・生育、ホルモン分泌などにかかわり、その生命エネルギーを蓄える場所とされています。

加齢によって、腎が衰えた状態が「腎虚」です。腎虚になると、男性なら性力減退。女性なら更年期障害、骨粗鬆症。
男女共通の症状でいえば、排尿トラブル、健忘症などのいわゆる老化現象が起こってきます。

腎の衰えを予防するために欠かせないツボが、アキレス腱にあります。そのため、アキレス腱を温めると、ツボへの刺激を通じて、腎の働きを高める効果が得られます。
きちんと毎晩続ければ、更年期障害による不定愁訴の改善を助けるだけではなく、婦人科系疾患の予防にも役立つでしょう。

また、中高年男性にも、このアキレス腱の冷えは、しばしば見られます。
特に目立つのが、メタボの男性です。メタボによって、しだいに動脈硬化が進むと、血圧や血糖値、コレステロール値が上がってきます。

こうした症状による体調不良を軽減するためにも、アキレス腱を温めることは、非常に効果的でしょう。
また、免疫力を高めてカゼを予防する効果は、男女ともに期待できます。

なお、靴下をはいてアキレス腱を温めると、発汗し、靴下が湿ってくることがあります。
そのままにしておくと、足がよけいに冷えるおそれがありますから、靴下はこまめにはき替えるように心がけてください。

靴下の上に使い捨てカイロを貼り1時間ほど温める

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらガサガサ肌もツルツルに!

【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらガサガサ肌もツルツルに!

最近食べ始めたのが、「納豆スープ」です。更年期には女性ホルモン様の作用がある大豆イソフラボンがいいと聞いていましたし、もともと納豆は好きで冷蔵庫にいつもありました。そういうこともあって、軽い気持ちで始めたのです。驚いたのは、始めた翌日から便秘が解消したことです。【体験談】佐々木美奈(40歳・主婦・北海道)


【美女医愛飲】貧血改善・美肌効果たっぷり!ホルモンバランスを整える「小豆」は女性が摂りたい成分タップリ

【美女医愛飲】貧血改善・美肌効果たっぷり!ホルモンバランスを整える「小豆」は女性が摂りたい成分タップリ

あずきは赤ワインの1・5〜2倍ものポリフェノールが含まれており、抗酸化力は抜群。ガンをはじめとする生活習慣病や動脈硬化、シミ、シワを予防します。また豊富なサポニンの効果で、コレステロールや中性脂肪の増加を防ぎ、血栓や動脈硬化の原因を抑制します。利尿効果もありむくみを防ぎます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。【解説】星野さおり(鍼灸院寿彗代表)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング