ひざの痛み

ひざの痛み

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このカテゴリでは、ひざ痛の改善に役立つ記事を紹介しています。

ひざの痛みに関連するキーワード

ひざ痛の治し方
>>ひざの痛みに関連するキーワード一覧

ひざの痛みの健康情報一覧

【大学教授監修】作り方を公開!夫婦そろってひざ痛が改善した「レモン水」が痛みに効く理由

【大学教授監修】作り方を公開!夫婦そろってひざ痛が改善した「レモン水」が痛みに効く理由

私たち夫婦は、そろって膝の痛みに悩まされてきました。夫婦で板金業を営んでおり、屋根ふきの仕事をしていました。屋根ふきは、はしごを上り下りする力仕事です。人の何倍も足腰を使ってきたせいで、主人は60歳前後からひざ痛を患い、私も間もなくひざ痛に悩まされるようになりました。【体験談】高山キミ(新潟県●73歳●主婦)


【医師監修】ひざの痛みを治す食べ物「酢ニンニク」で膝痛も高血圧も改善

【医師監修】ひざの痛みを治す食べ物「酢ニンニク」で膝痛も高血圧も改善

ひざの痛みを抱えながらも、運転手として定年まで全うし、退職後は、学校の用務員の仕事に就きました。この仕事も、重い物を持ったり運んだりすることが多いものでした。ひざに負担が大きく、鈍いひざの痛みが常時続きました。立ったり座ったりすることさえ、苦痛になりました。【体験談】山口秀吉(山形県●83歳●無職)


【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

私は、整形外科医ではないので、「ひざ痛」については、門外漢です。ところが、長年、治療を続けてもよくならない、手術を勧められている、そういうかたのひざ痛が、私が考案した「筋膜はがし」でたちまち軽快したという例があるので、ご紹介したいと思います。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


【医師監修】ひざの激痛が「片足立ち」と「スクワット」をしたら治った

【医師監修】ひざの激痛が「片足立ち」と「スクワット」をしたら治った

私は、8〜9年前からひざ痛に悩まされるようになりました。平地を歩いているときは、それほど痛むわけではありませんが、階段を上るときに、ひざの中にキリが入っているような激痛が走るようになったのです。【体験談】新井トミ(東京都●81歳●無職)


【医師監修】片足立ちをしたら、ひざ痛が改善し、痛み止めの薬が不要になった体験談

【医師監修】片足立ちをしたら、ひざ痛が改善し、痛み止めの薬が不要になった体験談

1日1万歩を歩くと健康にいい、とそのころよくいわれていて、私も毎日1万歩以上歩いていました。ところが、私は体重が80kgもあったため、ひざに大きな負担がかかってしまったのでしょう。健康になるどころか、逆に、ひざ痛に苦しめられるようになったのです。【体験談】船橋昭夫(東京都●60歳●公務員)


【整形外科医】ロコモの原因「変形性膝関節症」を改善する片足立ちのやり方

【整形外科医】ロコモの原因「変形性膝関節症」を改善する片足立ちのやり方

変形性ひざ関節症の患者さんや、ひざが痛いロコモの講習会の参加者に、片足立ちとスクワットをしてもらうと、ひざの痛みが改善します。【解説】石橋英明(NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表 医療法人社団愛友会 伊奈病院整形外科部長) 


【医師の耳鳴りも消えた】ひざ痛、腰痛が改善する「ひざゆらし」のやり方

【医師の耳鳴りも消えた】ひざ痛、腰痛が改善する「ひざゆらし」のやり方

いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条件といっても過言ではありません。「健康」は、まさに「姿勢」が作るのです。私が姿勢に対し、特別関心を抱くようになったのは、西洋医学の治療の在り方に、疑問を感じたことがきっかけです。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

ひざ痛を避けるために日常生活でどんな要素が大切か、どんな運動が有効か、そうした重要なポイントが、最新の研究によってわかってきました。【解説】渡辺淳也(千葉大学大学院総合医科学講座特任准教授・東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)


【医師監修】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」が使い捨てカイロを貼ったら改善した体験手記

【医師監修】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」が使い捨てカイロを貼ったら改善した体験手記

私は70代後半までは、いたって健康体で、どこも悪いところがありませんでした。ところが、80歳を目前に、突如として体に異変が起こったのです。【体験談】石岡巌(大阪府●82歳●無職)


【冷やすな危険】ひざ痛は「使い捨てカイロ」で患部を温めれば、痛みは取れる

【冷やすな危険】ひざ痛は「使い捨てカイロ」で患部を温めれば、痛みは取れる

皆さんは、ひざが痛くなったとき、どのように対処していますか?患部を冷やしたり、湿布を貼ったりすることが多いのではないでしょうか。しかし、これは大きな間違いです。そんなことをしても、ひざ痛は改善しません。【解説】坂井 学(坂井医院院長)


【医療大学教授】ひざ痛によく効く特効ツボは「耳」にある

【医療大学教授】ひざ痛によく効く特効ツボは「耳」にある

西洋医学以外の手法を実践するなかで、私が最も興味を引かれたのが「耳介医学」です。耳のツボを刺激し、全身の症状を治す手法で、フランスの整形外科医ポール・ノジェが1956年に発見し、体系化しました。【解説】吉田宗平(関西医療大学学長・保健看護学部教授)


【即効】原因不明のひざ痛が解消する「ひざの特効ツボ」3点を指圧名人が伝授

【即効】原因不明のひざ痛が解消する「ひざの特効ツボ」3点を指圧名人が伝授

整形外科でレントゲンなどを撮って、「どこも悪くありませんよ」といわれた経験はないでしょうか。そういわれても、実際には、やはりひざが痛む。しかも、このようなひざ痛に悩まされているかたは、かなり多いのです。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


【専門家が解説】ひざをつまむことで「膝の痛み」が消える理由

【専門家が解説】ひざをつまむことで「膝の痛み」が消える理由

今から25年前のことです。その当時、私は日本で、中国人のマラソン選手のトレーナーとして働いていました。あるとき、私の担当していた選手が、肉離れを起こしてしまったのです。私はさまざまな治療法を模索しました。【解説】徐堅(整膚学園学長)


【ひざ痛の8割】は軟骨がすり減る「変形性膝関節症」治し方を医師がズバリ解説

【ひざ痛の8割】は軟骨がすり減る「変形性膝関節症」治し方を医師がズバリ解説

変形性膝関節症を中心に、原因の異なるそのほかのひざ痛も含めて、診断法や治療法、運動をはじめとする対処法などをご紹介します。ひざ痛改善の参考にしてください。【解説】石橋英明(NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表 医療法人社団愛友会 伊奈病院整形外科部長)


ランキング


>>総合人気ランキング