心臓病・脳梗塞

血管年齢という言葉をよく耳にするようになりました。「動脈の硬さ(動脈硬化)」を知るバロメータが血管年齢です。血管は、加齢とともに伸縮性を失い硬くなっていきます。「血管年齢が実年齢より高い」と血管は収縮性を失っていて老化している「動脈硬化」が進んでいる状態だと診断されます。このカテゴリは、「血管の若返り」に役立つ記事を紹介します。

心臓病・脳梗塞に関連するキーワード

脳梗塞の治療 動脈硬化の予防 強い血管をつくる
>>心臓病・脳梗塞に関連するキーワード一覧

心臓病・脳梗塞の健康情報一覧

【下肢静脈瘤】初期症状はだるさやむくみ、痛み ― セルフケア「ゴキブリ体操」で改善

【下肢静脈瘤】初期症状はだるさやむくみ、痛み ― セルフケア「ゴキブリ体操」で改善

ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか? もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害になった私の、治療とリハビリ、回復の記録

【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害になった私の、治療とリハビリ、回復の記録

前兆はありました。脳梗塞を起こす少し前、私は突然、頭痛に襲われました。絶え間なくハンマーでガンガンと叩きつけられるような痛みと吐き気。疲労感と眠気。頭痛薬は効かず、1週間後、ついに病院に駆け込みました。詳しく調べるために検査入院をしました。その最中に、脳梗塞が起こったのです。【体験談】沼尾ひろ子(ナレーター)


【動脈硬化の予防に】ふくらはぎを刺激して全身の血流を促す「かかとの上下体操」

【動脈硬化の予防に】ふくらはぎを刺激して全身の血流を促す「かかとの上下体操」

動脈硬化を防ぐには、なによりも食事に気を付けて、よく歩くことが大事です。加えて、私がお勧めしているのが「かかとの上下体操」です。これは、かかとを上げたり下げたりする、簡単な体操です。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


ランキング


>>総合人気ランキング