頻尿・尿もれ

頻尿や尿失禁によって一人で悩んでいる方はいませんか。外出が憂鬱になり、行動も制限され、生活の質が低下することも。適切な対策を取ることで、実は改善することが多いのです。最近では「過活動膀胱」もよく知られ、若い人でも頻尿・尿もれの悩みを持つ人が増えています。実は、日本では810万人の潜在患者がいるといわれています。このカテゴリは、頻尿・尿もれの改善に役立つ記事を紹介します。

頻尿・尿もれに関連するキーワード

頻尿の対処法 尿もれの対処法 間質性膀胱炎の治療 過活動膀胱の治療
>>頻尿・尿もれに関連するキーワード一覧

頻尿・尿もれの健康情報一覧

寝る前20分「足を上げる」だけで 隠れ心不全が予防できる

寝る前20分「足を上げる」だけで 隠れ心不全が予防できる

海外の研究機関が高齢者を対象に行ったアンケートでは、高齢者が日ごろ「つらい」と感じている症状のトップが夜間頻尿という結果が出ています。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・サザンナイトラボラトリーLLP代表)


【医師解説】過活動膀胱や前立腺肥大の症状を一時的に抑えたいときは「あの市販薬」が有効

【医師解説】過活動膀胱や前立腺肥大の症状を一時的に抑えたいときは「あの市販薬」が有効

数年前からは、ロキソプロフェンという薬が、夜間頻尿に効果的なことがわかってきました。この薬は「ロキソニン」という商品名で知られていますので、以下、この名称で呼びながら話を進めましょう。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


喫煙者、肥満女性は尿失禁を起こしやすい

喫煙者、肥満女性は尿失禁を起こしやすい

複数のタイプの尿失禁を併発し、それらの症状が同時に現れるのが、混合性尿失禁です。最も多く見られるのが、過活動膀胱と腹圧性尿失禁の混合型です。両者の症状が、いずれも当てはまる場合は、混合性尿失禁が疑われます。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


【自分で治せる】尿もれで最も多い「腹圧性尿失禁」は骨盤底筋体操で解決できる

【自分で治せる】尿もれで最も多い「腹圧性尿失禁」は骨盤底筋体操で解決できる

中高年の女性の尿もれで、最も多いのが腹圧性尿失禁です。私の臨床経験では、女性の尿失禁の3分の1以上が、このタイプです。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


医師監修 自分の尿もれタイプが一目でわかる「自己診断チャート」

医師監修 自分の尿もれタイプが一目でわかる「自己診断チャート」

尿もれや頻尿に悩んでいる人は、非常に多くなっています。日本では40代以上の女性のうち、3人に1人は尿もれを経験しており、その数は500万人から800万人にも上ると推定されています。中高年の女性にとって、尿もれは、よくあるトラブルといってよいでしょう。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


【医師解説】頻尿・尿漏れ対策に 【快感おしっこ】の作り方と出し方

【医師解説】頻尿・尿漏れ対策に 【快感おしっこ】の作り方と出し方

尿もれや頻尿など、排尿トラブルを予防し、改善するためにお勧めしたいのが、「快感おしっこ」をする習慣です。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


【人に言いづらい症状に】頻尿や尿もれに効いた大反響のセルフケア「指切りげんまん」法

【人に言いづらい症状に】頻尿や尿もれに効いた大反響のセルフケア「指切りげんまん」法

私は鍼灸師で、一般的な鍼灸治療のほかに、手や指にあるツボを鍼などで刺激する「手指鍼」を治療に取り入れています。そうした治療と並行して、一般の人が自宅で手軽にできる、セルフケアの研究にも取り組んでいます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


中高年<おしっこの悩み>ナンバーワンは男女とも「夜間頻尿」

中高年<おしっこの悩み>ナンバーワンは男女とも「夜間頻尿」

実は、あらゆる排尿障害の中で、最も悩んでいる人の数が多いのがこの夜間頻尿なのです。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長・LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長)


足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

多くの場合、夜間頻尿を引き起こす元凶はむくみ。このむくみをとるのに効果的な方法をご紹介します。【解説】重松 宏(山王メディカルセンター血管外科統括部長)


【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。強い尿意が不意に訪れる(尿意切迫感)、トイレまでがまんできずにもらしてしまう、トイレが近くなるなどが、代表的な症状です。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


【鍼灸師】夜間頻尿は「首の後ろ」を10円玉で刺激すれば改善する

【鍼灸師】夜間頻尿は「首の後ろ」を10円玉で刺激すれば改善する

首が人間の急所であり、重要な部位であることは、皆さんご存じでしょう。鍼灸の世界でも、首はツボや経絡(生命エネルギーである気の通り道)が密集する箇所として、重視されてきました。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【医師解説】男の尿漏れ 下着にシミ「ちょい漏れ」に効果大 会陰部指圧のやり方

【医師解説】男の尿漏れ 下着にシミ「ちょい漏れ」に効果大 会陰部指圧のやり方

男性によくある排尿トラブルに「排尿後、陰茎をズボンにしまった後に、タラーッと少量の尿がもれてしまう。そのため、下着やズボンにシミがついて汚す」というものがあります。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長) イラスト/古谷充子


【医師解説】排尿トラブル 頻尿や尿もれ、膀胱炎の原因と対策

【医師解説】排尿トラブル 頻尿や尿もれ、膀胱炎の原因と対策

「トイレに入ってから、外出しよう」「コンサートが始まる前にトイレに行っておかなければ」。皆さんは、こんな理由でトイレに行っていませんか?実は、こんな習慣が頻尿や尿もれ、骨盤臓器脱、膀胱炎、前立腺肥大症などの原因になったり、悪化を招いたりしているのです。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


【前立腺炎との違いは?】前立腺肥大とは?症状と治療法をわかりやすく解説

【前立腺炎との違いは?】前立腺肥大とは?症状と治療法をわかりやすく解説

前立腺は、膀胱のすぐ下にある男性生殖器の一つで、膀胱内から発した尿道が、前立腺の中心を貫くように通っています。なかでも、最も尿道に近い部分が「内腺」で、その外側に「外腺」があります。このうち、腫れて肥大するのは、尿道に近い内腺です。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長) イラスト/古谷充子


ランキング


>>総合人気ランキング