白内障・緑内障

白内障・緑内障

白内障は、目の老化により、水晶体が濁り、視力が低下する病気です。糖尿病、紫外線、アトピー性皮膚炎、ステロイドなど薬の副作用が原因のこともあります。緑内障は、眼圧が原因で視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。飛蚊症は、目の硝子体が濁り、目の前を蚊が飛んでいるように見える病気です。このページは、白内障、緑内障、飛蚊症の不眠症の原因と対策、改善方法を紹介する記事一覧ページです。


白内障・緑内障の健康情報一覧

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

私は長年、緑内障の患者さんに生活習慣の改善を指導して、病状の進行阻止や改善を行ってきました。そのなかで、ウォーキングなどの運動は重要な柱です。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

湿布療法は、七つあります。その中で、小指湿布とひじ・腕湿布は、首から上の症状に効きます。「小指湿布」は幅広い症状に効き、しかも強力な効果があります。しかし、その小指湿布をもってしても効果が得られないケースがあります。それは、小指の筋肉が、非常に硬くなっている人です。【解説】安田 譲(安田医院院長)


「シナモンコーヒー」が近視、老眼、飛蚊症、緑内障、 加齢黄斑変性に効く!

「シナモンコーヒー」が近視、老眼、飛蚊症、緑内障、 加齢黄斑変性に効く!

シナモンは、パンやお菓子などにもよく使われる香辛料です。このシナモンが最新の科学的な研究により、血管を若返らせ、アンチエイジングに最適と判明しました。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所教授)


【知ってる?】飛蚊症←なんて読む?原因と症状、治し方を医師が解説

【知ってる?】飛蚊症←なんて読む?原因と症状、治し方を医師が解説

飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。ひぶんしょう、と読みます。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

私はこれまで、多くの緑内障の患者さんを鍼で治療してきました。10数年前、その経験の中で気づいたことがあります。緑内障の患者さんは、後頭部と首の境目辺りが非常にこっている人が多いのです。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


【大学教授監修】目の特効ツボ「光明」は足にある!緑内障にも有効

【大学教授監修】目の特効ツボ「光明」は足にある!緑内障にも有効

眼底血流をふやし正常眼圧緑内障に効果のあるツボ「光明」。このツボを刺激して、眼底血流量を増やすやり方をご説明します【解説】矢野 忠(明治国際医療大学鍼灸学部教授)


【医師解説】白内障手術の費用、タイミングについて 眼内レンズ・病院の選び方も紹介

【医師解説】白内障手術の費用、タイミングについて 眼内レンズ・病院の選び方も紹介

白内障は、手術をすれば視力が回復する病気です。焦って手術を受ける必要はありませんが、視力が落ちて不便な状態を長く我慢するよりは、適切な時期に手術を受けたほうが、QOL(生活の質)を高めて、快適に過ごすことができます。【解説】吉野健一(吉野眼科クリニック院長)


【医師の明快解説】緑内障を一言でいうと?原因と症状、最新治療や手術を紹介

【医師の明快解説】緑内障を一言でいうと?原因と症状、最新治療や手術を紹介

緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。一般的に多いのは慢性緑内障で、特に正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。【解説】富所敦男(東中野とみどころ眼科院長)


【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

私はのクリニックの患者さんには、漢方薬の処方と併用して「黒豆の煮汁」を勧めています。黒豆の煮汁には、LDL(悪玉)コレステロールを減らすグリニシン、リノール酸、レシチン、リグニンや、中性脂肪を減らすリノレン酸といった成分が豊富に含まれています。【解説】野崎 豊(ノザキクリニック院長)


【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

白内障は老化現象の一つです。白髪やシワと同様、放置せずに眼科での治療とともに、日ごろの生活習慣や栄養療法のケアによって、進行をある程度遅らせたり、予防したりすることも大切です。【解説】村上茂樹(順天堂大学客員教授、むらかみ眼科クリニック院長)


【視力回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要になった

【視力回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要になった

スーパーで商品の値段がよく見えず、家に戻ってからレシートを見たら、「思っていたより高額だった」ということが何度かありました。【体験談】●主婦●66歳●桜井ようこ


ランキング


>>総合人気ランキング