【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。私は、特に睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えています。そもそも、安静時は、鼻呼吸が正しい呼吸法です。安静時にもかかわらず、口を開いたままになる口呼吸は、不自然極まりない呼吸法といえます。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

「耳の下もみ」は文字どおり、耳の下をもんでマッサージする健康法です。歯周病だけでなく、生活習慣病の予防・改善などに効果的ですが、高血圧の解消に特に効果を上げています。では、なぜ、耳の下もみが高血圧の予防・改善に役立つのでしょうか。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。その結果、心拍出量が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。【解説】鄭忠和(和温療法研究所所長・獨協医科大学特任教授)


【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

手首、足首がかたいということは、手首や足首から先の血行が悪いということです。心臓は、その血流の悪くなっている末梢にも血液を送り届けようとします。 流れの悪いところに血液を届けるためには、心臓は余分に圧を高めなければなりません。結果として、血圧が上がることになります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

大根ニンジンスープは、便秘の特効薬であり、即効性があるとされています。その秘密は、スープの材料となる食品の、複合的な作用だと考えられます。まず、大根やニンジンの食物繊維の働きです。そして、含有されるビタミン類や、酵素の働きも見逃せません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【医師解説】高血圧の原因は塩分ではない!真の原因は「血管プラーク」

【医師解説】高血圧の原因は塩分ではない!真の原因は「血管プラーク」

高血圧の原因のほとんどは、血管にたまったプラークです。たまったプラークは、時間の経過により石灰化し、動脈硬化が進行していきます。血管が狭く細くなると、血流の勢いを保つ必要が生じ、心臓が血圧を上げ高血圧を引き起こします。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【血圧を下げる】「アンパンマン」のリズムで腕を振ると血管が若返る!痩せるってホント?

【血圧を下げる】「アンパンマン」のリズムで腕を振ると血管が若返る!痩せるってホント?

私が提唱している「腕振り健康法」は、ダイエットからアンチエイジング、関節痛まで幅広い健康効果をもたらす健康法です。特に高血圧をはじめとする生活習慣病については、大変有効であると判明しています。高血圧に腕振りが大きく作用するのは、血管の若返り効果が発揮されるからです。【解説】金城実(医学博士・日本予防医療協会代表理事)


【医師解説】高血圧対策に心がけたい生活習慣 ― 塩分は控えた方がいい?早朝と就寝時の血圧は?

【医師解説】高血圧対策に心がけたい生活習慣 ― 塩分は控えた方がいい?早朝と就寝時の血圧は?

私は「睡眠時の血圧を下げることこそが、健康長寿のカギである」と考えています。その対策について、お話ししましょう。高血圧患者の多くは、原因不明の「本態性高血圧」といわれますが、その原因のほとんどはストレスであると考えています。また、朝食も重要です。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

「高血圧対策といえば減塩食」というのが常識となった今、「制限すべきは塩分ではなく脂質」と独自の理論を唱え、食事療法により血管状態の改善に成果を上げているクリニックがあります。ここでは、その食事指導の概要を紹介します。ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【日本初】外来で「嗜好品」を医師が勧める!?患者の人気NO.1はチョコレート

【日本初】外来で「嗜好品」を医師が勧める!?患者の人気NO.1はチョコレート

私の勤務する戸田中央総合病院の「嗜好品外来」は、実際に体によいというエビデンス(科学的な根拠)があり、安全性が確認されている嗜好品を患者さんの症状や必要性に応じて勧めています。なかでも患者さんに好評なのがチョコレート。血圧を改善する効果があります。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)


【高血圧を治す】血管内の脂肪を一掃し血圧を下げる血管若返りレシピ2

【高血圧を治す】血管内の脂肪を一掃し血圧を下げる血管若返りレシピ2

「制限すべきは塩分ではなく脂質」と独自の理論を唱え、食事療法により血管状態の改善に成果を上げているクリニックがあります。ここでは、血管が若返るお勧めのメニューを紹介します。レシピを参考に、ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【シナモン(桂皮)の効能】毛細血管を若返らせ血圧を下げる作用 メタボにも効果あり

【シナモン(桂皮)の効能】毛細血管を若返らせ血圧を下げる作用 メタボにも効果あり

シナモンに毛細血管の老化や障害を抑制する作用があることを突き止めました。滞った血流を回復させ、血圧を下げる効果が期待できます。また、血糖値を下げる効果があることも確認されています。内臓脂肪型の肥満で、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併しているメタボの方にお勧めです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

オキシトシンは、幸せな気分を高めるセロトニンや、やる気が出るドーパミンなどのホルモンの分泌を促します。最近の研究では、オキシトシンが直接血管に作用して血圧を下げることも判明しています。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長/アメリカ・ウィスコンシン医科大学教授)


【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

私は、高血圧は動脈硬化の物理的な結果と考えており、真の原因「血管プラーク」の減少に取り組んでいます。血管プラークは主に、口から入った酸化した油脂類なので、改善の柱となるのは、脂質を制限する食事療法です。そこで「RAP食」を考案しました。動脈硬化の改善に、実績を上げています。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【高血圧を改善】1日10回ティッシュを噛むだけ!血圧を下げるトレーニング

【高血圧を改善】1日10回ティッシュを噛むだけ!血圧を下げるトレーニング

偏った噛み方をしていると、常に使っている歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じます。この噛み合わせの異常から、さまざまな支障が生じるのです。噛みグセを治せば、原因不明の高血圧だけでなく、耳鳴りや難聴、めまいなど多くの症状が解消します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)


【名医が認定】血圧を下げるドリンクは「果汁100%のブドウジュース」

【名医が認定】血圧を下げるドリンクは「果汁100%のブドウジュース」

あるテレビ番組関係者から「先生、ブドウジュースを飲むと血圧は下がりますか?」と、聞かれました。文献を当たったところ、確かに海外に、そうした研究がありました。そこで早速、高血圧の患者さんにご協力をいただき、臨床試験を行うことにしました。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授・東医療センター内科医師)


【医師解説】高血圧は自分で治すことができる!寝る直前の最小血圧がポイント

【医師解説】高血圧は自分で治すことができる!寝る直前の最小血圧がポイント

患者1700人の調査で判明!血圧には、最大血圧と最小血圧がありますが、私は後者を重視しています。なぜなら、最大血圧は緊張やストレスで変動するのに対し、最小血圧は血管の状態を示しているからです。そこで、私がお勧めしているのが、就寝直前の血圧測定です。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【高血圧を治す】血管内の脂肪を撃退する「血管若返り」レシピ

【高血圧を治す】血管内の脂肪を撃退する「血管若返り」レシピ

血管が若返るお勧めのメニューを紹介します。レシピを参考に、ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【医師解説】降圧剤(血圧を下げる薬)の副作用で認知症に!? 180ミリなら無理に下げなくて良い

【医師解説】降圧剤(血圧を下げる薬)の副作用で認知症に!? 180ミリなら無理に下げなくて良い

基準値を少し超えたからといって、すぐに降圧剤を飲むのは考えものです。体はわざわざ血圧を上げているからです。それを薬で無理に下げれば、さまざまな症状を引き起こします。薬を飲み始めた高齢者が、「元気がなくなった」「手足が冷たくなった」等の不定愁訴に悩まされるのは、このためです。【解説】岡本 裕(e-クリニック医師)


ランキング


>>総合人気ランキング