心臓病・脳梗塞

血管年齢という言葉をよく耳にするようになりました。「動脈の硬さ(動脈硬化)」を知るバロメータが血管年齢です。血管は、加齢とともに伸縮性を失い硬くなっていきます。「血管年齢が実年齢より高い」と血管は収縮性を失っていて老化している「動脈硬化」が進んでいる状態だと診断されます。このカテゴリは、「血管の若返り」に役立つ記事を紹介します。

心臓病・脳梗塞に関連するキーワード

脳梗塞の治療 動脈硬化の予防 強い血管をつくる
>>心臓病・脳梗塞に関連するキーワード一覧

心臓病・脳梗塞の健康情報一覧

【足首を回せば…】冷たかった手の指先が一瞬で温かくなる!

【足首を回せば…】冷たかった手の指先が一瞬で温かくなる!

東洋医学では、足に、全身の内臓や器官とつながっている「反射区」というものがあるといわれています。この反射区を刺激することで、滞っていた血液やリンパの流れをよくし、病気や不調を改善・軽減していこうというのが、足もみ健康法です。【解説】折田 充(日本足部反射区健康法協会会長)


【かかとを上下】ふくらはぎの刺激でウエストが細くなる!

【かかとを上下】ふくらはぎの刺激でウエストが細くなる!

動脈硬化はなぜ起こるのでしょうか。その最大の原因は、加齢です。動脈硬化を高齢者の病気だと思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。動脈硬化は、生まれたときから始まっています。【解説】重松 宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


胃腸の調子が上向き!バナナ便がスルッと出ておなかも凹んだ「この食材」

胃腸の調子が上向き!バナナ便がスルッと出ておなかも凹んだ「この食材」

5年前、ほんの偶然で高血圧がわかりました。それまで健康診断でそのようなことを指摘されたこともなかったし、もちろん、自覚症状もなかったので驚きました。【体験談】新宅隆(仮名・無職・72歳)


内臓脂肪を燃焼させるホルモンを分泌「若返り呼吸」

内臓脂肪を燃焼させるホルモンを分泌「若返り呼吸」

脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を招く動脈硬化は、食事や運動をはじめとした生活習慣の改善で防ぐことができます。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


【心臓疾患の名医】心房細動の治療薬(抗凝固薬)メリットとデメリット

【心臓疾患の名医】心房細動の治療薬(抗凝固薬)メリットとデメリット

心房細動といわれたら、積極的に治療を受けることが必須です。治療は、薬物療法と手術に大別されます。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

「三角食べ」をしている人は、今日から野菜を先に食べ、続いて肉や魚、大豆などのたんぱく質、最後にごはんやパンなどの炭水化物を食べるようにしましょう。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


血管ケアで最重要はやっぱり食事!血管病を防ぐ3つの柱はコレ

血管ケアで最重要はやっぱり食事!血管病を防ぐ3つの柱はコレ

血管の若返りを図って血管病を防ぐには、動脈の内皮細胞を元気にすることです。そのために最も重要で効果的なのは食生活です。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


心房細動から脳梗塞を起こした私が実践する「二度と血栓を作らない」秘策

心房細動から脳梗塞を起こした私が実践する「二度と血栓を作らない」秘策

私は18年ほど前に脳梗塞を起こしました。早期治療と早期リハビリテーション(機能回復訓練)のかいがあって、後遺症も少なく、職場に復帰することもできました。【体験談】加藤 博(無職・70歳)


塩分は大幅カットでも超うまい! 病院でも大人気の 「牛乳ちょい足し減塩レシピ」

塩分は大幅カットでも超うまい! 病院でも大人気の 「牛乳ちょい足し減塩レシピ」

乳和食とは、私が20年以上前から、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を使ったオリジナル料理の開発に取り組んできた経験から生まれた減塩料理です。【解説】小山浩子(料理家・管理栄養士)


 耳たぶのシワ、まぶたのコブ、 足の左右差は要注意。動脈硬化は見た目でわかる!

耳たぶのシワ、まぶたのコブ、 足の左右差は要注意。動脈硬化は見た目でわかる!

動脈硬化の予兆は、外見に現れることがあります。チェックリストに当てはまるものがある人は、動脈硬化が進行していると考えられるので要注意です。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。それを補うために、小魚や大豆・豆製品、葉物野菜、海藻、乳製品などカルシウムを多く含む食品を積極的に取ることが大切です。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


血管を強くするカギは 「内皮細胞」!内皮細胞を 元気に保つ3つのポイント

血管を強くするカギは 「内皮細胞」!内皮細胞を 元気に保つ3つのポイント

血管の最も大きな役目は、いうまでもなく血液を目的地に届けることです。しかし、血管は単なる「管」ではなく、複雑な構造と機能を持っています。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


血管が若返り記憶力が高まる 「アマニ油かけ納豆」は 最強の認知症予防・改善食

血管が若返り記憶力が高まる 「アマニ油かけ納豆」は 最強の認知症予防・改善食

認知症の予防や改善のために、もっともパワフルな食品は納豆です。私は日々、「納豆は日本が生んだ最高の食べ物です!」と、声を大にして患者さんに訴えかけています。【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)


ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

糖尿病にならないためには、食べ過ぎずにインスリンの働きに見合った量の食事をすること、そして、血糖値を急激に上げないことが大切です。そこで、緑茶に豊富に含まれるカテキンが注目されているのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)


【医師解説】心筋梗塞や脳卒中の原因に カルシウム不足による心臓の「骨化」を防ぐには

【医師解説】心筋梗塞や脳卒中の原因に カルシウム不足による心臓の「骨化」を防ぐには

最近の研究で、心臓の「骨化」が起きている人は、心臓の血管の病気である心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの脳血管疾患による死亡率が、10倍も高まることが明らかになりました。そのため、健康上注意すべき病変として、心臓の骨化が注目されているのです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


【医師考案】野菜スープで体内デトックス!糖尿病や高血圧、脂肪肝も改善

【医師考案】野菜スープで体内デトックス!糖尿病や高血圧、脂肪肝も改善

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの患者さんは、日々の生活で厳しい食事制限を課せられているのではないでしょうか。いつもカロリーを気にし、塩分や糖質を抑えているような食事では、食事の楽しみが半減し、ストレスもたまる一方ですね。【解説】髙橋 弘(ハーバード大学医学部元准教授・麻布医院院長)


【予防医学】動脈硬化を改善し脳卒中や心筋硬塞を防ぐ「血管若返りストレッチ」

【予防医学】動脈硬化を改善し脳卒中や心筋硬塞を防ぐ「血管若返りストレッチ」

私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城 実(日本予防医療協会代表理事・医学博士)


ランキング


>>総合人気ランキング