便秘・過敏性腸症候群

便秘・過敏性腸症候群

排便に何らかの障害が起こり、便が腸内に留まる状態で不快感を自覚する場合に「便秘」とされます。便秘には明確な定義がありませんが、「便が硬くて排便が困難」「排便の回数が少ない」「排便してもすっきりしない」といった症状がみられます。厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、便秘人口は約470万人もいるという結果もあります。日本人の約4人に1人が悩む便秘の症状に役立つ記事の一覧ページです。

関連するカテゴリー

直腸性便秘

便秘・過敏性腸症候群に関連するキーワード

便秘
>>便秘・過敏性腸症候群に関連するキーワード一覧

便秘・過敏性腸症候群の健康情報一覧

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

高齢になると、複数の慢性的な病気を併発し、それぞれの病気の治療薬を服用している人がたくさんいます。そうした薬の中には、便秘を引き起こす副作用を持つものがあるのです。しかも、複数の薬の副作用が相乗的に働き、便秘がさらに悪化するケースもあるのです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


【残便感がスッキリ一変】便意があるのに出ない…を解消 精神科医考案の呼吸法

【残便感がスッキリ一変】便意があるのに出ない…を解消 精神科医考案の呼吸法

私が便秘に悩むようになったのは、30代半ばからでした。いちばんひどかったのは40歳前後のころで、1週間以上、排便のないこともありました。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


【出残り便が解消】便が出かかっているのに出ない…残便感もスッキリ「デルデル呼吸」

【出残り便が解消】便が出かかっているのに出ない…残便感もスッキリ「デルデル呼吸」

私が提唱している「デルデル呼吸(深腹式呼吸)」は、腹式呼吸で軽く息を吐き、息継ぎせずにもう一息深く吐くという呼吸法です。通常の腹式呼吸よりも深く、ゆっくりと長めに息を吐くことで、腹横筋を収縮させ、排便を促します。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


【医師監修】糖質制限ダイエットによる、私の便秘解消法は「アズキがゆ」でした

【医師監修】糖質制限ダイエットによる、私の便秘解消法は「アズキがゆ」でした

若いころから便秘で悩んだことがほとんどなかった私が、便秘に苦しむようになったのは、ここ2~3年のことです。きっかけは、5年前から始めたダイエットでした。【体験談】長岡智(仮名・会社員・50歳)


女性だけのスーパー便秘「直腸性便秘」 排便と食事のコツはこれ!

女性だけのスーパー便秘「直腸性便秘」 排便と食事のコツはこれ!

一般的に便秘といえば、大腸の動きが低下して起こる弛緩性の便秘を指します。しかし、最近にわかに注目を集めているのが、腸の出口付近に便がたまる直腸性便秘です。その中でも、女性しかならない直腸瘤は、治りにくい、やっかいな便秘です。【解説】山名哲郎(東京山手メディカルセンター部長)


即効【解毒スープの作り方】宿便を出す方法はこれ!医師考案のデトックススープ

即効【解毒スープの作り方】宿便を出す方法はこれ!医師考案のデトックススープ

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。考案した当初は違う野菜も試しましたが、試行錯誤の結果、これが最良のバランスであることがわかりました。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


焼きバナナで快腸快便! 5kgやせ下半身が細くなり 新婚旅行はビーチでビキニ

焼きバナナで快腸快便! 5kgやせ下半身が細くなり 新婚旅行はビーチでビキニ

ダイエットを決意したのは、2015年の秋のことです。新婚旅行の行き先をバリ島に決め、「ビキニが着たい!」と思ったことがきっかけでした。【体験談】吉野れな(愛知県●32歳●ウェブサイト編集者)


ランキング


>>総合人気ランキング