耳鳴りに関する健康情報


首こりと肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

首こりと肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

肩や首に緊張があると、耳の血行が悪くなり、鼓膜がピンと張るようになって振動が減少し、結果的に音の聴こえが悪くなります。また、首から頭に鬱血がふえてリンパの流れが悪くなると、耳がむくんで内リンパ水腫などができ、めまいが発症しやすくなるのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長)


【ひどい肩こり・倦怠感】「食いしばり」が原因の一つ!歯科医お勧めのセルフケア「下あごずらし」とは

【ひどい肩こり・倦怠感】「食いしばり」が原因の一つ!歯科医お勧めのセルフケア「下あごずらし」とは

しつこい肩こり、各所の痛みのほか、耳鳴りやめまい、倦怠感、不眠など、不定愁訴に悩む人が急増しています。私は多くの患者さんの口腔内を診てきた経験から、こうした症状の大半は、「食いしばり」が原因だと考えています。【解説者】西村育郎(西村歯科理事長・院長)


【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

タマネギをとると、平肝作用により、気がスムーズに流れます。頭に上った気が下がるので、血液の流れもよくなり、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症といった、血液に関連した生活習慣病が改善に導かれます。【解説】三浦於菟(東邦大学医療センター大森病院東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


【精力減退・EDに】腸を温めて性力を高める「黒ゴマ酒」の作り方・飲み方

【精力減退・EDに】腸を温めて性力を高める「黒ゴマ酒」の作り方・飲み方

私は、黒ゴマが現代でも通用するのではないかと考え、耳鳴りや難聴、耳閉感などに悩む人に試してもらったところ、実に多くの人に効くことがわかりました。性力減退やEDといった性の老化現象も、同様に、腎が弱ることで起こります。こうした状態の改善にお勧めなのが、黒ゴマです。【解説】井上正文(群馬中国医療研究協会薬局代表・薬剤師)


【高血圧の解消】やり方簡単!血圧が下がる「耳輪ゴム」で耳鳴りや肩こりもたちまち解消

【高血圧の解消】やり方簡単!血圧が下がる「耳輪ゴム」で耳鳴りや肩こりもたちまち解消

耳輪ゴムが、高血圧の解消に有効だとわかったのです。耳輪ゴムは、どのご家庭にもある輪ゴムを耳に巻くだけ。とても簡単な健康法ですから、気軽にお試しいただければ幸いです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

腕の内側の生体の流れは指先に向かっていますから、指先に向かって押すと、滞っていた生体の流れがよくなるのです。この指の2点押しを行うと、脳の末梢の血流がよくなるので、頭痛の改善や、認知症の予防に役立ちます。【解説】金三雄(ゆうあい内科・脳神経クリニック理事長)


【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

うつぶせユラユラは、自律神経のバランスを調節する働きがありますが、特に副交感神経を優位にさせる力が大きいのでしょう。うつぶせユラユラを行っているかたに話を聞くと、「心も体もリラックスする」「寝る前に実行すると、スーッと入眠できる」という声が多いそうです。【解説】小林理(長野赤十字病院呼吸器外科部長 )


【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【原因不明の耳鳴り、難聴】噛み癖が原因かも!顎のズレを直す「ティッシュ噛み」のやり方

【原因不明の耳鳴り、難聴】噛み癖が原因かも!顎のズレを直す「ティッシュ噛み」のやり方

耳鳴り、めまい、難聴といった症状は、耳鼻科で治療を受けても、なかなか改善しないことがあります。検査をしても原因が特定できなかったり、特に異常がないといわれたり……。実は、こうしたケースに、「噛みグセ」が関係していることが多いのです。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)


【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

口内フローラの悪化は歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで実にさまざまな不調の原因となるのです。この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

ニンニクスープはアレルギー症状に対する効果だけにとどまりません。その効能には、「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

体の不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。低体温によって余計な水分が体にたまるのです。血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


耳鳴り・めまいの原因は「顎のゆがみ」 ― 蒸しタオルで改善!頭痛も楽になった

耳鳴り・めまいの原因は「顎のゆがみ」 ― 蒸しタオルで改善!頭痛も楽になった

あごの骨格がゆがんでいると、耳の内部に流れるリンパ液が滞り、耳たぶの後ろにあるリンパ節が詰まってきます。そのうえ、血流も悪くなり、耳の各器官に血液がじゅうぶんに行き渡らなくなります。これらが原因で、耳鳴りやめまいが引き起こされるといえます。【解説】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

首の後ろの「快聴ツボ」を押したら 10年来の耳鳴り消失!首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。【解説者】本田哲朗(本田耳鼻咽喉科医院院長)


耳鳴り・めまいを改善するセルフケア「アルミ湿布」 ― アキレス腱にアルミホイルを巻くだけ

耳鳴り・めまいを改善するセルフケア「アルミ湿布」 ― アキレス腱にアルミホイルを巻くだけ

アルミ湿布は、鍼治療の働きを応用したセルフケア法で、だれでも安全に行えるのが特長です。アルミホイルが皮膚にふれることで、鍼治療と同様に、微弱な電流が体内に発生します。アルミホイルを巻くことによって、ツボのある位置がポカポカと温まります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


睡眠時無呼吸症候群の症状、うつ、パニック障害を改善する「足首たたき」のやり方

睡眠時無呼吸症候群の症状、うつ、パニック障害を改善する「足首たたき」のやり方

私は、寝たままでふくらはぎの筋肉を刺激して、全身の血液の循環をよくする「足首たたき」を患者さんにお勧めしています。健康の第一条件は、血液循環をよくすることです。【解説】吹野治(ふきのクリニック院長)


【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

健康な人のふくらはぎは、つきたてのおもちのように、温かくてやわらかく、弾力があります。一方、体に何らかの不調がある人は、それがさまざまな形で、ふくらはぎの状態に現れることがしばしばあります。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法 タオ テクニカルアドバイザー)