頻尿・尿もれ

頻尿・尿もれ

頻尿や尿失禁によって一人で悩んでいる方はいませんか。外出が憂鬱になり、行動も制限され、生活の質が低下することも。適切な対策を取ることで、実は改善することが多いのです。最近では「過活動膀胱」もよく知られ、若い人でも頻尿・尿もれの悩みを持つ人が増えています。実は、日本では810万人の潜在患者がいるといわれています。このカテゴリは、頻尿・尿もれの改善に役立つ記事を紹介します。

頻尿・尿もれに関連するキーワード

頻尿の対処法 尿もれの対処法 間質性膀胱炎の治療 過活動膀胱の治療
>>頻尿・尿もれに関連するキーワード一覧

頻尿・尿もれの健康情報一覧

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

年を取ってから、夜中に何度もトイレに起きるようになった、という人も多いのではないでしょうか。このような夜間頻尿の原因として考えられるのは、加齢による腎臓や膀胱の働きの衰えのほか、男性の場合は前立腺肥大、女性では膀胱炎や冷え症などでしょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

女性が膀胱炎や頻尿、尿失禁などに悩んでいる場合、骨盤が冷えているケースが多いものです。というのも、骨盤の冷えは、これらの泌尿器系の疾患を引き起こす誘因の一つであるからです。症状を悪化させる原因の一つは、冷えにあります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)


頻尿の悩みを解消する【1円玉療法】のやり方

頻尿の悩みを解消する【1円玉療法】のやり方

陰包、三陰交、照海、崑崙は服の下に隠れるので、日中でも安心してはっておけます。夜間頻尿にお困りの方は、睡眠時に列缼にも加えてはると、尿意で目を覚ますことも防げます。私の患者さんでは、平均して3日ほどはり続けていたら、トイレに行く回数が減ったとおっしゃいます【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【トイレの回数が激減】過活動膀胱の頻尿が大改善した「1円玉療法」

【トイレの回数が激減】過活動膀胱の頻尿が大改善した「1円玉療法」

私はトイレが近いのが悩みで、医師に過活動と診断され、薬をもらったこともあります。しかし、薬の効果はあまり実感できませんでした。1円玉療法は『安心』で知りました。夜間頻尿のかたの手記を見て、私も試してみたくなったのです。雑誌を参考に、崑崙、陰包、三陰交のツボに1円玉をはりました。【体験談】草川やよい(仮名・主婦・80歳)


【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

頻尿や夜間頻尿、尿もれ、残尿感など、尿のトラブルに悩んでいる人に、ぜひお勧めしたい健康法があります。それは、「足の裏もみ」です。足の裏は、反射区と呼ばれる、体の各器官に対応したゾーンが集まる場所です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長・治療室ピエドール・鍼灸師) 


【尿トラブル】「骨盤湯たんぽ」や「8000歩の速歩き」で解決できる

【尿トラブル】「骨盤湯たんぽ」や「8000歩の速歩き」で解決できる

男性の尿トラブルは、主に前立腺の異常によって起こります。40〜50代では、細菌感染や血行不良で前立腺が炎症を起こしてむくむ「前立腺炎」が多く、60代以降になると前立腺が大きくなる「前立腺肥大症」が圧倒的に多くなります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長) 


【よく分かる尿もれ】過活動膀胱と腹圧性尿失禁 原因と症状、治療法を専門医が解説

【よく分かる尿もれ】過活動膀胱と腹圧性尿失禁 原因と症状、治療法を専門医が解説

中高年になると、男女を問わず、「頻尿」や「尿もれ」に悩む人が増えてきます。こうした尿トラブルは、命に別状はないものの、生活の質を著しく低下させます。尿もれや頻尿が気になると、外出がおっくうになります。気持ちが晴れず、うつ状態になる人も少なくありません。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長) 


【おしっこトラブル】50代の5人に1人が悩む不快なチョイもれ「排尿後尿滴下」とは

【おしっこトラブル】50代の5人に1人が悩む不快なチョイもれ「排尿後尿滴下」とは

「排尿後に、陰茎をズボンにしまったら、タラーッと尿がもれてしまった」あなたはそういう経験がありませんか。50代の男性の5人に1人は悩んでいるという「排尿後尿滴下」はとても厄介です。この不快なチョイもれを防ぐ方法をご紹介しましょう。【解説】石井泰憲(石井クリニック・北浦和院長) 


【包帯を巻くだけ】足のむくみが原因の夜間頻尿が劇的改善!残尿感からの不眠も消失した方法

【包帯を巻くだけ】足のむくみが原因の夜間頻尿が劇的改善!残尿感からの不眠も消失した方法

頻尿体質になったのは、60歳ごろにひどい更年期障害に襲われたのがきっかけです。以来、20年以上も悩まされてきました。たいていは一晩に4回くらい、多いときには7回もトイレに立ったときもありました。わずか1カ月で夜中のトイレが1回に減ったのは「足の甲巻き」を試したからです。【体験者】渡辺達雄(仮名・大阪府・84歳会社員) 


【名療法発見!】がん細胞を凍らせて死滅させる「前立腺がん凍結療法」

【名療法発見!】がん細胞を凍らせて死滅させる「前立腺がん凍結療法」

前立腺は、男性のみにある生殖器の一つ。前立腺がんは近年、急増しており、国立がん研究センターの2017年予測数では、部位別に見た男性がん患者数で第3位になっています。【解説】三木健太(東京慈恵会医科大学附属病院 泌尿器科診療副部長)、【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


生命力の源「腎」を強化 頻尿や尿もれ、むくみの症状を改善「かかとの温め」

生命力の源「腎」を強化 頻尿や尿もれ、むくみの症状を改善「かかとの温め」

腎の機能が弱ると体にさまざまな症状が出てきます。特に多いのは、次のような症状です。むくみ、頻尿、尿もれ、腰やひざなどの関節痛、耳鳴り、難聴、足裏の湿疹、水虫、ふくらはぎがつる、下半身太り、こうした症状に思い当たる人は、かかとと、両くるぶしの後ろにあるへこみが冷えているはずです。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

夜間頻尿の患者さんへのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。女性だけでなく、男性にもおすすめです。2週間もすると、多くの患者さんが、足のむくみが改善され、足が軽くなり、夜間の尿量も減少。体調がよくなり、手放せなくなるようです。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


尿の出が悪かったら【尿道狭窄症】を疑え!治療の現状は?どんな手術がある?

尿の出が悪かったら【尿道狭窄症】を疑え!治療の現状は?どんな手術がある?

尿道狭窄症は、ケガや炎症、手術の後遺症など、さまざまな原因によって尿道に狭くなった箇所ができてしまい排尿しにくくなる病気です。しかし、高い成功率で完治が期待できる「尿道形成術」が医療関係者にすらあまり知られていないのです。【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)、【解説】堀口明男(防衛医科大学校病院泌尿器科学講座講師)


【女性の尿もれ】医師の私が「腹圧性尿失禁」のTOT手術を決断した理由

【女性の尿もれ】医師の私が「腹圧性尿失禁」のTOT手術を決断した理由

私自身も18年間、腹圧性尿失禁の尿もれに悩まされました。しかし、3年前の56歳のとき、尿失禁の手術を受けたことで、尿もれのわずらわしさから解放され、好きなことが自由にできるようになりました。今は、手術を受けて本当によかったと思っています。【解説】大河原節子(みさと健和病院回復期リハビリテーション病棟医長)


ランキング


>>総合人気ランキング