足のむくみ・静脈瘤を改善したい

下肢静脈瘤は、文字どおり、下肢(主にふくらはぎ)の血管がコブのようにふくらんだ状態を指します。午後から夕方に症状が強くなるのが特徴で、だるさ、むくみなどの症状が慢性的に起こります。重症化すると皮膚が破れ潰瘍ができてしまうことも。女性に多く、出産経験のある女性の2人に1人が発症するというデータもあり、実は身近な病気なのです。このカテゴリは、足のむくみ、下肢静脈瘤の改善に役立つ健康情報の一覧です。


足のむくみ・静脈瘤を改善したいの健康情報一覧

【名医が解説】ふくらはぎのむくみの放置はだめ!「慢性静脈不全」の初期症状とは?対策は?

【名医が解説】ふくらはぎのむくみの放置はだめ!「慢性静脈不全」の初期症状とは?対策は?

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)


【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓(血の塊)があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)


【下肢静脈瘤の手術】その前に!足の血管がボコボコと浮き出る病気を自分で治す方法

【下肢静脈瘤の手術】その前に!足の血管がボコボコと浮き出る病気を自分で治す方法

足の血管が浮き出て、こぶ状にふくらみ、痛みや重だるさ、潰瘍などを伴う「下肢静脈瘤」。とくに女性にとっては、見た目的にも気になるものです。一般的には「手術で治す病気」とされていますが、重度のものでない限り、自分で改善することができます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング