心筋梗塞の予防に関する健康情報


「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善 心臓病を予防 認知症にも効果?

【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善 心臓病を予防 認知症にも効果?

海外の研究では、レッドオレンジの摂取によって血管を保護する作用が働き、心筋梗塞など心血管病の予防につながることが報告されています。では、日本の温州ミカンはどうでしょうか。私の教え子である、愛媛大学医学部の学生が行った研究をご紹介しましょう。【解説】茂木正樹(愛媛大学大学院医学系研究科 薬理学教授・医学博士)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【心筋梗塞】「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

【心筋梗塞】「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

心筋梗塞などの心臓病が最も起こりやすいのは「冬の第1月曜日の朝」といわれています。体の中で24時間の時を刻む時計遺伝子があることが知られています。最新の研究で高血圧にも、この遺伝子が深く関わっているとわかってきました。時計遺伝子に関する新しい知識をぜひ生かしてみてください。【解説】大塚邦明(東京女子医科大学名誉教授 )


【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化、高血圧に効果

【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化、高血圧に効果

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


【虚血性心不全】突然死を防ぐには "頸動脈(首の動脈)" のエコー検査が有効

【虚血性心不全】突然死を防ぐには "頸動脈(首の動脈)" のエコー検査が有効

救急診療では、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


 【耳たぶのシワ】足がだるい 瞼の脂肪腫は "病気の前兆" 動脈硬化は見た目で分かる

【耳たぶのシワ】足がだるい 瞼の脂肪腫は "病気の前兆" 動脈硬化は見た目で分かる

動脈硬化の予兆は、外見に現れることがあります。チェックリストに当てはまるものがある人は、動脈硬化が進行している可能性が考えられます。脳梗塞、心筋梗塞といった病気のサインが潜んでいることがあるので注意が必要です。耳たぶにシワができたケースを写真付きで紹介しましょう。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。しかし、血管の若返りを図ることは可能なのです。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城実(日本予防医療協会代表理事・医学博士)


【バナナの効果】200ミリの血圧がバナナ酢で正常化!30kgのダイエットも成功

【バナナの効果】200ミリの血圧がバナナ酢で正常化!30kgのダイエットも成功

私は81歳になりました。仕事は今も現役です。私は、気功整体を行うとともに、学院を開設して、整体師や気功師の育成も行っています。【解説】青木宏安(大阪府●81歳●気功学院経営)