便秘・過敏性腸症候群

便秘・過敏性腸症候群

便秘とは、排便に何らかの障害が起こり、便が腸内に留まる状態で不快感を自覚する場合を指します。便秘には明確な定義がありませんが、「便が硬くて排便が困難」「排便の回数が少ない」「排便してもすっきりしない」といった症状がみられます。厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、便秘人口は約470万人もいるという結果もあります。日本人の約4人に1人が悩む便秘の症状に役立つ記事の一覧ページです。

関連するカテゴリー

直腸性便秘

便秘・過敏性腸症候群に関連するキーワード

便秘
>>便秘・過敏性腸症候群に関連するキーワード一覧

便秘・過敏性腸症候群の健康情報一覧

力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

私は自家製の甘酒や酵素ジュースをシロップ代わりにして「TGGヨーグルト」にかけて食べるのが、毎朝の日課です。【体験談】北爪えみ(53歳・主婦・山梨県)


【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)


実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

水をよく沸騰させて作った「白湯」は、全身の毒素を浄化し、快適なお通じのための最高の飲み物です。3つの便のタイプ別に白湯とあわせて摂りたい、スーパーでも購入可能な「毒出し」スパイスをご紹介します。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

健康な大腸の持ち主は、肌や髪など外見も色つやがよく、実際の年齢より若々しい印象を与えます。ところが、腸壁に炎症が起こると、実際の年齢より老けた外見をして、加齢臭や口臭を発していることが多いものです。【解説】村田博司(赤坂胃腸クリニック院長)


【医師も減量成功】臭いおならの原因も解消!「豆乳ヨーグルト」の作り方

【医師も減量成功】臭いおならの原因も解消!「豆乳ヨーグルト」の作り方

豆乳ヨーグルトは、その名のとおり、豆乳で作られるヨーグルトです。豆腐に似た食感で、一般のヨーグルトよりも酸味があり、初めは多少抵抗があるかもしれませんが、慣れてくれば、この酸味がかえってやみつきになる味です。そして特に強調したいのは、豆乳ヨーグルトの健康効果です。【解説】丁 宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【便秘を治す】コロコロ便しか出ない ねっとり便 べっとり便 下痢便 あなたはどのタイプ?

【便秘を治す】コロコロ便しか出ない ねっとり便 べっとり便 下痢便 あなたはどのタイプ?

一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の不調を招き、たとえ便通があってもスッキリしなかったりします。便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長) 


お腹にガスが溜まる【ガスだまり腹痛】お腹が張る苦しさに即効 ガス抜きポーズ

お腹にガスが溜まる【ガスだまり腹痛】お腹が張る苦しさに即効 ガス抜きポーズ

女性に起こりやすいのが「ガス溜まり」です。腸内ガスは、それ自体が悪さをするわけではありません。問題は、溜まったガスが不快感を引き起こすことです。おなかが張る、痛む、おならがたくさん出るといった悩みに、簡単な解消法(ガス抜きポーズ)を紹介しましょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授)


【意外?な私の新習慣】水野美紀さんの美腸の秘密はコレ

【意外?な私の新習慣】水野美紀さんの美腸の秘密はコレ

舞台のアクションの練習に「逆立ち」が取り入れられたのをきっかけに、1日に2〜3回、逆立ちをするようになりました。頭がスッキリしたり、体が軽くなったりする効果を感じられるので、好んでやっています。【体験談】水野美紀さん(女優)


【足裏の反射区】女性の便秘を治すツボ 産後の便秘解消に「足の裏マッサージ」

【足裏の反射区】女性の便秘を治すツボ 産後の便秘解消に「足の裏マッサージ」

女性は、男性に比べると便秘になりやすい傾向があります。特に出産後は、その傾向が顕著です。産後は、腹部の内臓を取り囲む腹膜や腹筋が緩み、腹圧が弱くなります。そのうえ、慣れない育児や、不規則な生活による精神面への影響もあり、便秘になりやすいと考えられています。【解説】木村静(同志社女子大学看護学部准教授)


【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

「朝、トイレで倒れた」といって来院した男性がいました。検査の結果、その人は、瞬発的に血圧が急上昇するタイプだと判明。トイレでいきんだことで血圧が上がり、めまいを起こしたのでしょう。ふろ場で脳卒中を起こしやすいことは知られていますが、実はトイレでの事故も多いのです。【解説】小谷嘉一(小谷クリニック院長・医学博士)


出ても残便感がある【直腸性便秘】お腹が痛い 対策は 寝る前の「この姿勢」

出ても残便感がある【直腸性便秘】お腹が痛い 対策は 寝る前の「この姿勢」

便秘の患者さんのうち、最も多いのが、排便してもスッキリしない、コロコロ便しか出ない、便が細い、お腹が張る、お腹が痛いという「残便感」に悩む人たちです。「出残り便秘」とも呼ばれています。ここでは、話題の直腸性便秘の改善方法をご紹介しましょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長・総合診療科教授)


【ひどい便秘の治し方】出残り便 便が細い「直腸性便秘」を解消 腸の動きを良くする方法

【ひどい便秘の治し方】出残り便 便が細い「直腸性便秘」を解消 腸の動きを良くする方法

私はこれまで多くの便秘に悩む人々を診てきましたが、よかれと思ってやっていることがかえって症状を悪化させてしまうこともあります。話題の直腸性便秘もその一つです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長・総合診療科教授)


【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

今、手作りの「フルーツ酵素ジュース」が人気になっているようです。このジュースを飲むメリットは2つ。1つめは、「酵素を補給できること」。2つめは、「発酵エキスを摂取できること」です。【解説】白川太郎(医療法人社団白金会東京中央メディカルクリニック理事長) 


私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私の周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。「フルーツ酵素ジュース」は、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。【解説】睦美(ATTIVAローフードスクール校長・酵素研究家) 


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

高齢になると、複数の慢性的な病気を併発し、それぞれの病気の治療薬を服用している人がたくさんいます。そうした薬の中には、便秘を引き起こす副作用を持つものがあるのです。しかも、複数の薬の副作用が相乗的に働き、便秘がさらに悪化するケースもあるのです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副・総合診療科教授)


【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 ・総合診療科教授)


【残便感がスッキリ】便意があるのに1週間出ない 便秘解消 医師考案の「呼吸法」

【残便感がスッキリ】便意があるのに1週間出ない 便秘解消 医師考案の「呼吸法」

私が便秘に悩むようになったのは、30代半ばからでした。いちばんひどかったのは40歳前後のころで、1週間、2週間以上、便秘のこともありました。しかし、この呼吸法をするようになり、スルリと排便できるように。ガス腹、臭過ぎるおならにも効果的です。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


【出残り便が解消】便が出かかっているのに出ない…残便感もスッキリ「デルデル呼吸」

【出残り便が解消】便が出かかっているのに出ない…残便感もスッキリ「デルデル呼吸」

私が提唱している「デルデル呼吸(深腹式呼吸)」は、腹式呼吸で軽く息を吐き、息継ぎせずにもう一息深く吐くという呼吸法です。通常の腹式呼吸よりも深く、ゆっくりと長めに息を吐くことで、腹横筋を収縮させ、排便を促します。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


【医師監修】糖質制限ダイエットによる、私の便秘解消法は「アズキがゆ」でした

【医師監修】糖質制限ダイエットによる、私の便秘解消法は「アズキがゆ」でした

若いころから便秘で悩んだことがほとんどなかった私が、便秘に苦しむようになったのは、ここ2~3年のことです。きっかけは、5年前から始めたダイエットでした。【体験談】長岡智(仮名・会社員・50歳)


【便が出ない】女性だけの頑固な便秘 "直腸性便秘" 排便姿勢と食事のコツはこれ

【便が出ない】女性だけの頑固な便秘 "直腸性便秘" 排便姿勢と食事のコツはこれ

一般的に便秘といえば、大腸の動きが低下して起こる弛緩性の便秘を指します。しかし、最近注目を集めているのが、腸の出口付近に便がたまる、便意はあるのに便が出ない、「直腸性便秘」です。その中でも、女性しかならない「直腸瘤」は、治りにくい、やっかいな便秘です。【解説】山名哲郎(東京山手メディカルセンター部長)


ランキング


>>総合人気ランキング