ひざ痛が軽減する健康法

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このページは、ひざ痛の改善に関する健康法の一覧です。


ひざ痛が軽減する健康法の健康情報一覧

「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。【体験談】中田智子(東京都・68歳・主婦)


ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

耳の下さすりは、私が提唱している「反応点治療」の核となるものです。反応点治療では、反応点と呼ぶ皮膚のポイントへの刺激によって、自律神経のコントロールを行い、さまざまな症状を改善に導きます。【解説】河村廣定(神戸東洋医療学院学科長)


ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

私はリフレクソロジー(足裏の反射療法)で、お客さまの体調を整えています。その中で気が付いたのが、足裏の状態が悪い人は、ほぼ間違いなく、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、硬かったりします。特にほぐしにくいのが、ふくらはぎの前面、つまり「すね」なのです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

変形性膝関節症は、初めはなんとなくひざが重く感じられ、そのうちに違和感やこわばりに変わっていきます。しだいに歩き始めに痛みが起こるようになる、という経過をたどるのが一般的です。何年もかけて進行したひざ痛を改善し、症状の進行を防ぐ「ひざ伸ばし」をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

ひざが痛いと訴える人は本当に多く、40歳を過ぎると、女性の6割、男性の4割に変形性膝関節症があるという調査データが報告されています(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター)。中高年のひざの痛みの大部分は、この変形性膝関節症によるものです。【解説】石橋英明(伊奈病院整形外科部長、高齢者運動器疾患研究所代表理事)


【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

「アーユルヴェーダ」は、一般に「インド伝承医学」といわれることが多いですが、直訳は「生命の科学」となります。アーユルヴェーダを行う病院では、加齢によるひざ痛の患者に「ピンダスヴェーダ」という治療法を行いますが、ご家庭で行うのは難しいので簡易法をご紹介します。【解説】加藤幸雄(日本アーユルヴェーダ研究所理事・鍼灸師)


膝痛の改善は【風船つぶし】が安全かつ効果あり!やみくもウォーキングはかえって悪化する!

膝痛の改善は【風船つぶし】が安全かつ効果あり!やみくもウォーキングはかえって悪化する!

ひざ痛の二大要因は肥満とO脚です。筋肉の約70%は下半身に集中しており、下半身が衰えると太りやすくなります。太るとひざへの負担が増し、ひざ痛を起こします。太ももの内側が衰えると、O脚になります。痩せるためのウォーキングも負担のかかった歩き方でかえってひざ痛悪化になることもあるのです。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング