ひざの痛み

ひざの痛み

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このカテゴリでは、ひざ痛の改善に役立つ記事を紹介しています。

ひざの痛みに関連するキーワード

ひざ痛の治し方
>>ひざの痛みに関連するキーワード一覧

ひざの痛みの健康情報一覧

ひざ痛を改善する【1円玉療法】のやり方

ひざ痛を改善する【1円玉療法】のやり方

ひざは、1円玉療法が特に効く部分で、押したり曲げたりして痛い点にはるのが最も効果的です。高齢の人に多い変形性ひざ関節症や、スポーツによる痛みなど、原因を問わず、あらゆるひざの痛みを改善できます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【体のねじれを取る】ひざ痛・股関節痛の原因に効き、症状が改善「足の中指回し」

【体のねじれを取る】ひざ痛・股関節痛の原因に効き、症状が改善「足の中指回し」

腰、ひざ、股関節などの痛みに悩む人は後を絶ちません。そもそも、痛みはなぜ起こるのでしょうか。ひと言でいうと、体がねじれた状態のままで過ごしているからです。【解説】内田泰文(豊中愛整骨院・鍼灸院院長)


ケガや病気が治っても痛みを感じる膝の「慢性痛」―多くの原因は"記憶”にある!

ケガや病気が治っても痛みを感じる膝の「慢性痛」―多くの原因は"記憶”にある!

「歩くと痛い」「思うように歩けない」ことが原因で、生活の質を大きく落とす原因になり、要介護の問題にもつながることもあります。国内での調査では、ひざは約820万人、腰は1020万人以上の人が痛みに悩んでいるといわれ、日本社会の深刻な問題となっています。【解説】牛田享宏(愛知医科大学医学部教授 学際的痛みセンター長)


【自分で治せる】整形外科医が解説 ひざ痛の患者9割に効果「ひざ振り子」はすごい

【自分で治せる】整形外科医が解説 ひざ痛の患者9割に効果「ひざ振り子」はすごい

ひざは、生活する上で最も大切な関節です。日本人は、ひざの痛みに悩んでいる人が多く、治療の必要な人は800万人ともいわれています。ひざ痛の原因として最も多いのが、変形性膝関節症です。これは、加齢によって関節軟骨が徐々にすり減っていく病気です。【解説】勝呂徹(東邦大学名誉教授)


【医師の明快解説】「ひざが痛い!」変形性膝関節症の痛みを解消 軟骨も再生する簡単動作

【医師の明快解説】「ひざが痛い!」変形性膝関節症の痛みを解消 軟骨も再生する簡単動作

変形性膝関節症は、ひざ関節の軟骨がすり減って炎症を起こすために、痛みや腫れが生じる病気です。私は軟骨に負担をかけずに、潤滑油であり栄養剤である関節液を、ひざ関節に行き渡らせる方法を考案しました。それが、ひざ振り子です。【解説】山野慶樹(大阪市立大学大学院名誉教授・清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター顧問)


【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。【体験談】中田智子(東京都・68歳・主婦)


【2万人のデータが実証】ひざ痛は「かかと」の反応点をもむと改善する

【2万人のデータが実証】ひざ痛は「かかと」の反応点をもむと改善する

歩くと痛む体の部位というと、その筆頭に挙げられるのが、ひざです。ひざには大きな筋肉がないため、もともと痛めやすい上、加齢に伴って関節が老化すると、骨の間でクッションの役目を果たしている軟骨の弾力性も低下してくるので、痛みが出やすいのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【即効3点】膝が痛い!の治し方 ひざの痛みを解消「特効ツボ」マッサージ

【即効3点】膝が痛い!の治し方 ひざの痛みを解消「特効ツボ」マッサージ

整形外科でレントゲンなどを撮って、「どこも悪くありませんよ」といわれた経験はないでしょうか。そういわれても、実際には、やはりひざが痛む。しかも、このようなひざ痛に悩まされているかたは、かなり多いのです。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


【半月板損傷・変形性膝関節症のセルフケア】ひざ痛が軽減して正座も楽になる「お皿ストレッチ」

【半月板損傷・変形性膝関節症のセルフケア】ひざ痛が軽減して正座も楽になる「お皿ストレッチ」

ひざの痛みで中高年者に最も多いのが、「変形性ひざ関節症」です。これは、加齢とともに、ひざの関節軟骨がすり減って炎症を引き起こすもので、水がたまって、ひざが腫れてくる例もあります。【解説】天本藤緒(自由が丘整形外科院長)


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【首のツボ】首の後ろは全身の治療点! 温めれば脊柱管狭窄症、ひざの痛みまで消える

【首のツボ】首の後ろは全身の治療点! 温めれば脊柱管狭窄症、ひざの痛みまで消える

首の頸椎5ヵ所にはツボもあり、これらをまとめて「刺熱穴」と呼びます。それぞれ「肺熱穴」「心熱穴」「肝熱穴」「脾熱穴」「腎熱穴」という名前がついています。これらはその名のとおり、肺、心、肝、脾、腎の「五臓」に対応しています。 【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)


【名医】高位脛骨骨切り術とは - 変形性膝関節症の最新治療と手術法

【名医】高位脛骨骨切り術とは - 変形性膝関節症の最新治療と手術法

ひざ痛を引き起こす病気の中で最も多いのが、関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形を生じて、痛みなどが起こる「変形性ひざ関節症」です。大半の患者さんは減量やリハビリなどの保存的・対症的な治療を受けています。これらで症状の改善が認められない場合手術を考えるケースが出てきます。【解説】齋藤知行(横浜市立大学医学部整形外科教授)


【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。病院や治療院に行ってもなかなか治らない。痛みや症状のせいで気力までも失うことになり、せっかくのシニア生活が満喫できないなんて、本当にもったいないと思います。もし私なら、まず「浮き指」を疑います。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)


体験談【足首の痛み】が「足の中指回し」で解消 膝の痛みも取れて正座ができる

体験談【足首の痛み】が「足の中指回し」で解消 膝の痛みも取れて正座ができる

「足首が痛い!」庭で石につまずいて、左足をひねってしまいました。くるぶしの辺りが腫れて痛みましたが、「そのうち治る」と病院には行かず、湿布を貼っておきました。ところが、いくら経っても腫れは引かず、動かすと痛い状態が続いたのです。【体験談】長崎県◎70歳◎無職 佐々木純子


くり返すひざ痛も改善できる!足首とひざの関節のズレを正し柔軟にする足首回し

くり返すひざ痛も改善できる!足首とひざの関節のズレを正し柔軟にする足首回し

「ひざ痛は治療しても、なかなか改善しない」という悩みを持つ人が、年代を問わず多くなっています。実は、その原因の多くは「足首」にあります。足首が傾いたり硬くなったりすると、ひざに痛みが出るため、ひざだけを治療しても解消しないのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長)


【手のツボ】ストレスを解消し、うつ病が改善する「中指の1点刺激」のやり方

【手のツボ】ストレスを解消し、うつ病が改善する「中指の1点刺激」のやり方

私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

慢性的な膝痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)


ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

耳の下さすりは、私が提唱している「反応点治療」の核となるものです。反応点治療では、反応点と呼ぶ皮膚のポイントへの刺激によって、自律神経のコントロールを行い、さまざまな症状を改善に導きます。【解説】河村廣定(神戸東洋医療学院学科長)


ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

私はリフレクソロジー(足裏の反射療法)で、お客さまの体調を整えています。その中で気が付いたのが、足裏の状態が悪い人は、ほぼ間違いなく、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、硬かったりします。特にほぐしにくいのが、ふくらはぎの前面、つまり「すね」なのです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


ランキング


>>総合人気ランキング