シミ・シワ・たるみ

シミ・シワ・たるみ

肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなります。美肌の条件は、この3層がそれぞれきちんと正常に機能し、健やかに保たれている状態をいいます。ニキビ、乾燥、シワ、シミ、性別・年齢によって肌の悩みは違ってきます。このカテゴリは、美肌作りに欠かせない日々の生活の中で実践できるスキンケア情報を紹介しています。

関連するカテゴリー

美肌になる健康法

シミ・シワ・たるみに関連するキーワード

美肌になる方法
>>シミ・シワ・たるみに関連するキーワード一覧

シミ・シワ・たるみの健康情報一覧

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


顔や首の【加齢性のイボ】に効果がある「はと麦」 ポリープの改善効果も

顔や首の【加齢性のイボ】に効果がある「はと麦」 ポリープの改善効果も

年齢を重ねるほど増えてくる悩みの一つに、イボがあります。顔や首に、いつの間にか小さなイボができ、「気になるけれどしかたがない」とあきらめている人も多いでしょう。そんな人に、ぜひお勧めしたいのが「ハトムギ」です。【解説】武鈴子(東京薬膳研究所代表)


【シルクさん】シワやたるみには“足裏”の筋膜リリースが大事 顔面筋トレの効果もアップ

【シルクさん】シワやたるみには“足裏”の筋膜リリースが大事 顔面筋トレの効果もアップ

皆さん、こんにちは。「よしもとの美容番長」こと、シルクです。ここで皆さんに、私が毎日の美と健康のために行っている「筋膜リリース」のお話をしようと思います。【解説】シルク(タレント)


【肌荒れが改善】砂糖マッサージの保湿効果 乾燥してかゆい症状にはオリーブオイルを加えると軽減

【肌荒れが改善】砂糖マッサージの保湿効果 乾燥してかゆい症状にはオリーブオイルを加えると軽減

砂糖は保存食に使われてきて、細菌の増殖を防ぐ作用は広く知られているところです。漢方では、砂糖には「補血」作用といって、体の各組織に栄養と潤いを補う働きがあるとされています。【解説】田村稲生(漢方の厚養堂薬局薬剤師・産業カウンセラー)


【主婦湿疹】手のガサガサ・あかぎれ・爪のひび割れを改善 パーツモデルが実践する「ハンドケア」

【主婦湿疹】手のガサガサ・あかぎれ・爪のひび割れを改善 パーツモデルが実践する「ハンドケア」

「女性の年齢は手に出る」。この言葉は至言です。最近の女性は、顔はケアしてお若いかたが多いですが、手のケアはおろそかになりがち。手がガサガサになったり、シワシワになったり、あかぎれになったり、爪がひび割れを起こしていたり、いわゆる「主婦湿疹」に悩まされたりしているかたは少なくありません。【解説】金子エミ(モデル)


【かかとのガサガサ・黒ずみ】保湿効果でしっとりツルツル 美肌を作る「砂糖スクラブ」

【かかとのガサガサ・黒ずみ】保湿効果でしっとりツルツル 美肌を作る「砂糖スクラブ」

砂糖は創傷治癒作用があり医薬品にも使われています。ですから、かき傷などの治りも早くなるはずです。下着が当たる部分やデリケートゾーンなどでかゆみが生じたときに砂糖スクラブが効果的だったという報告もいただいています。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導、株式会社アビサル・ジャパン代表)


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

「かかとの上げ下げ」という運動は、私たちの老化や病気を防ぐ、優れた運動といえるでしょう。その理由は、毛細血管の修復・再生が期待できるからです。毎日の少しの努力で、毛細血管の減少は食い止められます。若さと健康は、維持することができるのです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


【管理栄養士】濃いシミが消えて人参の美肌効果を確信 有効成分「βカロテン」は酢人参で摂取が良い!

【管理栄養士】濃いシミが消えて人参の美肌効果を確信 有効成分「βカロテン」は酢人参で摂取が良い!

シミやくすみなどお肌の悩みを抱えている人にお勧めしたいのが、ニンジンを酢に漬けた常備菜「酢人参」です。人参の有効成分「βカロテン」の抗酸化作用で紫外線ダメージから肌を守ります。さらに体内で必要に応じてビタミンAに変化して美肌作りに役立つのです。【解説者】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

ハトムギは健康効果もさることながら、肌への美容効果があることも古くから知られています。実際、ハトムギで顔や背中のニキビが消えた人や、ニキビ跡がキレイになったという人は少なくありません。【解説】鈴木信孝(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・臨床研究開発補完代替医療学講座・特任教授)


便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効 お勧めは「佃煮」

便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効 お勧めは「佃煮」

雑穀を初めて食生活に取り入れるかたは、最初はどのように扱えばいいか、わからないと思います。蕎麦の実は、雑穀のなかでもポピュラーで使いやすく、クセもないので初心者にお勧めです。そばの実は腸内環境を整え、肌荒れをふせぎ、冷え症改善にも効果がみられます。【解説】齋藤彩(葛川診療所所長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


【モデル実践】美白・美肌の秘訣は「米クリームパック」乾燥肌が改善し、潤い卵肌に!

【モデル実践】美白・美肌の秘訣は「米クリームパック」乾燥肌が改善し、潤い卵肌に!

米クリームの洗顔やパックは、美白に加え、保湿にも効果があります。これまで3〜4年続けてきて、乾燥肌が改善してきました。いつもしっとりと、いい感じに潤っています。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)


お悩み別「手もみ美容」のやり方「くすみ・シミ・そばかす」

お悩み別「手もみ美容」のやり方「くすみ・シミ・そばかす」

私のサロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。くすみ・シミ・そばかすに効く手もみ美容をご紹介しましょう。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

昔の女性にとって、米ぬかを入れた布袋で顔を洗うことは、珍しいことではありませんでした。米ぬか洗顔は、優れた美容法として、よく知られていたからです。米のとぎ汁を使った洗顔法も、米ぬか洗顔と同様に、美肌づくりに効果的として、昔から伝えられてきました。【解説】長尾美樹(ミキクリニック院長)


【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。続けることが大切です。【解説】北垣浩志(佐賀大学農学部教授)


【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

中国の清朝の宮廷で、女官たちが若返りのために、ひそかに行ってきた気功、それが「宮廷気功」です。この気功を行って、肌がツルツルになったり、お通じが来たり、視力が向上したり、ウエストが細くなったりという、驚きの効果が報告されています。ご紹介しましょう。【解説】本田唯人(本田治療院院長)


【整形した?】真顔で聞かれることも 眠そうだった目もパッチリ 秘密は顔ダンス

【整形した?】真顔で聞かれることも 眠そうだった目もパッチリ 秘密は顔ダンス

私は39歳のときの出産で体力を消耗し子どもにも手がかかっていたので、すっかり自分のことを怠っていました。子どもが3歳になった頃、写真を見て驚きました。自分の顔とは思えないほど、老けた私の姿が写っていました。インターネットで情報を検索し「おきゃんママ」のブログを見つけたのです【体験談】日比野康子(46歳・自営業・愛知県)