美肌になる健康法

肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなります。美肌の条件は、この3層がそれぞれきちんと正常に機能し、健やかに保たれている状態をいいます。ニキビ、乾燥、シワ、シミ、性別・年齢によって肌の悩みは違ってきます。このカテゴリは、スキンケアに関する健康法を紹介しています。


美肌になる健康法の健康情報一覧

【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

ハトムギは健康効果もさることながら、肌への美容効果があることも古くから知られています。実際、ハトムギで顔や背中のニキビが消えた人や、ニキビ跡がキレイになったという人は少なくありません。【解説】鈴木信孝(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・臨床研究開発補完代替医療学講座・特任教授)


便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効 お勧めは「佃煮」

便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効 お勧めは「佃煮」

雑穀を初めて食生活に取り入れるかたは、最初はどのように扱えばいいか、わからないと思います。蕎麦の実は、雑穀のなかでもポピュラーで使いやすく、クセもないので初心者にお勧めです。そばの実は腸内環境を整え、肌荒れをふせぎ、冷え症改善にも効果がみられます。【解説】齋藤彩(葛川診療所所長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


【モデル実践】美白・美肌の秘訣は「米クリームパック」乾燥肌が改善し、潤い卵肌に!

【モデル実践】美白・美肌の秘訣は「米クリームパック」乾燥肌が改善し、潤い卵肌に!

米クリームの洗顔やパックは、美白に加え、保湿にも効果があります。これまで3〜4年続けてきて、乾燥肌が改善してきました。いつもしっとりと、いい感じに潤っています。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)


【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

昔の女性にとって、米ぬかを入れた布袋で顔を洗うことは、珍しいことではありませんでした。米ぬか洗顔は、優れた美容法として、よく知られていたからです。米のとぎ汁を使った洗顔法も、米ぬか洗顔と同様に、美肌づくりに効果的として、昔から伝えられてきました。【解説】長尾美樹(ミキクリニック院長)


【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

中国の清朝の宮廷で、女官たちが若返りのために、ひそかに行ってきた気功、それが「宮廷気功」です。この気功を行って、肌がツルツルになったり、お通じが来たり、視力が向上したり、ウエストが細くなったりという、驚きの効果が報告されています。ご紹介しましょう。【解説】本田唯人(本田治療院院長)


【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

私は、基礎化粧品をいっさい使わず、水で顔を洗うだけの「宇津木流スキンケア」を提唱しています。その効果は多くの患者さんたちの肌で実証済みです。肌本来の保湿機能がよみがえり、キメ細かな美しい肌に変わります。私が推奨する水洗顔は、水が理想的ですが、「ぬるま水」で行います。【解説】宇津木龍一(クリニック宇津木流院長)


美肌になる【1円玉療法】のやり方

美肌になる【1円玉療法】のやり方

神門と合谷に日ごろから1円玉をはっておくと、冬に気になる乾燥、肌荒れを治し、予防にもなります。シミ・シワが気になる場所には、1円玉を重ねてローラーのようにして転がしましょう。1ヵ月ほど継続すると、効果が現れます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【皮膚科医が報告】バナナを1日2本食べると 肌の水分、油分、弾力が 明らかに増える

【皮膚科医が報告】バナナを1日2本食べると 肌の水分、油分、弾力が 明らかに増える

日本バナナ輸入組合が行ったモニターで、私は皮膚科専門医として、その数値の測定などを担当しました。【解説】和泉達也(広尾皮フ科クリニック院長)


【即効】イタリア女優のバナナ美容術!「バナナの皮こすり」効果でシミやシワが改善

【即効】イタリア女優のバナナ美容術!「バナナの皮こすり」効果でシミやシワが改善

私はヘアメイクアーティストという仕事柄、美容法については敏感です。興味を引く話題があれば、自分でもすぐに試します。そんな私の最近のヒットが、バナナの皮を使ったマッサージです。【体験談】千歳佳代子(ヘアメイクアーティスト)


「若過ぎる40代」のモデル・水谷雅子さんが実践のバナナ美容法【バナナの皮こすり】

「若過ぎる40代」のモデル・水谷雅子さんが実践のバナナ美容法【バナナの皮こすり】

日本では「食べ物を粗末にしてはいけない」という考え方があるので、食材を美容のために使うことに、抵抗を感じる人がいるかもしれません。【体験談】水谷雅子(美容家・主婦モデル)


【医師監修】バナナの皮こすりは保湿、 美白、毛穴の汚れ取り効果抜群の美容法

【医師監修】バナナの皮こすりは保湿、 美白、毛穴の汚れ取り効果抜群の美容法

バナナには、食物繊維とオリゴ糖が含まれているため、食べると腸内環境が整い、便秘改善やダイエットに役立ちます。また、ビタミンB群による肌の若返り効果も期待できます。美しくなりたい女性の、強い味方といえるでしょう。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング