胃腸の病気

胃腸の病気

胃もたれ、食欲がないといった不調は誰もが経験する症状です。原因は、塩分の過剰摂取やピロリ菌、ストレスなどさまざまです。胃腸の不調は、便秘や下痢といった症状も引き起こします。胃炎や胃潰瘍などの病気のほか、検査では一見異常がないのに胃の不調が起こる機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は、日本人の4人に1人が該当します。このカテゴリは胃腸の健康を保つために役立つ記事の一覧です。

関連するカテゴリー

腸の大そうじ

胃腸の病気の健康情報一覧

【腸研究の権威が提言】排便量は戦前の半分減!「健康になりたければでかいウンコを出せ」

【腸研究の権威が提言】排便量は戦前の半分減!「健康になりたければでかいウンコを出せ」

腸内細菌は、私たちの健康を保つうえで、非常に大切な働きをしています。病原菌を排除し消化を助けビタミンBやCなどを合成するのです。人が幸せを感じるとき脳内にはドーパミンやセロトニンといった「幸せ物質」が分泌されます。腸で作られたその前駆物質を脳に送っているのも、腸内細菌です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

人体に生息する無数の微生物集団(細菌叢)=マイクロバイオームが人体に多大な影響を及ぼしていることがわかってきました。その一つに消化・吸収があります。また、リンパ球をふやし免疫力を高める働きのほか、炎症をおさえる働きを持つ制御性T細胞を活性化する作用も示唆されています。【解説】岡本 裕(e-クリニック医師 )


「みそキャベツ」が日本人を救う?腸内細菌を育てる【育菌】の話

「みそキャベツ」が日本人を救う?腸内細菌を育てる【育菌】の話

生後1年間で、どれだけ多種多様な細菌を取り込んだかで、その人が一生にわたって持ち続ける腸内細菌叢の基本的な組成が決まります。その組成は一人ひとりで違いますから、この生後1年がとても大事なのです。では、すでにその組成が決まってしまっている大人はどうしたらよいでしょうか。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授 )


【豆乳グルグルヨーグルト】トッピングでさらにおいしく腸活!

【豆乳グルグルヨーグルト】トッピングでさらにおいしく腸活!

そのまま食べると、乳酸菌と酵母の独特のおいしさを楽しめますが、そこにトッピングが加わるとコクのあるまろやかな味に。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

腸内細菌のバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前からいわれてきましたが、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。近年の研究技術の進展によって、解明されつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。【解説】渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)


【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

「肉はとってはいけない」と思う人が多いようです。肉を食べると、コレステロールがふえて血管にたまり、動脈硬化を起こし、腸内環境が悪化すると考えるからです。しかし、長寿を考えると、これは間違いです。50歳を過ぎて、長生きしたければ、肉を食べなければなりません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


下腹ポッコリ便秘がち【大腸下垂】の可能性!上げ下げするだけで面白いほど便がでる!

下腹ポッコリ便秘がち【大腸下垂】の可能性!上げ下げするだけで面白いほど便がでる!

「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 


「腸は脳より賢い」と医師が断言!腸内細菌を増やせば、ガンやうつを予防できる!

「腸は脳より賢い」と医師が断言!腸内細菌を増やせば、ガンやうつを予防できる!

「腸は第2の脳である」といわれています。これは、腸の重要性を示す言葉であるわけですが、私ならば、こういうでしょう。「腸は脳より賢い」少々、大げさと思われるでしょうか。しかし、私は決して誇張しているわけではありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


1日17品を食べ歩いても太らない!ヨネスケさんは【ヨーグルト漬物】で絶好腸

1日17品を食べ歩いても太らない!ヨネスケさんは【ヨーグルト漬物】で絶好腸

私は、子供のころから病気知らずで、学校や仕事を休んだことがほとんどありません。そんな私でも、一つだけ弱いところがありました。それは、腸です。ヨーグルトを頻繁にとるようになってから、下痢はもちろん、便秘もしなくなりました。【体験談】ヨネスケさん(落語家・タレント)


【豆乳グルグルヨーグルト】種菌を使って一晩で完成させる作り方

【豆乳グルグルヨーグルト】種菌を使って一晩で完成させる作り方

種菌ができれば、あとは簡単。市販の豆乳の容器をそのまま利用すれば、雑菌が混入する心配もありません。また、食べきりサイズで作る方法もご紹介します。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


【専門医】おならの臭いだけでなく体臭や口臭まで減らせる最強の消臭食品はコレ

【専門医】おならの臭いだけでなく体臭や口臭まで減らせる最強の消臭食品はコレ

便、おなら、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸で作られます。腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水化物などは、主に善玉菌によって分解され、二酸化炭素やメタンといった、においの少ないガスを作ります。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【絶対出る!】不規則になりがちな年末年始の食生活。快便には「このみそ汁」が最適

【絶対出る!】不規則になりがちな年末年始の食生活。快便には「このみそ汁」が最適

私の健康で長生きする秘訣は、腸を元気にして、免疫力を上げること。腸は、食べ物を消化吸収するだけでなく、心身の健康維持には欠かせないビタミンやホルモンを作り出します。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


【知ってる?】豆乳グルグルヨーグルト物語

【知ってる?】豆乳グルグルヨーグルト物語

もともとヨーグルトが大好きだった私ですが、過敏性腸症候群を発症し、市販のヨーグルトが合わなくなってしまいました。そんな中で出会ったのが、豆乳と玄米だけで作るという、画期的なヨーグルトでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


豆乳グルグルヨーグルトの「基本の作り方」

豆乳グルグルヨーグルトの「基本の作り方」

さあ、豆乳グルグルヨーグルトを作りましょう。ポイントは、少しずつ、じっくり時間をかけて行う種菌作りです。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


【血液型別】A型は豚肉とウナギがお勧め!腸を活性化する食品。B型、O型は?

【血液型別】A型は豚肉とウナギがお勧め!腸を活性化する食品。B型、O型は?

私たちの腸内には、4万種類で1000兆個の細菌がいて、それぞれがA型物質やB型物質を持っています。例えば、大腸菌類でも、A型、B型、О型と分かれています。実は、私たち人間は、これらの腸内細菌を、人類に進化する前から、腸内に持っていました。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


あらゆるタイプの便秘が「11円」で解消――その理由とは?

あらゆるタイプの便秘が「11円」で解消――その理由とは?

便秘にはさまざまなタイプのものがありますが、便秘の種類を問わず、あらゆる便秘解消に有効な「11円療法」を紹介します。11円療法とは、10円玉と1円玉を、二つのツボにはることによって、体のさまざまな不調を解消する健康法です。【解説】鈴木秀寿(宝寿堂鍼灸治療院院長)


【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

腸は本来、口から入ってきた食品を、とことん消化するしくみになっています。腸は筋肉でできているので、筋肉運動をして消化するわけです。楽に吸収できるものばかりを食べていると、筋肉を使う必要がないので筋肉運動をしなくなり、退化してペラペラに薄くなっていくのです。【解説】丁 宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【シーズン到来】胃の働きを高める「手足の特効ツボ」を大公開

【シーズン到来】胃の働きを高める「手足の特効ツボ」を大公開

「西洋医学だけでは、うまく対応できない病気が数々ある」 そう感じた私は、1977年に開業した当初から、東洋医学に関心を抱いてきました。例えば、肩こりなど、西洋医学ではうまく対処できない症状に対して、東洋医学を用いると、その症状を解消できるケースがしばしばあります。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


【大腸ガンは"検査”で予防できる!】最新「大腸内視鏡検査」内容と検査を受けるメリット

【大腸ガンは"検査”で予防できる!】最新「大腸内視鏡検査」内容と検査を受けるメリット

大腸ガンは、ガンの中では最も助かりやすいガンの一つです。それなのに大腸ガンの死亡数が多いのはなぜでしょうか。大腸ガンは検査さえ受ければ助かるガンです。検査を受けないのは、大いなる損失だといえます。痛みもなく治療が同時にできる大腸内視鏡検査は、便秘解消のメリットもあるのです【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)


【腸の専門家も実践】60代で腸年齢30代!腸内フローラ改善食で健康的に14kgやせた!

【腸の専門家も実践】60代で腸年齢30代!腸内フローラ改善食で健康的に14kgやせた!

同じ量、同じカロリーを取っていても、やせる人もいれば太る人もいます。これまでの科学では、この違いを運動量の差や体質などというばかりで、決定的な答えを出すことができませんでした。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


ランキング


>>総合人気ランキング