心臓病・脳梗塞

心臓病・脳梗塞

血管年齢という言葉をよく耳にするようになりました。「動脈の硬さ(動脈硬化)」を知るバロメータが血管年齢です。血管は、加齢とともに伸縮性を失い硬くなっていきます。「血管年齢が実年齢より高い」と血管は収縮性を失っていて老化している「動脈硬化」が進んでいる状態だと診断されます。このカテゴリは、「血管の若返り」に役立つ記事を紹介します。

心臓病・脳梗塞に関連するキーワード

脳梗塞の治療 動脈硬化の予防 強い血管をつくる
>>心臓病・脳梗塞に関連するキーワード一覧

心臓病・脳梗塞の健康情報一覧

【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万kmにも及びます。【解説】井上正康(健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授)


【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化、高血圧に効果

【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化、高血圧に効果

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


血管のサビを落として全身を若返らせる!医師が指導し大評判のゴキブリ体操

血管のサビを落として全身を若返らせる!医師が指導し大評判のゴキブリ体操

一生硬くならない、しなやかな血管を保つことは、老化を予防し、元気に長生きするための前提条件といえるでしょう。そして、そのような丈夫な血管をつくるには、筋肉を萎縮させないことが大事です。【解説】周東 寛(医療法人健身会理事長・医学博士)


【医師解説】毛細血管が元気に!疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

【医師解説】毛細血管が元気に!疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

動脈は外膜、中膜、内膜の3層から成り、血管壁をつくり上げています。外膜は血管を守る保護層、中膜は血管の拡張と収縮にかかわる層、内膜は薄い線維成分と内皮細胞から成ります。血管を強くする決め手となるのが、この内皮細胞です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【虚血性心不全】突然死を防ぐには「首動脈」のエコー検査が有効

【虚血性心不全】突然死を防ぐには「首動脈」のエコー検査が有効

救急診療では、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


【足首を回せば…】冷たかった手の指先が一瞬で温かくなる!

【足首を回せば…】冷たかった手の指先が一瞬で温かくなる!

東洋医学では、足に、全身の内臓や器官とつながっている「反射区」というものがあるといわれています。この反射区を刺激することで、滞っていた血液やリンパの流れをよくし、病気や不調を改善・軽減していこうというのが、足もみ健康法です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長)


【かかとを上下】ふくらはぎの刺激でウエストが細くなる!

【かかとを上下】ふくらはぎの刺激でウエストが細くなる!

動脈硬化はなぜ起こるのでしょうか。その最大の原因は、加齢です。動脈硬化を高齢者の病気だと思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。動脈硬化は、生まれたときから始まっています。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


【酢玉ねぎの体験談】胃腸の調子が整う!便秘が治りバナナ便がスルリ 血圧も改善

【酢玉ねぎの体験談】胃腸の調子が整う!便秘が治りバナナ便がスルリ 血圧も改善

5年前、ほんの偶然で高血圧がわかりました。それまで健康診断でそのようなことを指摘されたこともなかったし、もちろん、自覚症状もなかったので驚きました。【体験談】新宅隆(仮名・無職・72歳)


内臓脂肪を燃焼させるホルモンを分泌「若返り呼吸」

内臓脂肪を燃焼させるホルモンを分泌「若返り呼吸」

脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を招く動脈硬化は、食事や運動をはじめとした生活習慣の改善で防ぐことができます。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


【心臓疾患の名医】心房細動の治療薬(抗凝固薬)メリットとデメリット

【心臓疾患の名医】心房細動の治療薬(抗凝固薬)メリットとデメリット

心房細動といわれたら、積極的に治療を受けることが必須です。治療は、薬物療法と手術に大別されます。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

「三角食べ」をしている人は、今日から野菜を先に食べ、続いて肉や魚、大豆などのたんぱく質、最後にごはんやパンなどの炭水化物を食べるようにしましょう。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【血管を強くする食べ物】塩分を減らし青魚や大豆製品の食事が血管強化の秘訣

【血管を強くする食べ物】塩分を減らし青魚や大豆製品の食事が血管強化の秘訣

血管の若返りを図って血管病を防ぐには、動脈の内皮細胞を元気にすることです。そのために最も重要で効果的なのは食生活です。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


心房細動から脳梗塞を起こした私が実践する「二度と血栓を作らない」秘策

心房細動から脳梗塞を起こした私が実践する「二度と血栓を作らない」秘策

私は18年ほど前に脳梗塞を起こしました。早期治療と早期リハビリテーション(機能回復訓練)のかいがあって、後遺症も少なく、職場に復帰することもできました。【体験談】加藤博(無職・70歳)


塩分は大幅カットでも超うまい! 病院でも大人気の 「牛乳ちょい足し減塩レシピ」

塩分は大幅カットでも超うまい! 病院でも大人気の 「牛乳ちょい足し減塩レシピ」

乳和食とは、私が20年以上前から、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を使ったオリジナル料理の開発に取り組んできた経験から生まれた減塩料理です。【解説】小山浩子(料理家・管理栄養士)


 【耳たぶのシワ】瞼の脂肪腫 足がだるいは "病気のサイン" 動脈硬化は見た目で分かる

【耳たぶのシワ】瞼の脂肪腫 足がだるいは "病気のサイン" 動脈硬化は見た目で分かる

動脈硬化の予兆は、外見に現れることがあります。チェックリストに当てはまるものがある人は、動脈硬化が進行している可能性が考えられます。脳梗塞、心筋梗塞といった病気のサインが潜んでいることがあるので注意が必要です。耳たぶにシワができたケースを写真付きで紹介しましょう。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】冠動脈の動脈硬化で起きる心臓の病気「骨化」― 予防ができる3つの食事

【急死を防ぐ】冠動脈の動脈硬化で起きる心臓の病気「骨化」― 予防ができる3つの食事

心臓の「骨化」は、冠動脈が動脈硬化を起こすと生じます。そのため、骨化を予防するには、まず動脈硬化の進行を防ぐことが重要です。食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


【写真】動脈硬化は "見た目" でも分かる 顔のシミやシワが多い人は血管も老化の可能性

【写真】動脈硬化は "見た目" でも分かる 顔のシミやシワが多い人は血管も老化の可能性

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。実年齢と血管年齢の関係について解説します。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。しかし、血管の若返りを図ることは可能なのです。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング